7/2(月)〜7/4(水)の日記

  • 2018.07.04 Wednesday
  • 23:59
久しぶりに間が空いたので、日別に書いてみる...のその前に、ここ3日間で聴いたCD、いつどれを聴いたか覚えていないので、一気に書いてみるよ!

チック・ウェッブ『Let's Get Together』(Audio Book & Muisc ABMMCD 1281)

(画像クリックでamazonに飛びます)
amazonに該当するものがなかったので、ジャケ写とアルバム名は違うけど、中身は同じだと思われる↑を貼っときます。

オムニバス『West Coast Guitar: Masters Of West Coast Guitar 1946-1956』(JSP Recods JSP77199)の3枚目。

(画像クリックでamazonに飛びます)

ダウン『III Over The Under』(Roadrunners Records RRCY-21299)。

(画像クリックでamazonに飛びます)

ジミー・スミス『Eightteen Classic Albums』(Real Gone Jazz RGJCD316)の2枚目。

(画像クリックでamazonに飛びます)

ジョルジュ・シフラ『Chopin: CEuvres Pour Piano』(EMI Muisic 7243 5 85012 2 3)の3枚目。

(画像クリックでamazonに飛びます)

サム・クック『Milestones Of A Soul Legend』(Intense Media 600267)の6枚目。

(画像クリックでamazonに飛びます)

7/2(月) やりたいのに出来ない日〜モチベーション出ない〜仕事休む〜でも退屈〜色々とやる
7時半起床。調子はイマイチ。とりあえず、昨日の日記を書いて投稿。ということで、ぐだぐだと過ごしているうちに出かける支度をせねばならん時間が来たが、やはり行く気にならん。モチベーションがどうしても上がらない...。
結局仕事休む。ちょっと早かったけど、コンビニへ食料調達に行く。戻ってきて、昼飯食って、1時間半ばかり昼寝。それから、日曜夜のラジオ番組2本を聴く。それから、何をしたか...もはや忘却の彼方だが、種々の情報を見てみるに、あまりおおっぴらに出来ないことをやっていたようだ(^^;。で、それに時間を取られて、終わったのはかなり遅い時間。目が疲れた...。そのまま就寝。

7/3(火) やはり調子出ず〜また仕事休む〜別プロジェクト、LINEで打合せ
6時半起床。調子は相変わらず低調。とりあえずヘルパーさん対応するくらいの元気はあったが、その後はあいかわらずモチベーション出ず。またまた仕事休む。またコンビニへ食料調達に(コンビニ弁当飽きてきた)。
例の別プロジェクトの方、LINEでやり取りしていたのだが(いわゆる在宅勤務ですね。工賃でないけど)、どうも当初予定と変わって、非ネットの自助会の方を先に立ち上げるほうが良いのではないか?という風に流れが変わってきた。う〜ん、確かにネット掲示板をやるにしても、現行の3人では明らかに力不足。まあ、非ネットの互助会にしろ、事情はあまり変わらないが...。
結局、なんとなく非ネット自助会を先に立ち上げるか〜、というようなことになって今日は終了。

7/4(水) まだ調子出ず〜結局仕事休む〜非ネット自助会の資料作成してアップロードしたが...
6時起床。まだ調子回復せず。やっぱり仕事休む。またコンビニで食料調達。昼飯食って、1時間昼寝。調子がようやく回復してきた(おせーよ)。例の別プロジェクトの、非ネット自助会の方を、先に立ち上げるとしても、検討事項が山のようにあるので、その辺のことを資料にまとめて、LINEでアップロード。
で、すんなり行った、と思ったのだが、試しにiPhoneで見てみると、うわ!文字化けしてるやん!何が悪かったんだろう?ということで、テキストエンコーディングが「UTF-16」になっていたので、「UTF-8」に変更してからやってみたら、文字化けしないようになった。おかしいなあ、前資料アップロードした時は、「UTF-16」でうまく行ったんだが。
ということで、後は、月曜夜のWebラジオ1本聴いてから就寝。さて、明日は午前某所で謎プロジェクト打合せ予定だが、起きれるかなあ...。

とりとめのない一日〜2日分の日記書く〜昨日聴き逃したラジオ番組再聴取〜別プロジェクトの方はまだ方向性が見えず

  • 2018.07.01 Sunday
  • 23:59
ということで、6時半に起床。とりあえず、昨日と一昨日の日記を書かねばならぬ。記憶を辿りつつ、つらつらと書き進める。同時にCD1枚消化↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
デューク・エリントンの3枚組ベスト盤『The Real... The Ultimate Duke Ellington Collection』(Columbia/Sony Muisc 886919600702)の最後3枚目。うん、面白い。面白いけど、必ずしも好きとは言えないかも。ややこしい言い方だが、要するに「オッケー!!」という感じではない。やはり、ビッグバンドものはあまり好きになれないのかも知れない。とりあえず、この前買ったカウント・ベイシーの3枚組ベストを聴いてみよう。
その後、昨日聴き逃したラジオ番組4本を2時間かけて聴く。2日分の日記は、それとほぼ同時に書き終わる。はあはあ、疲れた。
腹減ったので、食料を買い出しにコンビニまで。うっ、暑い。今日は35度くらいあるんじゃないか?戻ってきて、昼飯食って、1時間半ばかり昼寝。
それから、昨日、聴き逃した、というか途中で寝落ちした3時間ラジオ番組を、寝落ちしたところから聴こうとする。感触では、30分か1時間くらいで寝落ちた感じだったが、実際に聴いてみると、2時間弱までは覚えていた。
それから、例の謎プロジェクトのメンバーと検討している別プロジェクト(て書くとなんかバンド活動みたいだな)について、LINEでゆるゆるとやり取りをする。
こちらの方は別に秘密にする必要もないので書いてしまうが、要するに例のピアサポート活動を、現状のままではあまりにも「場」が小さすぎる/少なすぎる、ということで誰からともなく思いついたのだが、ネットで掲示板を作ってやり取りしよう、というのと、ネットやれない人向けに、紙ベースの自助会みたいなのを立ち上げよう、というのが、並行して検討されてきた。
と言っても、2つ同時に立ち上げるのは無理そうなんで、昨日くらいまではネット掲示板の方を先行して。と考えていたのだが、検討するうちにいろいろと問題が山積してきて、こりゃ非ネット自助会の方が簡単なんじゃないか?という風に議論が流れつつある。まあ、そっちにしても色々と解決せねばならん問題はあるのだが、気長に一つ一つ問題をクリアしていくしかないか〜。というような結論になったような気がする。
そんな感じで、曖昧なというか、とりとめない1日を過ごしたよ。
さて、明日からいよいよ今年後半の活動が始まる訳だが、今週は無理せずにセーブ気味で行きたい。何しろ、来週が大変で、月曜から木曜までイベントが詰まっていて、金曜日だけなにもなしで、土曜はまた病院行きだ。体と心が持つかどうか...。

