調子悪い〜結局仕事休む〜精神科だけなんとか通院〜喫茶店入りまくりの日〜レココレ買っただけ〜ラジオ聴いて終わる

  • 2018.05.11 Friday
  • 23:59
ということで、今日はなんとか5時半まで寝れた。それでも早い方だが。二度寝して、7時45分頃本起床。調子はあまり良くない。ていうか悪い。CD1枚聴きかけたけど、どうにも音が耳に入ってこない感じだったので、2,3曲聴いた所で止める。
とりあえずヘルパーさんが来ている間はなんとか頑張って起きていたけど、ヘルパーさんが帰って昼飯食ったら、後は何をする元気もなかった。そのままベッドに潜り込んで寝る。
起きたら14時を回っていた。ちょっと元気が出た。今から作業所行く気にはならなかったが、精神科だけはなんとか行っておきたい。明日は用事があるし。ということで、頑張って身支度して着替えて家を出る。暑くも寒くもないちょうどいい気候。
駅前まで着いたら、なんか無性に喫茶店で休憩したくなった。ちょっと甘いものも食べたい。誘惑に負けて駅前の喫茶店入って、甘いお菓子とアイスコーヒー頼む。
30分ばかり休んでから梅田へ出て精神科へ。待合室には3,4人患者がいたが、順番を聞いたら待ち人数ゼロとのこと。結局数分待っただけで診察。ここ2週間ばかりはまあ、調子は良くもなく悪くもないと言って、それからここ数日やたらと早く目が覚めてしまうことを告げる。なにか、他にもそういうことを言った患者がいたそうな。まあ、もう少し様子を見て続くようなら何か手を打ちましょう、ということで終わる。
処方箋貰って、薬局で薬貰って通院終了。いつもの狭苦しい喫茶店...は飽きてきたので、第3ビルにある喫茶店へ行くつもりが、間違えて第1ビルのほうへ行ってしまった。仕方ないので、そっちの喫茶店...は後回しにして、先にDisc J.J.へ寄る。
ひとわたり見て回ったが、これというものがない。ブルース棚に、なんか英Aceから出た2枚組のコンピ盤があったが、1500円とちょっと高価かったのと、メンツが今ひとつ食指の動かないものだったので結局何も買わず。
それから2つ隣の喫茶店へ。また甘い焼き菓子を買ってしまう。今日はなんか喫茶店で甘いもの頼みまくりだなあ。体重計に乗るのがちょっと怖い。
それからタワレコマルビル店へ。適当に見て回るが、これというものもない。結局、早くも並んでいたレココレの最新号を買っただけ。
さて、家帰るか、と思ったがなにかまっすぐ帰る気になれない。でもユニオンとか行くとまたCD買っちゃうし...。ということで帰り道途中の喫茶店へまた入る。今日3店目だ。そして菓子パンも頼む。今買ったレココレをざっと読んで過ごす。
結局、最寄り駅着いたら、20時前だった。なんか疲れていたけど、バスは出た直後で次は30分後だったので、とぼとぼと歩いて帰る。途中コンビニ寄ってちょっと買い物。
帰宅後は、CDでも聴こうかと思ったが、どうもその気になれず。結局木曜夜のラジオ番組2本と、リアルタイム放送が終わったばかりのラジオ番組を聴いたら、23時半を回ってた。なんかもうなにもする気になれず、即就寝。
明日はまたもや入院している母のところへ見舞いに行く予定だが、調子が戻るかしらん。