金曜:調子回復〜整形外科通院〜CD売払いに行く〜中古レコ市でCD買う〜CD売ったお金でまたCD買う〜珍しく寝落ちしない夜 土曜:実家帰省〜骨折り損〜連続寝落ち

  • 2018.06.30 Saturday
  • 23:59
ということで、金曜は7時頃本起床。調子はなんとかいつもどおりに回復。ヘルパーさんの来る前に昨日の日記書きながら、CD1枚(正確には2枚)消化。聴いたのは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ジェシ・ベルヴィンのRCA Victorレーベルでの録音を網羅した(とは書いてないがおそらく)2枚組『Guess Who: The RCA Victor Recordings』(Ace Records CDCH2 1020)。計36曲収録。なかなか良いが、ちょっと俺の好みより甘めだな。たしかどっかのブックオフで950円で買ったので、あまり文句は言えないが...。
そんなふうで、午前中は、ヘルパーさんが来ているので動けない。ヘルパーさんが帰った後、ささっと昼飯食って、今日で薬が切れる整形外科の午前診に間に合う。近くにあって良かった。
整形外科から帰った後、出かける支度をする。大きい方のリュックサックを持ち出して、それに既聴CDをガンガンと詰め込んでいく。思ったより量があって、リュックサックがパンパンになった。さて、これがいくらで売れるか...。売る先はもちろんディスクユニオンである。7月2日までは10品以上買取りで買取金額20%アップのキャンペーン中、さらに査定額100円以上の品が50点以上で、ボーナス5000円アップ!というなかなか魅惑的なキャンペーンもやってる。
持っていくCDの数を数えると、ちょうど60個だった。買い取り不可で突き返されるもの+査定額100円未満のものが計10枚以内ならボーナスもらえる計算だが...。微妙なラインだな。
今日は荷物が激重なんで、さすがに駅までバスで。それから電車に乗って、梅田まで出て、う〜ん、重いよ〜と思いながらなんとかディスクユニオンまで辿り着いて、査定依頼。15時40分まで待ってくださいと言われる。今日は、上の階で中古レコ市も行われる...のだが、15時開始だ。今は14時30分。後30分ある。いつもなら昼飯を食べに向かい側の吉兵衛へ行くところだが、今日は昼飯もう食ってきたとこだし。
とりあえず、中古レコ市が始まるまで、ディスクユニオン店内をうろうろする。すぐには買わないけど、何があるかは把握しておかないとな。結果、購入候補3つ4つあった。ちなみにこの週末は、中古品3点以上お買上げで5%オフ、5点以上で10%オフ(ただし値札が緑色のものはカウント対象だが値引きは対象外)というのもやってる。
そうこうしているうちに15時を過ぎたので、2階へ上がる。オープン直後とあって、平日なのに人で溢れている。お前ら、仕事してないのか?って人のこと言えた身分じゃないが。
とりあえず、アナログ盤の山の中に点在しているCD箱を漁る。う〜ん、あまり良いものがないなあ。あっても高価い。その中で最終的に2枚購入。1枚は、リチャード・"グルーヴ"・ホルムズの『On Basie's Bandstand』(Prestige/Fantasy PRCD-11028-2)。1966年4月22日、ニュー・ヨーク、カウント・ベイシーズでのライヴ録音盤。ニカッと笑ったジャケ写が素敵です...。
もう1枚は、グラント・グリーンの、これもライヴ盤『Alive!』(Blue Note Rocords 7243 5 25650 2 3)。1970年8月15日、ニュー・ジャージー州、ニューアーク(ニューヨークじゃないよ)のクリシェ・ラウンジでのライヴを収録したもの。CD化にあたって、3曲追加収録。で、CDほぼいっぱいの収録となっている。
ということで、ジャズものばかり2枚購入。時間を見ると、16時半過ぎ。CD出品が少なめだったので、あまり時間かからなかったなあ、と思いながら階下へ降りて、ディスクユニオンへ。とりあえず査定結果を聞く。お、予想よりかなり高価い額。5000円ボーナスも対象となっていたのでそのおかげだ。後で査定明細を見てみると、査定額100円未満のもの7枚+買取り不河3枚=10枚、ということで、100円以上盤がジャスト50枚!危ないところじゃった...。
さて、予想外の査定金額に気が大きくなって、ドカッと...5枚購入。一応、10%オフにしようということで。買ったのは、まず唯一のジャズ以外のもの、メタル系というかもろメタルのダウン『III Over The Under』(Roadrunner Records RRCY-21299)。
後は全てジャズ系。まずはこれまたオルガンもので、ジミー・マクグリフ&リチャード・"グルーヴ"・ホルムズの2大ジャズオルガニストの共演、いや競演というべきか、な盤『ジャイアンツ・オブ・オルガン・カム・トゥギャザー』(P-Vine PCD-23491)。オリジナル・LPのストレート・リイシューでボーナストラックなどが収録されていないのがちょっと残念だが、ライヴ盤ではなくスタジオ録音のようなのでやむを得ないか...。
次にこれもオルガン系で、ロン・リーヴィーズ・ワイルド・キングダム『Organ Colossus The Very Best Of』(P-Vine PCD-23507)。ロン・リーヴィーズ・ワイルド・キングダムのCDはBullseye Bluesから出ていた『B-3 Blues & Grooves』というのを、ブルースにハマり始めた頃に買って聴いて、イマイチだった記憶がある。が、ジャズに開眼した今なら違う印象を抱くかも知れぬ。ていうか安かったので。ちなみにこれは、Bullseye Bluesの後に、自ら立ち上げたレーベル、Levtronから出た3枚のアルバムからのベスト盤。
残り2枚は、ていうか2点はどちらも3枚組。まずは、カウント・ベイシーの『The Real... Count Basie The Ultimate Collection』(Columbia/Sony Music 88875071352)。デューク・エリントンの、同じような、ていうか、それと同じシリーズの3枚組ベスト盤。各枚18曲しか収録されていないのがちょっと寂しいがまあ安かったのでいいか。
最後の1点は、コンピ盤でジャズ・ヴィブラフォンばかり3枚組計45曲収録の『Good Vibes Jazz Vibraphone』(Not Now/Tower Records NOT3CD237)。Not Now+タワレコのコラボ盤で、タワレコ限定発売という奴だ。ジャズのヴィブラフォン奏者といえば、ライオネル・ハンプトンくらいしか知らないが、これはライオネル・ハンプトンのラの字もない。名前を聞いたことあるのは、ミルト・ジャクソンほか数人くらい。後は知らない人。
ということでめでたく5枚購入で10%オフ!...と言っても5枚中2枚は緑色値札なんで対象外。またようけCDを買うてしもた...orz。その後、近くの喫茶店で今買ったものの検品。特に問題はない。が、中古レコ市で買った袋に同梱されていたチラシを見ると、来月末は京都レコード祭り、8月中旬は恒例の阪神百貨店中古&廃盤レコード・CDセール、11月頭に梅田レコードCD市と、中古レコ市ばかりやんけ!はあ、金がいくらあっても足りん...orz。
ということで、その後はおとなしく帰宅。が、またしても左膝が痛む。もしかして?と思って、iPhoneのヘルスケアを見ると、果たして12000歩以上歩いていた。10000歩を超えるとダメだなあ。
帰宅すると、毎月見ている「ちゃんねるとじぱいふぃん」が既に始まっていた。途中から見るのもあれなんで、一応タイムシフト予約はしてあったので、後から見ることにして夕食。
その後、ちゃんねるとじぱいふぃんを見て、風呂入って、珍しく寝落ちはせず就寝。

そんなこんなで、翌土曜は7時起床。実家へ帰省するので、それ以上は寝ておられぬ。幸い調子はまあまあ。早速身支度して、着替えて出かける。かなり早めに家を出て、予定のより1本早い電車に乗ったが、途中乗換駅での待ち時間が増えただけだった。
途中で、母から電話かかってくる。聞いてみると、「便秘薬がきれたので、帰りに病院寄って貰ってきてくれ」とのこと、そんな本人以外の人がいきなり行って、出してもらえるのか判らんが、とりあえず引き受ける。まあ、ダメならダメでいいや。
往路はやたら眠くて、本読みながらうとうとしたりした。なんとか地元の駅へ着いて、病院行く(幸い駅から数分のところにある)。1階の総合受付で聞いてみると、すんなり出してもらえることになったが、処方箋が出るまで30分くらいかかる、とのこと。30分も待ってられるかー!ということで、待ち時間に昼飯を食ってしまうことにした。昼飯食って、再度病院へ行ったら、既に処方箋出てたので、会計して、近くの薬局で薬をもらう。
なんだかんだで、1時間くらいロスしたなあ、と思いつつ実家へ辿り着く。貰ってきた便秘薬を渡すと、「これじゃない」とか言う。よくよく話を聞いてみると、便秘薬でなく浣腸剤がほしかったらしい。そんなんそう言うてもらわんと判らんわ!ということでとんだ骨折り損でした。
15時過ぎに実家を後にして帰路に就くが、電車がいつものホームでなく、違うホームから出ることになってたので、危うく乗り過ごすところだった。そんなこんなで最寄り駅まで辿り着く。往復路で読書したが、286頁までしか進まなんだ。この調子では、読み終わるまでまだかなり時間かかりそうだ。基本的に家で読書しないからなあ...。
スーパーで惣菜買うのも飽きてきたので、珍しく外食して、家まで歩いて帰る...途中から、恒例のラジオ聴取タイム。が、帰宅して横になって、30分?1時間?くらい聴いたところで案の定寝落ち。起きたら22時過ぎだったので、22時半から再開するが、30分も経たずにまたもや寝落ち。今度は起きたら25時半だった。ということでおとなしく就寝。
明日は2日分の日記書きながら、聴き逃したラジオを聴かねば...。

まだまだ鬱〜仕事はおろか駅前まで出れず〜CD届く〜夕方ようやく回復の兆し

  • 2018.06.28 Thursday
  • 23:59
という事で、6時半本起床。調子は良くない...昨日までは「鬱気味」くらいだったが、今日ははっきりと「鬱」。それでも、朝のうちはまだCD聴きながら日記書くだけの元気はあった。聴いたCDは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ジミー・スミスのライヴ盤『Root Down Jimmy Smith Live!』(Verve/Warner Music 559 805-2)。1972年2月9日、ロス・アンジェルスのボンベイ・バイシクル・クラブでのライヴの模様を録音したライヴ盤。CD化に際して、ボーナストラック1曲追加、更にオリジナルLPでは短く編集されていた、1曲目、4曲目も未編集版を収録。内容は、やっぱり格好いい。オルガンジャズ、やっぱり好きだなあ。あと、ギターのアーサー・アダムズも良い仕事してます。
日記書き終わらなかったので、もう1枚↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
1974年4月25日、コロラド州、デンヴァーのエベッツフィールドでFM放送用に録音されたライヴ。公式に録音されたものだから、音質は良い。さらに、曲間のMCもカットせずそのまま収録。ライトニンもかなりノリノリで演奏している。良盤。
ということで、日記は書き終わったものの、調子は一向に上がってこない。むしろ朝より悪くなってきている。ということで、またベッドに入って寝直す。10時半頃、目が覚める。腹が減って眠れぬ。といって、コンビニまで行く元気は...まだ無い。仕方ないので、こういう時に備えて冷凍庫に保管してある冷凍食品を解凍して食べて、なんとか腹を満たす。で、また寝る。
次は15時頃眼を覚ます。いくらか元気にはなったが、最寄り駅まで出る程ではないなあ。2点ばかり、買いたいものがあったんだけど...。
仕方ないので、またコンビニまで行く。食料を仕入れて、帰ってきたら、ヤフオク!で落札したCD(箱物)がポストにぎゅうぎゅうに詰め込まれていた。CD4枚組、といってもクラムシェル+ペーパースリーヴではなく、普通のプラケース4枚を外箱に入れたものだから嵩張る。さらに、プチプチで厳重に梱包してあるから尚更だ。
届いたのは、おなじみProperの4枚組箱『A History Of The Jazz Guitar Hittin' On All Six』(Proper Records PROPERBOX 9)。ジャズ界での、ギターの草創期の歴史をたどった4枚組。収録アーティストは、ロニー・ジョンソン、テディ・バン、ジャンゴ・ラインハルト、チャーリー・クリスチャン、タイニー・グライムス、レス・ポール、スリム・ゲイラード、知ってる名前だけ挙げてみた。その他知らない人が多数。4枚組、97曲収録だから、聴き応えがありそうだ。遅い昼食というか、早い夕食というか、よく判らない食事を軽く済ませて、だいぶん元気がでてきたので、CD2枚ばかり聴く。1枚目は↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
サウス・メンフィス・ストリング・バンド『"Old Times There..."』。タワレコのクリアランス箱で、290円でだいぶん前に買った1枚。全く正体を知らずに購入したのだが、聴いてみると、カントリーだった。と言っても、昔ながらのカントリーという訳ではなく、ちょっと新し目の音。カントリーはあまり好きではないが、これくらいならOK。でも500円、いや300円以上では買いたくないな。
もう1枚↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
なにが「Complete」なのかよく判らないコンピ盤『Blues Complete』(EMI/West Side WESM 531) 。収録内容は、ラルフ・ウィルス10曲、ロニー・ジョンソン8曲、ジャンプ・ジャクソンズ・コンボ(ヴォーカル: ビッグ・ムース・ウォーカー)6曲。計24曲。内、ラルフ・ウィルス10曲は、入手済とダブリorz。ロニー・ジョンソンは...なんとかダブってなかった。ジャンプ・ジャクソンズ・コンボ(ヴォーカル: ビッグ・ムース・ウォーカー)は未入手。最後のは、まだ完成してない、デモ音源に毛が生えたようなもの。で、聴きどころは、ロニー・ジョンソンの8曲だけという...。調べてみると。2015年4月25日購入。値段は...「1000円くらい」とある。ちょっと高い買い物だったなあ...。
そんなこんなで、CD聴き終えて横になっていたら寝落ち...と言う訳ではなく、ほぼ意図的。起きたら23時回っててて、サッカーW杯日本vsポーランド戦をやってた。とりあえずシャワー浴びて(地震の時にとりあえずはった風呂桶の水、まだそのまま何だが、そろそろ抜いてもいいかなあ...。まあ2週間は置いとこう)、終わってからTVみたら、ちょうど日本が失点したところ。結局、最後まで観てしまった。決勝トーナメント進出は良かったが、やはり「攻める姿勢」はちょっと見せてほしかったなあ、などどわかったようなことを言ってるが、まあ観ていて面白くなかったのは確かだ。
ということで就寝。明日は、色々と画策していることがあるが、どうなるかは、明日になってみないと判らぬ。