なんとか復調〜音言画ログの次の記事の構想を練る〜出勤〜作業は慌ただしい〜クリアフォルダ買う〜引き続き音言画ログの次の記事の構想を練る

  • 2018.05.10 Thursday
  • 23:59
ということで、4時半に起きて飯だけ食って二度寝。6時本起床。なんか、4時5時起きが習慣になりつつあるな。とりあえず調子は良い。今日は三度寝はなし。
昨日の日記書きながらCD1枚消化。聴いたのは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ジャンゴ・ラインハルトのJSP箱第2弾『Post War Recordings 1944 - 1953』(JSP Records JSP955)5枚組の2枚目。この2枚目には、1947年録音の23 曲を収録。他のアーティストのバンドに参加した曲はなく、全てジャンゴ・ラインハルトと〇〇という名義の曲(〇〇の部分は微妙に異なるが面倒臭いので省略)。1枚目と比べると、バンドリーダーとして成長したのか、かなり「ジャンゴ節」とでも言うべきものが強くなっている。良い感じ。
日記を書き終えて、CDも聴き終えたが、後CD1枚聴く時間があるかどうか微妙なところ。とりあえず身支度と着替えを済ませて、いつでも出かけられる準備を整えたら、1時間強時間が余った。箱物3,4種を見てみるが、どれも微妙に収録時間長い。結局、Membranのブキウギ曲集10枚組の4枚目を聴く↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
『Boogie Woogie』(Membran 223006)。面白いけど、基本的に同じような音なんで、CD1枚続けて聴くとやや飽きるなあ。
それを聴きながら、音言画ログの次の記事の構想を練る。一応、大分前から思いついてたのが1つあることはあるんだが、まだ海の物とも山の物ともつかない。なんとなく、下書き...よりも粗い思いついたことをまとまりなく書き付けてみる。どうにかなるかなあ。あと参考文献とかちょっと欲しいところではあるが...。うまく書けたら、今までの記事とはかなり毛色が変わったものになるはず。
そうこうしているうちに時間になったので出かける。途中昼飯を食って、作業所着は12時30分。今日の作業はチラシ関係。最初チラシを二つ折りにする作業をちょっとやってから、チラシにチケットをホチキス止めする作業に転職。それが終わったら出来たものの検品と、50枚ずつ数えてひとかたまりにする作業。
なんか納期が今日中らしく、ざわついた雰囲気であったが、今日はいつになく人が多かったのも幸いして、終了10分前にはなんとか終わった。ということで15時15分まで。
帰路はバスだが、なんとなく読書する気になれなかったので読書はせず。最寄り駅着いて、まず文具も扱っている本屋へ。ピアサポート関係の資料、一応全部取っておいてあるのだが、量が多くなってきたので整理できるようにクリアフォルダを物色する。ポケットが最初からついてるのと、ルーズリーフ式に入れ替え・追加できるものがあったが、そんなに沢山の資料がある訳でなし、後者はちとオーバースペックかなあ、と思ったので前者にする。
それからスーパー寄って、買い物して歩いて帰宅。ポストにヤフオク!で落札したものが届いてた。上原ひろみソニックブルームの『ライヴ・イン・コンサート』(Yamaha YMP DVD-02)。2007年12月9日、東京国際フォーラム・ホールでのライヴの模様を収録したもの。ソロ・ライヴのDVDは持ってるけど、バンド編成のは初めてなんで楽しみ。
晩飯食ってから、さっそく買ってきたクリアフォルダに資料を分類して入れていく。要らない資料を大分処分したが、それでもクリアフォルダの丁度半分のポケットが埋まった。今後まだ資料が増えていくと思われるので...やっぱりルーズリーフ式の方が良かったかなあ...。まあ、一杯になってきたらまた考えよう。
午前の続きで音言画ログの次回記事の構想を練りながら、CD2枚(正確には3枚)聴く。1枚目は↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
『Fine, Fine Baby KING's Queens KING's Blues Gals Of The '40s』(KING/Westside Recoeds WESA 923)。1940年代にKINGレーベルに録音された女性ブルース・シンガーの曲を25曲集めたコンピ盤。アネスティーン・アレンの貫禄たっぷりの曲、「ビッグ」が付く前のメイベルことメイべル・スミス、もう1人のメイベルことメイべル・スコットその他。どれもイマイチ垢抜けてない感じがするが、そこが俺の好みにはピッタリ。
2枚目と3枚目はサントラ↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
『TRICK 10th Anniversary Memorial SOUNDTRACK』(EMIミュージック・ジャパン TOCT-26976=77)。TVドラマ『TRICK』の10周年記念サントラ2枚組。あの有名なテーマ曲を、あえて1枚目ではなく2枚目の頭に持ってくる辺り、ひねくれていて(・∀・)イイ!!。
途中、音言画ログの次回(予定)記事の参考文献(になると思われる)新書が安かったのでついポチる。ついでにアーマ・トーマスの初期録音2枚組も1200円くらいと安かったのでポチるorz。前者はともかく、後者はいかんなあ。
そんなこんなでCD3枚聴き終えたら、23時45分だったので、風呂入って即就寝。さて明日も出勤出来るかのう。あと精神科も行ってこなくてはならん。

相変わらず体調悪い〜日記書く元気もなく寝る〜午後からなんとか復活〜音言画ログの記事2本一挙リリース!