調子はまだイマイチ〜仕事休んで掲示板の作業をする〜とりあえず総意は得られたものの...毎日寝落ち

  • 2018.06.27 Wednesday
  • 23:59
ということで、6時半本起床。調子はまだ回復せず。WRAPのノートにも、「調子が悪くなってきている時のサイン」はあるのだが、「調子が悪い時すること」というのはない。せいぜい「寝る」くらい。しかも今日はヘルパーさんが来る日なので、午前中から寝てるわけにもいかず。
とりあえず、昨日の日記書きながら、CD聴く。今日はCD、午前中1枚、午後1枚、夜1枚と聴いたのだが、いちいち分けて書くのも面倒くさいので、3枚一気に書くよ!
ということで、起き抜けの1枚↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ジャック・マクダフのおなじみReal Gone Jazz盤4枚組『Eight Classic Albums』(RGJCD389)の2枚目。この2枚目には、『The Honeydrippes』(1961)と『Goodnight, It’s Time To Go』(1961)の2アルバムをそれぞれ全曲収録。うむ、なんか1枚目と、それほど変わらん音だ。まあ、発表時期も1年しか違わんしな。どちらかと言うと、マンネリだがそこが(・∀・)イイ!という感じの人だと思う。ちなみにギターは2枚とも、グラント・グリーン。いい味出してますまたこれが。
で、午後聴いた1枚は、そのグラント・グリーンの↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
おなじみReal Gone Jazz盤『Seven Classic Albums』(RGJCD358)の最後4枚目。この4枚目には。『Born To Be Blue』(1962)の3枚目からの続き4曲と、『The Latin Bit』(1962)の全曲を収録。この人も、マンネリっちゃあマンネリなんだが、前出ジャック・マクダフのマンネリズムが、たゆとう春の海の如きマンネリだとしたら、この人のは、高原に吹きすさぶ風のようなマンネリズムだ(どういうたとえだ)。まあ、一口で言えばかっこいい音です。
夜聴いた1枚は↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
10CCの3枚組廉価ベスト盤、『I’m Not In Love The Essential』(Spectrum Music SPECESS003)の1枚目。名曲「I'm INot In Love」(てゆーかこれしか知らん)で始まる18曲収録。もっとAOR的な音なのかと思っていたが、確かにそういう要素はあるけど、それだけではない、なかなかの曲者と見た。まあ、1回聴いたぐらいじゃ、判らないけど。ちなみに『I’m Not In Love The Essential Collection』という名前もジャケも似たようなのが出ているが、そっちは2枚組なんで購入の際は間違えないように。
ということで、聴いたCDの感想はここで終わって、通常の日記に戻るが、冒頭にも書いたけど、調子悪い。ヘルパーさんが帰った後、昼飯食って、さてどうしようか?と改めて考えるに、作業所まで行く元気はない。とりあえず最寄り駅まで出るか?と思ったが、特に買わないといけないものもないしなあ(とこの時は思っていた)。
昨日の掲示板の件、つらつら考えて見るに、やはり3番目は、操作方法がちょっと特殊で(2ちゃんやった人ならすぐ判るだろうけど)、2番めのはパソコン用とガラケー用の2種類しか用意されてないので、スマホから閲覧・書き込みするのやりづらい。
1番目のやつの、問題点となっていた、書き込み時のパスワード保護がない件は、まあ、半分は書き込みする人の良心に任せるしかない、あとの半分の、なりすましについては、管理者ならログの中身見れて、そこにIPアドレスとリモートホストの情報あるので、いざとなったら、それを見れば判定がつくだろう。
後は、荒らしやスパムを撃退できるか?ということだが、一応画像認識機能はあるので、どどっと大量の書き込みがある、という事態にはなるまい。多分、ちょくちょくと来るとは思うが。
ということで、LINEにその旨書く。後は残り2人にまかせた。
それから、昼寝しようとしたが、眠れない。でも起きてなにかする元気はないので、iPodで音楽聴きながら、ベッドで横になっているのを、16時頃まで続ける。
そうこうしているうちに、LINEで残り2人から、掲示板の件、反応あり。まあ、もともと2人中の1人が推していた掲示板になったので、特に反対の意見もなく。
しかし、とりあえず方針は定まったものの、掲示板を作った目的と主旨を纏めねばならず、また利用規約も作る必要もある。まだまだ、実現までには程遠いなあ。そもそもこの3人だけでやろうとするのは無理なんで、他に人を募るなり、職員さんの力を借りるなり、どうにかせねばならんなあ。
それから、なんとかコンビニまで行くくらいの気力が出たので、コンビニ行って多少買い物して、帰ってきて夕食。
夕食後は、そう言えば日曜夜のラジオ番組をまだ聴いてなかった、と想い出し、1つ目を聴こうとしたが、今週はW杯中継でお休みだった。仕方ないので、もう1本の方を聴いて、それから月曜夜配信のWebラジオを聴いて、なんとなく横になっていたら見事に寝落ち。もう、このところ、毎日のように寝落ちしてる。これはちょっと異常だ。と言って、どうしたら良いのか判らん。今度耳鼻科行った時、聴いてみようか。でも耳鼻科の先生、いつも5秒診察だからなあ、口をはさむ余地があるかどうか...。
とりあえず、明日は鬱を脱していればいいなな。