  • 2018.05.09 Wednesday
  • 23:59
ということで、またしても4時に目が覚める(もはや生活リズムに?)、飯だけ食って二度寝。6時半ごろ本起床。調子は...良くない。昨日よりはマシか?いや、昨日より酷いな。
結局日記も書かずまたベッドに戻る。ベッドで横になりながら、CD1枚聴く(ていうか聴きながら寝てた、に近い)。聴いたのは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ビリー・ホリデイの中期以降のベスト盤、『The Ultimate Collectios』(Not Now NOT3CD009)の3枚目。この3枚目には『Lady Sings The Blues』(1956)と『Body And Soul』から20曲を収録。「Strange Fruit」は、1回聴いただけ(それも半分くらい寝ながら)ではなんとも思わなかった。いずれきちんと再聴しよう。
なんだかんだで12時半頃まで寝てた。起きてみると、ちょっと元気になっていたので、食料調達にコンビニまで。帰宅してポストを見たら、手紙が1通来てた。この前面接を受けたピアサポート関連の結果通知だ。家入って、早速開けてみると......合格でした!しかし、今のこんな体調でちゃんとこなせるかが問題。まあ、やってみるしかないが...。とりあえず来週木曜日に打合せがあるので、また行かねばならぬ。
それから昨日の日記を書きながらCDまた1枚聴く。聴いたのは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
おなじみMembranの10枚組箱『Cajun & Zydeco Milestones Of Legends』(Intense Media 600352)の9枚目。ようやくというか、早くもというか、なんとか9枚目まで辿り着いた。この9枚目は「Cajun Music Of The Fifties」と題されていて、9組26曲を収録。収録年は書いてないので、本当に1950年台のものなのかは不明。うむ、初期の素朴なケイジャンに比べると、やや手が込んできた感はある。ちなみにまたしてもなにかの盤のコピー、かどうかは判らなかった。とりあえずCDDBの情報上は、このMembran箱しか出てこず。
調子がでてきたので、ここ2日ばかりやろうとしてできなかった、音言画ログの記事、音源を聴き比べしないと書けないPart 2の残りを一気に書いてリリース!夕食を挟んで、Part 3の残り、これも音源を聴き比べしないと書けないところを書いて、ちょこっと総括を書いて早速リリース!一日で2記事アップするというかつてないスピードだ。
そうこうしている内にいつの間にか23時を回っていたので、風呂入って就寝。さて明日は出勤できるかのう...。

またしても早起き&三度寝〜調子悪し〜結局仕事休む〜寝ただけの一日

  • 2018.05.08 Tuesday
  • 23:59
4時過ぎに目が覚めて起きて朝飯食って、二度寝。6時半頃目が覚めるが、一旦起きたものの、どうにもしんどい。結局ベッドへ戻って寝直す。三度寝からは8時過ぎに起きる。ヘルパーさんが来るのでこれ以上寝てられない。起きるが、なんかしんどい。どこがどう、というのはないのだが、どうにもこうにも。
と言ってもヘルパーさんを放っておいて寝てる、というそこまで酷い症状ではなかったので、ヘルパーさん対応しながら昨日の日記を書く。
書き終わって、ヘルパーさんも帰って、さて。というところで、またやる気がしない。朝からのしんどさも、多少マシになったとは言え相変わらずしんどいし。
結局仕事休んでまたも寝る。最終的に起きたのは、16時頃。とりあえずCD1枚聴く。聴いたのは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ビリー・ホリデイの中期以降のベスト盤、『The Ultimate Collectios』(Not Now NOT3CD009)の2枚目。この2枚目には、『Solitude』(1956)、『Velvet Moon』(1956)、『Songs For Distingué Lovers』(1957)の3枚のアルバムから計19曲を収録。さすがに声の衰えは隠せないが、それでも内面の光りのようなものは感じられる。とりあえず3枚目に収録されている「奇妙な果実」が楽しみ。
それから、月曜更新のWebラジオを2本ばかり聴いて、なんとなくベッドによこになっていたら寝落ち。おきたら23時前だった。いまさら何をする元気もなかったので、メールだけチェックして寝る。ということで殆ど寝ていた一日。
さて、明日はなんとか出勤出来るかなあ。

異様に眠い〜三度寝〜調子はまあまあ〜出勤〜作業は超ハード〜雨の中帰宅〜宵のうちから眠くなる〜就寝

  • 2018.05.07 Monday
  • 23:59
4時半!に起きて飯だけ食って二度寝。6時半ごろ起き出して、とりあえずコーヒー淹れて、パソコンに向かうが、また眠くなってきた。ということで土曜に続き三度寝。結局、8時半に今度こそ本起床。調子はまあまあ。
とりあえず日記を書きながら、CD1枚半聴く、聴いたのは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
メンフィス・スリムの2枚組ベスト盤『Boogie After Midnight』(Not Now NOT2CD422)。のとりあえず1枚目を聴く。しかし、2枚目の半分くらいまで聴いた所で、時間が来てしまった。やむなく一時停止して、身支度して着替えて出かける。
今日は雨が降っているので、例外事項その1を適用してバスで駅まで。途中昼飯食って、作業所着いたのは12時30分。
今日の作業は、お弁当箱の袋に入れ済の奴の、袋の端を綺麗に畳んで、セロテープ止めする、というものだったが、これが非常に難しい。折り目が付いているところを、本来の逆に折って畳まねばならないんだが、なかなか上手くいかん。ぐちゃぐちゃと汚い仕上がりで、こんなんでいいんだろうか?と疑問を持ちつつ作業を続ける。それを2時間やったら、さすがに疲れた。
帰ろうとすると、もの凄い勢いで雨が降っている。傘さしても濡れそう。仕方無しに乗るバスを一本送らせて、作業所で20分くらい雨宿り。ややマシになってきたところで帰る。
帰路はまたバス読書。204頁まで行った。半分弱、というところか。なかなか進まんなあ。
帰宅して、飯食って、中断していたCD聴き終わる。いろんな音源から集めてきたとみえて、音質が曲毎にバラバラだ。まあ、板起こしのはさすがになかったが。
それからパソコンに向かうが、なんか非常に眠くなってきた。パソコンはおろか、TV見てても寝そうになるくらい。仕方ないので、まだ20時半だったが、就寝する。
さて、明日も出勤出来るかのう。

あまり調子回復せず〜迷った末出かける〜江戸の戯画 鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで展@大阪市立美術館〜ブックオフで本とCD漁るも...

  • 2018.05.06 Sunday
  • 23:59
また5時に起きて飯食って二度寝。7時に本起床。調子は...あまり良くない、てか悪い。今日も美術展行きは無理かなあ、と思いながらとりあえず昨日の日記書きながらCD1枚聴く。聴いたのは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
リチャード・"グルーヴ"・ホルムズ『Geoove's Groove』(32Jazz 32047)。オルガン奏者のリチャード・"グルーヴ"・ホルムズの編集盤。最初の内、リチャードがあまり表に出てなくて、ギターやサックスばかりが耳についたが中盤以降は結構前に出てきた。とはいうものの、タイトルみたいにグルーヴ感強烈なジャズ、と言う訳ではなくむしろおとなしいというか、大人のジャズというか、そういう感じ。まあ、聴き込めば印象も変わってくるだろうけど。
さて、日記も書き終わって、出かけるがどうか決めなければならないが、なかなか決められん。出かけたい気もあるし、一日家でゴロゴロしていたい(明日からまた仕事だ)気もするし...。
1時間くらいベッドに寝そべりながらそういう状態を続けたが、結局なんとか元気を奮い起こして身支度して着替えて家を出る。
いつもの駅ナカ喫茶店で昼飯食った後、梅田まで出る。いつもならここで地下鉄に乗り換えて天王寺まで行くのだが、今回はJR環状線にしてみた。こっちのほうが安いし、時間はちょっとかかるけど、せいぜい10分くらいの差だ。外回り、内回り、どっちにするか迷ったが、乗換案内先生に聞くと「早く出る方に乗れ」という感じだったので、ちょうどやってきた外回りの関空快速(と言っても各駅停車だが)に乗って天王寺へ。
しばらくぶりに天王寺公園へ入ると、なんか以前とガラリと変わっていて、あちこちに肉肉しい料理店ができてるし、ちょっと小さめだがドッグランもある。それらを横目に見ながら大阪市立美術館へ。
どのぐらい混んでいるかなあと思いながら、いつものごとく障害者手帳を見せてフリーパス。中へ入ると、そんなに人多くない...割には絵の前に列ができていて、それが殆ど動かない。ちょっとストレス溜まってきたので、他の比較的空いている画の前へ移動して、本来の順序を無視して見て回った。
総展示数は281点だが、例によって前期後期入れ替えがあり、更に期中にも細かい変動があるので、全点観ようと思うと8回来なければならぬ。さすがにそういう気にはなれないので、前期1回で済ます。
展示内容は、タイトル通り、いろんな戯画を集めたもの。鳥羽絵と言われる、戯画のルーツに始まり、耳鳥斎、北斎、国芳、歌川広景、一鶯斎芳梅、暁斎に至るまで、戯画のオンパレード。一口に「戯画」と言っても様々で、人々の滑稽な様を描いたもの(地獄絵図で、役者がでかい大根食わされているというのにちょっと笑った)、から様々な擬人画まで。特に擬人画に面白いものが多かった。蛙に始まり、兎やら金魚やら猫までいろんな動物が人間のように振る舞っている画が山ほど。滑稽で愛らしく、見ていて飽きない。
そんなこんなで3時間くらいかかったろうか、久しぶりに思う存分見倒して、満足して美術館を出る。
さて、まっすぐには帰らない。今度は市営地下鉄改め大阪メトロ御堂筋線に乗って(天王寺公園から御堂筋線乗り場まですごい距離。あんなに遠かったっけ?)なんばで降りてブックオフプラスへ、文庫→DVD→ブルーレイ→CDの順に見たが、まあ、驚くほど欲しいものがない。たまにあったら手の出ない価格が付いている。
せっかくここまで来たのに、手ぶらで帰るのもなんだなあ、ということで、奥本大三郎訳のファーブル『昆虫記』が結構安い値で4巻あったので、買おうとしたら、あっこれ4巻で完結じゃないやん!これはダメだ。ということで買ったのは、最近ちょっと気になってる佐伯一麦という人の『還れぬ家』(新潮文庫)を。3時間くらいかけて文庫1冊(しかもどうしても欲しいものではない)か...。この間の京都河原町OPA店といい、ブックオフ運が低迷してるなあ、最近。ま、金もないんで最小限の出費に抑えられたのは良かったけど。
ということで帰路に就く。最寄り駅まで辿り着いて、さすがに今日はバスで帰りたいなあ、雨も降ってきたしと思って時刻表を見ると次のバスまで30分。スーパー寄って買い物して、丁度いい時間だった。
ということで流石に疲労困憊して帰宅。明日からまた仕事か。起きられるかしらん。