調子イマイチ〜仕事休む〜色々調査と試行錯誤〜また寝落ち

  • 2018.06.26 Tuesday
  • 23:59
ということで、7時過ぎ本起床。調子は...悪い。昨日の鬱予兆見事的中。でもまあ、寝込む程の鬱ではない。
ヘルパーさんが来る前に、日記書きながらCD1枚消化↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
グラント・グリーンのおなじみReal Gone Jazz盤『Seven Classic Albums』(Real Gone Jazz RGJCD358)の3枚目。3枚目には、2枚目からの続きで『Grantstand』(1961)の残り2曲、『Reaching Out (with Dave Bailey Quintet)』(1961)の全曲と、『Born To Be Blue』(1962)の前半3曲を収録。『Grantstand』にはジャック・マクダフも参加。相変わらず面白い。やっぱりギターとかオルガンとか、メインストリームでないものを聴きたがる癖は治ってないな。
とりあえずヘルパーさんが来たので、その対応。と言っても殆ど任せきりで何もしないのだけれど、まあ、起きていられるだけマシか。昔は断ってずっと寝たままだった時も結構あったからなあ。
ヘルパーさんが帰って、昼飯食って、さてどうしよう?と考えたが、やはり作業所行くだけの気力はない。それにもっとやりたいこともあったし。結局仕事休む。
で、何をしたか?というと、例の謎プロジェクトの3人で、これは謎にしておく必要もないので書いてしまうが、ピアサポートの一環として、お悩み相談や情報交換の出来るネット掲示板を作ろう、という話になっている。ということで、別に頼まれてやった訳ではないが、レンタル無料掲示板で、良さげなのがないか調べる。しかし、どれもこれも、なんか難点がある。一応、対象者をパソコン/スマホ/ガラケーいずれか持っている(使える)人に広げたいのだが、かなりの掲示板が、ガラケー未対応か、ガラケー対応中止、という扱いだ。
他にもCGIだけ提供で、サーバレンタルしてインストールはそっちでしろ、という奴やら、まずホームページを作って、そこからリンク貼ってでないと使えないものとか、そんなのばかり。
ようやく3つの掲示板に候補を絞る。絞るというか、それしか残らなかった。3つはそれぞれ「簡単だがセキュリティ面に不安がある」、「やや難しいが最低限のセキュリティをクリア」「セキュリテイは万全だがちょっと使いにくい」というもの。
とりあえず、3種類ともテストで掲示板登録して、使ってみた。と、簡単に書いたが、登録作業が結構ややこしい。色々パラメータを設定するのだが、その意味が不明だったりして。
最終的には、なんとか投稿と閲覧ができる状態まで持っていったので、3種類のテストで作った掲示板のアドレスをLINEで残り2人に投げる。あとは好きにしてくれい。というわけにもいかないので、元システム屋としては、セキュリティ重視で、3番目のを推薦しておく。
とここまでで、4時間以上かかった。とりあえず、ミネラルウォーターの予備が切れてたので、コンビニまで調達に出かける。帰ってきて、晩飯食いながら、LINEで、他の2人の反応を見る。1人は、実際に使ってみてくれたようだが、どれが良いとも悪いとも感想は書いてない。
後1人はやや遅れて意見を書いてくれたが、まあ、予想をしなかったわけではないが、簡単さを重視して、1番目を推薦。というか、1番目以外はNOという態度だ。
その辺で、意見のすり合わせをしようとしたが、結局溝は埋まらないままだった。そのまま議論続けると、喧嘩にまで発展しそうだったので、いったんクールダウンということで、翌日に持ち込むことに。
その間に、CDもう1枚消化↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
Membranの10枚組箱『Ballroom & Dancehall』(Membran 231830)の3枚目、内容は、ライオネル・ハンプトン22曲。うーむ、これをクール・ジャズというべきなのか、ジャズ初心者にはよく判らんが、ちょっと年代が新しめ(1942年〜1946年)なんで、いわゆるスウィング・ジャズという感じではない。まあ、大編成バンドだから、モダン・ジャズにも入らないだろうが。
ということで、聴き終って、ちょっと横になっていたら、また寝落ちたorz。最近、寝落ちばかりだなあ。ちょっと異常かも。今度耳鼻科行った時聞いてみよう。
ということで、起きたら25時を回っていた。眠剤だけ服んで、即就寝。さて、明日はどうなるかなあ、起きてみないと判らんな。