三度寝〜調子悪い〜結局美術展行きは中止〜復旧作業はなんとか終わったが...〜ラジオ聴取

  • 2018.05.05 Saturday
  • 23:59
また5時に置きて飯だけ食って二度寝。6時半過ぎに本起床...と思ったのだが、コーヒー淹れて、パソコンに向かって、さて昨日の日記書くか、という体勢になったてから、なんかしんどいことに気付く。まだ寝足りないのか?
とりあえずベッドへ戻って、1時間余寝る。再々度起きたら、いくらかマシになったが、まだしんどい。フィジカル面、メンタル面、両方共調子悪い感じだったが、三度寝して、フィジカル面のほうは、なんとかしんどくなくなったものの、メンタル面がダメダメだ。久しぶりに鬱。
それでもなんとか、昨日の日記を書きながらCD2枚消化。聴いたのは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
Various Artists『チェス・ニューオリンズ』(Chess/MCA Records MVCE-30025〜6)。国内盤オビ付き。Chessレーベルのアーティストの内、ニューオーリンズと縁の深い人ばかりを集めた2枚組コンピ盤44曲収録。Chessと言えば、シカゴの印象が強いが、ニューオーリンズ関係の人もそれなりにいるのだよ、と教えてくれる好盤。メンツは、知ってる人だけでも、シュガー・ボーイ・クロフォード(1曲目「Jack-A-Mo」は「Iko Iko」の原曲)。ポール・ゲイトゥン、クリフトン・シェニエ、クラレンス・”フロッグマン”・ヘンリー、エディ・ボ、アール・キングなど。錚々たる顔ぶれ。中身の方も充実している。サウンド的には完全にニューオーリンズのノリで、Chessレーベルという感じは殆どしない。
2枚聴き通して、さて今日の美術展行きはどうしよう?と考える。行きたい気はないこともないが、この状況では辛い。それでも昼前までは、ベッドの上でゴロゴロしていたが、11時半になったので諦める(´・ω・`)。
とりあえずコンビニまで出かけて食料調達。帰ってきて、昼飯食って、さて音言画ログの記事の復旧するか、と思うがなかなかその気になれず。
結局昼寝してしまう。1時間半ばかり、浅い睡眠を取って、起きてからようやく取り掛かる。17時頃までやって、どうにか失われた部分の復旧には成功し、かつまだやっていなかったところまで進むが、それでもまだ全体の半分くらい、というところで気力が尽きる。今日は恒例のラジオ聴取日だしな。
ということで、金曜夜のラジオ番組を1本タイムフリーで聴いてから、リアルタイム聴取開始。24時30分まで聴きっぱなし。上坂すみれ関係の2本が面白かった。相変わらずの妙なテンションで、笑いを誘われる。ということで、ラジオ聴き終わって、即就寝。
さて、明日は美術展行けるかなあ。一応、行き先は大阪市立美術館でやってる方にしよう、と決めたのだが。この調子では、明日起きてみんとなんとも言えんな。