やや調子下降気味か〜出勤〜作業はハード〜帰路で鬱の兆候ひしひしと〜帰宅後夕食食って寝る

  • 2018.06.25 Monday
  • 23:59
ということで、7時半本起床。調子は昨日までに比べてやや下降気味。
とりあえず、昨日の日記を書きながら、CD2枚消化↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
1970年代のソウル・ファンク系音楽を集めた2枚組廉価コンピ盤『Black Music Explosion Soul And Funk Classics From The Soulful 70s』(Castle Pulse/Sanctuary Records PDSCD 600)。全36曲収録。あまりどファンクな曲や、どソウル(ってどんなだ?)な曲は少なく、スムースで軽いノリの曲が多い。フリーダ・ペイン、ザ・ハニー・コーン、ザ・フレイミング・エンバー、ザ・グラス・ハウス、チェアマン・オブ・ザ・ボードと、Invictus/Hot Wax系が多いな。
日記書き終わって、とりあえず身支度して着替えてちょっと早かったけど家を出る。流石に暑いな。駅まで歩いたら汗かいた。
途中昼飯食って、作業所着は12時30分。作業は結構ややこしい。
,泙裟泙蠅燭燭鵑西態の箱があるので、これを左右から押して立てて、底部分を組み立てる。
⊆,法半透明なシートに英語の単語を印刷したオサレなものが1000枚あって、20枚毎に緑の紙が挟み込まれているので、これを20枚分づづ取る。
取った半透明シートは裏表、縦横あるので、それが正しくなるよう気をつけて三つ折りするようにして丸める。き,任任た箱に丸めたシートを入れる。
ト△粒犬鯤弔瓩襦
Ε札蹈董璽廚濃澆瓩襦
大きなビニール袋に、白シート五箱、黒シート五箱を入れるが、向きが決まっているので、間違えないようにする。
┘咼法璽訛泙鬚ちんと折りたたんでセロテープで封をする。
の8工程。
とりあえず、 銑い虜邏箸鬚笋辰燭、最初の1000枚は何事もなかったものの、次の1000枚は、全て箱に入れた時点で、箱が2つ余る。20枚じゃなく40枚入れちゃってるのが2つあるのだ。箱を持ってみて、明らかに重いものを2つ抜き出して、重さを計るとやはり40枚分の重さだ。それを箱から取り出して20枚づつに分解して、20枚2つは箱にもどし、残った20枚分×2を余った箱に入れた。のだが、その際、1枚だけ入れ忘れた。しかも気がついた時点では、もう、どの箱が入れ忘れたものか判らない...。
そこで全箱の重さを計って、明らかに軽い1箱を洗い出し、それに余った1枚を入れてようやく 銑そ了。
その後ァ銑Г虜邏箸鬚靴燭、Г結構ややこしい、とりあえず入れてみたものの、向きが違う、ということで入れ直し。そこで時間が来たので、┐虜邏箸鰐ぢ慮海能わった。ということで15時15分まで。
朝からちょっと調子悪いなあ、とは思っていたのだが、帰路のバス中で、それをはっきり認識する。まず、思考がネガティヴな方へ行く、さらに一つのことが頭に浮かんで、どうしてもそれから離れられない。両方とも、WRAPの「調子が悪くなってきている時のサイン」で考えついたもの。やばい、こりゃ鬱が来るな...。
とりあえず、最寄り駅ついて、スーパー寄って買い物して帰宅。夕食食った後、メールチェックだけして即就寝。さて、明日起きて調子がどうなっているだろう?

調子引き続き良好〜聴き逃しラジオ聴取〜午前中いっぱいかかって、日記(金曜分)書く〜午後いっぱいかかって日記(土曜分)書く〜夜いっぱいかかって、不登校体験談書く〜それだけで一日終わる

  • 2018.06.24 Sunday
  • 23:59
7時本起床。調子は引き続き良い。昨日の疲れが残っているか?と思ったが、さほどの事もない。
とりあえず、昨日寝落ちして聴けなかった番組の内、途中で寝落ちした最初の番組(3時間あるんで流石にもう1回聴き直しは辛い)を除く4番組を計2時間費やして聴く。
それから、昨日書けなかった金曜の日記を書く。お供に聴いたCDは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ピンク・フロイドの、1988年8月に行われたライヴ・ツアーの模様を収録した2枚組ライヴ盤『Delicate Sound Of Thunder』(EMI Records CDS 7914802)。ロジャー・ウォーターズ脱退後のピンク・フロイドのアルバムは聴いていないので、そこからの曲が約半分を占めるこのライヴ盤も、イマイチ乗り切れんかったなあ...。ライヴとしても、今ひとつ迫力と臨場感に欠けるような気がする。という事で、星3つ。
なんとか日記の金曜分だけ書き終えたら、もう11時半過ぎてた。いったん日記書き中断して、コンビニへ食料調達に行く。帰宅して昼飯。それから、そういや今日洗濯しようと思ってたんだ、と想い出して洗濯。その間に昼寝しようとしたが眠れぬ。洗濯も終わったので、昼寝は諦めて洗濯物干す。
さて、日記の土曜分を書くか、ということで書き始める。お供はこの3枚組CDの最初の2枚↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
インドのムンバイ(旧ボンベイ)で制作された映画、通称Bollywood(ハリウッドとボンベイをかけた名前)映画のサントラ初心者向け3枚組アンソロジー第2弾『Beginner's Guide To Bollywood Volume 2』(Nascente/Demon Music NSCD003)の最初の2枚。1枚目は「Bollywood Disco」というサブタイトルが付けられており、そのとおり1970〜1980年代に作られたディスコ映画のサントラから編集された19曲を収録。とにかく歌って踊るインド映画とディスコの相性が悪いはずもなく、なんとも怪しげで魅入られる1枚となっている。聴きものは、バグルスの「ラジオ・スターの悲劇」のカバー。原曲の雰囲気を完全にぶち壊すノリとなっており、これはこれでOK!
2枚目は「Bollywood Rock & Roll」というサブタイトルで、1950〜1970年代に作られた映画から、ロックな曲を編んだものなのだが、普通の欧米ロックを聴き慣れた耳には、「これのどこがロック?」と思ってしまうような曲も多く、しかし格好いい曲ばかりなので問題なし!
ということで、CD2枚聴き終えて、日記も書き終えたら16時半だった。ちょっと早いけど、キリがいいところで夕食。少々休憩した後、先週木金聴けなかったラジオ番組を3本計2時間かけて聴く。
それから、この間急に関わることになった(って自分で決めたのだが)不登校体験談を書き始めたが、毎月1回の某仏教系ツイキャスが始まってしまった。そういや、毎月第4日曜日の19時半からという決まりだったっけ。忘れとったわ。
仕方ないので、21時まで1時間半、ツイキャスに参加。結構コメントを拾ってもらった。しかし、雑談が多く、あまり仏教系の話は出なかったが、まあ、面白かったので良しとする。
それが終わって、再び体験談書きに集中。『Beginner's Guide To Bollywood Volume 2』の3枚目を聴く。3枚目は、「Bollywood Kitsch」と題されているが、そんな事を言ったら、インド映画のイメージが(あくまで個人的にだが)そもそもキッチュなんで、なんでもありという気がする。まあ、その中でも特にキッチュな、ノベルティ・ソングとかコメディものとか子供向け映画とか、そんな方面から選曲されているらしい(とジャケ裏に英語で書いてあるっぽい)。
なんとか体験談書き終わって、送信したら22時半だった。風呂入って、いったんはW杯日本vsセネガルを観始めたものの、眠気に負けて途中脱落。なんか、本当に夜の活動ダメになってきたなあ。昔は一徹(徹夜1回)くらいは平気だったのだが...。
さて、明日の調子はどうかな?ここ2週ばかり、まともに作業所行ってないので、今週はなんとかしたい。