割合元気〜音言画ログの続き書こうとしたら...〜復旧作業捗らず〜結局は止めて寝る

  • 2018.05.04 Friday
  • 23:59
ということで、5時(最近毎日5時だ)に起きて飯だけ食って二度寝。7時本起床。調子はまずまず。とりあえず昨日の日記を書きながらCD1枚聴く。聴いたのは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ザディコ音楽のコンピ盤『Zydeco Essentials』(Hip-o/Universal Muisc 767 440161 2)。ジャケのイラストはちょっと趣味が悪いが、中身は良い。クリフトン・シェニエ、ブーズ―・チャヴェス、ネイザン&ザ・ザディコ・チャ・チャズ、クイーン・アイダ、バックウィート・ザディコなど、有名所がずらりと並ぶ。さすがにメンツがメンツだけあって、聴いていても非常に面白い。今までは、どっちかというと、ケイジャンをメインに聴いてきたのだが。ケイジャンよりザディコの方が好みかも知れん。でもamazonでもDodaxでも何故かザディコものは結構するんだよな。あと、ザディコ専門のコンピ盤というのが少ない。「ケイジャン&ザディコ」になりがちだ。
で、聴き終わって、次の1枚ということで、これの1枚目を↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ビリー・ホリデイの中期以降のベスト盤、『The Ultimate Collectios』(Not Now NOT3CD009)。この1枚目には、『An Evening With Billie Holiday』(1953)、『Billie Holiday』(1954)、『Music For Torching』(1955)の3枚のアルバムから22曲を収録。
ビリー・ホリデイは、その昔。MembranがDocumentsと名乗っていた頃(なんか「赤影」の出だしみたいだな)」に出していた10枚組箱を買ったけど、あの独特のフニャフニャしたヴォーカルが苦手で、まだジャズ・ヴォーカルそのものに慣れてなかったこともあって、3,4枚聴いた所で挫折してしまった。
今回のベスト盤は、中期以降の音源ということで、まだましなのでは?と思って聴いてみたら、うん、以前聴いたDocuments10枚組箱よりは、気にならない歌い方になっている。これなら充分楽しめる、ていうか面白い。
と半分くらい聴いた時点、8時半ごろに、今日が金曜日であることに気づく。うわ、燃えるゴミの日やんけ!早い時は8時過ぎには回収に来てしまう。表へ出て、ゴミ集積所を見ると、まだ大丈夫そう。急いでゴミ出しして、やれやれと家へ戻ったが、今日が金曜日ということは、ヘルパーさんの来る日じゃないか!ということにも気づく。ヘルパーさんは9時前には来るので、それまでにCD聞き終わるのは無理。
ということで、ビリー・ホリデイ盤はいったん一時停止する。さてヘルパーさんがいる間にどうしようか?日記は30分くらいで書き終えてしまった。音言画ログの記事Part 2の続きは、音聴きながらでないと出来ないので無理。仕方無しに、先行してある程度書いていたPart 3の続きを書く。が、それも音聴かないと書けないところまで行ってしまった。
ということで、ヘルパーさんが帰るまで、適当にTwitterでも見てすごす。
ヘルパーさんが帰った後、昼飯食って。とりあえずビリー・ホリデイの続きを聴きながら、音言画ログの記事Part 2の続きを書こうとしたら...ない、下書き用のテキストファイルから、Part 2の箇所がごっそりなくなっている!
どうも、ある程度書いた時点で、テキストファイルからブログの投稿窓にコピペして、結果が正しいかどうか確認してるのだが、その時にcommand+Cじゃなくて、command+Xを押してしまい、その後上書きしてしまったらしいorz。
あんだけ苦労して書いたのに...と思ったが、その時閃いたのがこういう時の頼れる味方、TimeMachine!早速TimeMachineに入ってみたが、今日の分は、数十分置きにセーブされているものの、昨日の分は半日に一度しかない。
結局、Part 2を一番書き進めていた時の内容は復元できなかった。ある程度までは戻ったものの、2時間くらいかけて書いた部分がパーorz。
仕方がないので、いったんやり終えた部分をまた書いていくが、モチベーションが上がらん。結局前回書いた量の半分くらいを書いたところで、集中力が切れた。とりあえず、晩飯にする。
晩飯食っても、もう一度パソコンに向かって記事の続きを書く気力はなかった。結局、本を読んだり、どうぶつタワーバトルをやったりして(以前として弱い)、暇を潰す。本は、少し前に買ったこれ↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
エドワード・リー著、小木曽俊夫訳『ジャズ入門』(音楽之友社)というのを読了。う〜ん、それなりに面白かったけど、思っていた内容とはちょっと違う。ジャズの歴史とかいうか流れを解説してるんだけど、かなり抽象的な、理論的な書き方なので、どんなふうな流派があって具体的にどういうミュージシャンがいて、というところ、特に後者はあまり書かれていない。デューク・エリントンといか、マイルス・デイヴィスとか、最重要な人物の名前はあるけど...。どちらか言うと、そっちの情報が欲しかったので、ちょっと期待外れ。
そんなこんなで22時半になった。なんか調子が悪くなってきたので(夜に入って不調というのは珍しい)、早いけど寝る。明日は、美術展、兵庫県立美術館でやってる「小磯良平と吉原治良展」か、大阪市立美術館でやってる「江戸の戯画−鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで展」のどちらかへ行こうと思ってるが、どちらになるか、そもそも行くかどうかは明日になってみんと判らんね。