金曜:調子良好〜出勤〜作業はひたすら〜精神科通院〜なぜかディスクユニオンへ〜CD買っちゃうorz 土曜:調子良好だが眠し〜腎臓内科通院〜結果は...〜ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信@あべのハルカス美術館〜まっすぐ帰宅〜ラジオ聴取...の途中でやっぱり寝落ち

  • 2018.06.23 Saturday
  • 23:59
という事で、昨日は7時起床。調子は良好。ヘルパーさんが来る前に、身支度を済ませておく。それからCD1枚消化↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
グラント・グリーン『Idel Moments』(Blue Note/Capital Records CDP 784154 2)。これは名盤。やや地味だが、聴けば聴くほど味が出てくるスルメ盤。グラント・グリーンは、むしろ脇役に徹していて、他のメンバー、特にジョー・ヘンダーソンのテナー・サックスと、ボビー・ハッチャーソンのヴィブラフォンがいい感じ。やっぱりグラント・グリーンはええのう...。
一昨日の日記も書き終えて、ヘルパーさんも帰ったので、昼飯。その後また嫌になる前にさっさと着替えて出勤。
作業所着は、12時40分。今日の作業は、\泙蠑まれた状態の箱を手に取る。側面下部を押すようにして拡げる。Bμ名緝瑤魴擇押して補正する。そ侏莨紊ったものをトレイに置く。この4工程の繰り返し。ひたすら、ひたすら。2時間やったら、流石に疲れた。15時15分まで。
その後は、精神科通院のため、梅田へ出る。病院着いたら、待合室(と言う名の廊下)は患者でいっぱいだった。これは久しぶりに時間かかりそうだと思い、診察券渡しながら、何番目ですか?と尋ねたらこの次とのこと(゚д゚)!すると、7,8名いる患者は全て薬のみの人か、精算待ちの人ばかりか。まあ、早く済んで良いけど。
ということで10分待ちくらいで呼ばれる。ここ2週間は比較的調子が良くて、作業所行けない日でも、駅前までは出たりしてた、と言うと、そういう風に出来ることだけでもやるのが良い、と言われる。後、謎プロジェクトの話も少ししたが、もちろん内容は謎である。
診察終了後、処方箋貰って薬局行って薬貰って終了。久しぶりに狭苦しい喫茶店で休憩。さて、その後は?というと、一昨日の日記の最後でだいたい想像つくよね?行かないぞ!絶対行かないぞ!!というダチョウ倶楽部ノリの通り、ディスクユニオンへ行ってしまうorz。
まずはクラシック館へ入って、先日安さに釣られてつい買ってしまったベルグルンドのシベ全の価格調査。結果、俺の買った新品価格より200円くらい高かったので、満足。グズグズしていると、欲しいものが出てきそうだったので、すぐに出る。
で、本館のほうへ。ロックの中古CD大放出ということで、まずそれから漁る。リヴォルヴァーの『Norhern Songs』(Century Records CECC00514)を発見。国内盤オビなし。これ、以前地元のブックオフで500円均一棚にあって、買おうかどうしようか迷っているうちに先に買われた、といういわくつきの1枚だ。それ以来、ずっと探していたので、値段は650円とブックオフ価格より高価いが購入。内容は、ビートルズ(というかレノン&マッカートニー)が他人に提供して自分たちでは演らなかった曲を、ビートルズっぽく演奏してみた、という企画盤。現在では、オフィシャル・ブートレッグによってビートルズ自身が演奏している音源が聴ける曲も多いらしいが、でも他人が演っている、というところにまだ存在価値はあると思う。しかし、このリヴォルヴァーの4人は未だに正体不明らしい。
ちなみにこれは1993年に国内盤のCDが再発された時のバージョンで、初発のものとはジャケが違う。「For Beatlemaniacs Only」とか「The Lennon & McCartney Compositions The Beatles Never Issued」とか書かれてあって遊び心満載。極めつけはCDのレーベル面で、例のTMOQマーク(スモーキング・ピッグ)に大きくバッテンが打ってある。
その後、ソウルとブルースの棚を漁るも、これと言ったものなし。エスター・フィリップスのライヴ盤にちょっと気持ちが動いたが、LPのストレート・リイシューで収録時間が短そうだったので、手を出さず。
続いてジャズの棚へ。いきなり、凄いものが見つかる。『Swingtime Video Presents Meet The Band Leaders-2 Vol.3』(株式会社スパック SVBP-53)]という、CDではなくDVDだ。中身のほうは、アーティ・ショウ・オーケストラ(1939年)4曲、ジャック・ティーガーデン・オーケストラ(1939年)4曲、キャブ・キャロウェイ・オーケストラ(1935年)3曲、デューク・エリントン・オーケストラ(1943年)4曲、ボイド・レイバーン・オーケストラ(1947年)3曲、計18曲という、映像残ってたの?というレベルの映像作品。しかも650円の20%引き。即買い。後は映像がどれだけのレベルか?、だな。
ちなみに帰宅してから調べてみたところ、このシリーズ、Vol.17くらいまで出ているらしい。しかもamazonだとみんなそんなに高くない(HMVやタワーだと3000〜4000円する)。とりあえず、良さげなのを5枚ほど「ほしいものリスト」に追加しました。値段はマケプレで、1000円弱〜2000円というところ。今回買ったのを観てみて、良かったら他のも買うかも。
ジャズの棚からもう1枚。先日仏Classics盤を聴いてなかなか良かったチック・ウェッブの『Let's Get Together』(Audio Book & Music ABMMCD 1281)。750円の30%引き。仏Classics盤とのダブリが懸念されたが、チェックしようがない(まだiPodに入れてないので)、まあ安いし良いか〜ということで購入。帰宅後調べたら、全20曲中後半の4,5曲がダブっている模様。まあそのくらいは仕方ないか...。
ということで、計3枚購入して、まっすぐ帰宅。しかし、最寄り駅からの帰り道、また左膝がじくじくと痛みだす。iPhoneの万歩計見ると、11000歩以上歩いてた。やっぱり10000歩が活動限界だな...。
帰宅後、さっき買ったCD&DVDの情報を調べたりして過ごす。Twitterでなんか気になる書き込みを見かけて、読んでいたら、成り行きで(って自分で勝手に決めたのだが)、不登校についての体験談募集に参加することになってしまった。あったことをそのまま書くだけだから、難しくはないけど...多少面倒くさいけど、これもなにかの縁だと思って。
翌日は朝早い(5時半!)ので、早めにシャワー浴びて就寝。

翌土曜日は、5時に目が覚める。いつもなら寝直すところだが、どうせ後30分したらアラームで起こされるのでそのまま起きる。調子は良好だが、流石にちょっと眠い(往きの電車で珍しく寝そうになった)。
検査前なんで朝食抜いて、薬だけ服んで身支度して着替えて家を出る。早め早めに行動したので、最初のうちはこりゃあ送迎バスの出発45分前には着くな〜、と思っていたが、途中乗換駅で座れない快速急行を見送って座れる次の各停に乗ったので、現地へは30分弱前に到着。う〜ん中途半端な時間だ。喫茶店入って暇潰すほどの時間でもないし...。
結局送迎バス乗り場にベンチがあったので、それに座って待つ。定刻どおりに送迎バスが来て、病院着いたら、かなり早く8時15分くらいだった。受付で再診手続きを済ませ、内科へ行くともう受付開始していたので、診察券と予約票2枚(検査用と診察用)を渡す。
しばらく待った後、クリアファイルを渡されるので、今度はそれを採血室のかごに入れる。またしばらく待って、採血順4番のカードを貰う。それほど待つこともなく採血。終わって今度は採尿。まだ終わりじゃない、今度はセルフ式でその辺に何台か設置されている血圧計で血圧測定。正常値だった。
それから書類一式を腎臓内科の受付に提出し、一言断ってから売店へ。サンドイッチと最近どこもかしこも出し始めたペットボトルのコーヒー買って遅い朝食。その途中で9時になって診察開始のアナウンスが流れる。それから腎臓内科へ戻る。
検査結果が出るまで、小一時間。が、10時になっても呼ばれる気配はない。10時30分ごろ、ようやく呼ばれて診察。前回はかなり良好な結果だったが、今回はクレアチニンの数値が急に高くなっている。しかし、クレアチニン以外の数値は、尿酸がちょっと高いくらいでそんなに悪くない。中性脂肪は相変わらず高いが。
とりあえずクレアチニン急上昇の原因を突き止めねばならないが、今回の検査結果だけでは判らないので、追加で検査する必要があるようだ。以前やったみたいに、帰り際に検査だけして、結果は次回通院時で。かと思っていたらそうではなく、また耳鼻科の次回診察日(7/9(月)の予定だったが、ちょっと用事ができてしまったので、翌7/10(火)に変更してもらった)に検査だけして、その週の土曜日、7/14(土)に再診察、となった。
それから、尿酸の件は、薬が悪い可能性があるので今まで服んでいたアロプリノールから、ウリアデック錠朝夕1錠に変更。
ということで放免されたが、精算がなかなか済まない。いつもだと5分くらいで計算終了なのだが、今日は15分以上待った。ようやく精算済ませて薬局へ。そしたらここがまたババ混み。なんでも近くにあった別の薬局が地震の影響で営業してないということで、そこの患者がこちらへ流れ込んで来たらしい。薬局内にいるのは4,5人だが、それ以外にもいったん薬局を離れている人が多数いるらしく、薬剤師やら医療事務の人はあたふたしている有様。こりゃ、11時36分発の送迎バスには間に合いそうないな。
結果的にその場で待っている人を優先して処理しよう、ということになったらしく、そこからはスムーズに人が減っていく。それでも、なんとか薬を受け取って薬局を出たのは11時40分頃だった。数分の差で間に合わなかったか...と思ったが、トイレ行きたかったので再度病院へ戻ったら、同時に送迎バスも戻ってきた!ひょっとして遅れて来た?ということで、送迎バスまで猛ダッシュして、なんとか間に合った。病院へ戻らなかったら、乗り逃すところだったよ>ありがとう尿意(笑)。
結局、最寄りのJRの駅まで送迎バスで帰る。今日はこの後、あべのハルカス美術館でやってる鈴木春信展へ行くつもりだった。明日が最終日なんで、なんとか行っておきたいところだ。このままJRに乗って天王寺まで行けば良いわけだが、昼飯をどうしよう?と悩みながらJR駅の改札まで行ったら、いつの間にか付近に立ち食いそば屋が出来ていたので、そこで鶏天おろし蕎麦定食を食べて、JRに乗り大阪まで戻った後、環状線で天王寺駅へ。
ちょっと美術館行く前に休憩したいなあ、と思いながら改札を出てあべのハルカス(のあると思われる)方向へ進んでいくと吹き抜けの通路があり、吹き抜けに面した一角の2階にサンマルクカフェがあるのが見えた。よし!と思ってなんとかサンマルクカフェまで辿り着いたが、予想どおり混みまくっている。どうにかこうにか、1つだけ空いてたテーブルを見つけて確保。なんとか休憩したよ〜結構疲れていた。
20分くらい休憩した後、あべのハルカス美術館へ。さすがにチケット待ちや入場待ちの列はできていなかったが、入ってみると人は微妙に多い。また人の列がいっこうに進まないのでストレスが溜まる。所々で群を抜いて遅い奴をスキップしたりしながら、なんとか2時間ばかりかけて閲覧終了。
全出品数は150点。プロローグ、第1章〜第5章、エピローグの7つに分けられていて、プロローグは春信に影響を与えた版画家の作と春信の初期作品を、エピローグは春信から影響を受けた後世の版画家の作を、そして第1章〜第5章が春信の作をテーマ別に分けた展示、という構成になっている。
春信は、今日一般的に「浮世絵」と言われて思い浮かぶ、多色刷りの「錦絵」の創始期の版画家なので、まだテクニック的には完成しているとは言えないし、北斎のような奇想も、歌麿のような熟練の技もないが、それでも見ていて惹きつけられるものがある。なかなか見応えのある美術展だった。次は7月22日(日)までやってる横山大観展@京都国立近代美術館あたりか。プラド美術館展@兵庫県立美術館へ先に行く手もありだ。
ということで、帰路に就く。今日は移動中及び病院/薬局の待ち時間に読書するつもりだったが、あまり読めず。ということで、244頁まで。やっと半分まで来たくらいだ。先は長いな...。
いい加減スーパーの惣菜にも飽きてきたので、めずらしく外食して帰る。帰宅したら18時頃だった。19時から土曜恒例のラジオ聴取タイムだが、最初の番組が始まって30分くらいでまんまと寝落ちorz。やはり睡眠不足か。最近この番組、最後まで聴き通せたことないわ。起きたら22時