寝起きはイマイチ〜迷った末出かける〜池大雅 天衣無縫の旅の画家展@京都国立博物館〜ブックオフ漁るも...

  • 2018.05.03 Thursday
  • 23:59
ということで、またも5時に起きて飯だけ食って二度寝。7時半本起床。調子は...今一つかなあ。なんかもう、自分でも自分の調子が良いか悪いのか、判らなくなってきた。
とりあえず昨日の日記を書きながらCD1枚聴く。聴いたのは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ジャンゴ・ラインハルトのJSP箱第2弾『Post War Recordings 1944 - 1953』(JSP Records JSP955)5枚組の1枚目。この1枚目には、1944年〜1946年録音の24曲を収録。バンド名義でリリースされた曲が多く、あくまでアンサンブル重視なんで、ジャンゴのギターは今ひとつ目立っていない。しかし内容は良い。2枚目以降にも期待。
そんなこんなで、日記を書き終えても8時半頃だった。さて、今日は出かけるべきか、それとも家でゴロゴロするべきか。行きたい気分半分、ゴロゴロしたい気分半分で、どうにも気が定まらない。しばらくベッド上で決めかねたまま過ごす。
結果的に、なんとか元気を奮い起こして、出かけることにする。身支度して風呂入って着替えて、家を出たのは11時頃。駅まで歩いて、例の駅ナカ喫茶店で昼飯食って、電車に乗って京都へ。
四条河原町へ着いたのは、13時頃。座れそうないので、特急を一本見送ったりしていたら遅くなった。それでも危うく座れないところだった。今時期の京都なんて、人だらけだろうなあ。まあでも今日行く七条方面はそれほどでもあるまい。
しかし、四条河原町から、京阪に乗り換えるまでが、既に人の嵐。人人人。自分は、人が多くてもそれでしんどくなったりはしないほうなんで良かったが、そういうの苦手な人は大変だろうなあ。まあ、京都国立博物館は京阪七条なんで、淀屋橋経由で京阪で行くという手もあるが。
なんか、祭りとかではないはずだが、着物着てる女性多し。
七条から、だらだら坂を登って、京都国立博物館へ。例によって障害者手帳を見せてフリーパスで入場。全然混んではいなかった。人多すぎず少なすぎのちょうど良い感じ。さて、池大雅展は、総展示数162だが、期間入れ替えがあるので、実質130点くらい。しかし入れ替えが5回あるので、コンプリートするには6回来なければならないという...。そこまではやっとれんわ。
さて内容の方だが、素晴らしかった。序盤こそ、書と小さめの画ばかりでちょっとアレだなあと思ったが、中盤以降は大作が多く、見ごたえたっぷり。やっぱり南画はええのう。技術的には、筆でなく爪や指を使って書く指墨画という技法が興味深かった。5月20日までやってるので、興味のある方は是非。
さて、そんな感じで観終わったら、16時過ぎだった。だらだら坂を今度は下って、七条駅前へ辿り着き、駅前のマクドでちょっと休憩。また左膝痛い。どうも、展覧会とか行くと痛くなるなあ。どういうメカニズムか。
四条河原町まで戻るが、また人の洪水。四条大橋なんて、人で詰まってぎゅうぎゅう状態。小さいお子さんとか連れてると大変だろうなあ。
さて、まっすぐ帰るか、軽くブックオフでも行くか?と考えるが、考えるまでもなく足は河原町OPAの方へ。まあ、大したものはあるまい、という何の根拠もない考えで。こういう勘は大概外れるのだが...さて?
まずは9階のタワレコへ。しかしどうというものもなく、すぐに直下のブックオフへ降りる。それからCD280円棚→500円棚→通常棚と見ていくが、殆どこれと言ったものがない。メンフィス・スリムの持ってない盤があったけど、国内盤なんで1550円する。手が出ねえ。
それから文庫へ移って、108円棚→通常棚と見ていくが、これまた大したものあらず。でも折角来たんだし、それに本はすべて20%引きというセールをやっていたので1冊くらいはと思い、結局宮崎市定の『アジア史概説』(中公文庫)660円の20%引きというのだけ買う。今日は珍しく勘が当たって殆どこれと言ったものがなかったのが、不幸中の幸い?幸い中の不幸?よく判らんが金をあまり使わんで済んで良かった。
ということで帰路に就くが、帰りもあやうく座れないところだった。なんとか座れてよかった。ということで往復の路中はずっと読書。190頁まで来た!でもまだ半分も行ってねえ。先は長いな。
途中、適当に晩飯を食って、スーパー寄って買い物して(歯磨き粉と洗顔料とシャンプーの入れ替え用他食料品)荷物はやや重たかった。さて歩いて帰ろうか。でも今日は大分膝に負担かけたしなあ...と思いつつ、バス停まで行ってみると、数分後に発車だったので、つい乗っちゃう。まあ、たまにはいいか。スマホ見ると、約10000歩は歩いていたし。
ということで帰宅して、本日夜のラジオ番組を珍しくリアルタイムで聴いて、ちょっとこの前買った『ジャズ入門』の本も読んで、早い目に就寝。
さて、明日はなんとか音言画ログの記事を完成させたい。

イマイチ調子の出ないGWの谷間〜結局仕事休む〜音言画ログの記事も半分だけ書いて終わる〜何もかも中途半端な日

  • 2018.05.02 Wednesday
  • 23:59
ということで、5時に起きて飯だけ食って二度寝。6時半に起きて、早すぎるなあ、と思いつつも昨日の日記を書くべくコーヒー淹れて、パソコンに向かうがやはりまだ眠いことにようやく気づく。
とりあえずコーヒーだけ飲み干して、三度寝。8時半頃今度こそ本起床。調子はあまり良くない。鬱というほどではないが、やる気出ね〜状態。しかななしに昨日の日記だけ書きながらCD1枚聴く。聴いたのは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
おなじみMembranの10枚組箱『Cajun & Zydeco Milestones Of Legends』(Intense Media 600352)の8枚目。8枚目には、ハリー・チョアテスの曲26曲を収録。この前コピー疑惑が起こったこの箱なんで、これもひょっとすると?と思ってiTunesに突っ込んだら、案の定全く違うCDの情報が表示される。Arhoolieから出ていた『Fiddle King of Cajun Swing』というCDと、内容がまったく同じ。これは明確にコピーと考えて良いだろう。いくら著作権切れのフリー音源とは言え、コピーしただけというのは如何なものか。まあ、でもコピー元のCDは何千円というプレミア価格が付いているので、そういうレア盤をお手頃価格で聴く機会を与えてくれる、という点では有り難いのかもしれないが。
イマイチもやもやした気分のまま聴いてみるが、内容は良い。アコーディオンではなくフィドルがメインの、かなりカントリー寄りの音だが、それも良い感じ。
とりあえず日記書き終わって、CDも聴き終わって、さて、という時間になったが、またしても仕事しに行く気になれねえ。しばらく頑張ってみるが、というか、全然頑張れない状態。結局仕事休むorz。
11時半まで、ゴロゴロした後、なんとか飯を調達しに行く元気だけは出た。またしてもコンビニ飯。ちょっと飽きてきたなあ。
昼飯食い終わった後、昼寝しようとするが眠れない。また2時間ばかりゴロゴロした挙句、ようやく音言画ログの記事に取り掛かる。半分ばかり書いた所で、晩飯の時間になったので晩飯食う。食い終わって、月曜夜のWebラジオを1本聴いた後。記事の続きに取り掛かろうとするが、またしてもその気になれん。
しばらくベッドでゴロゴロした挙句、寝落ちする。起きたら23時半を過ぎていた。仕方ないので、眠剤だけ服んで、メールだけチェックして、寝る。なんとも中途半端な一日だったよ。
さて明日からGW後半。とりあえず金がないので、あまり金を使わずに済みそうな、京都国立博物館でやってる池大雅展でも観に行こう、と思うがどうなることか、明日起きてみないとなんとも言えぬ。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

人気ブログランキング

accses counter

アクセス解析

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM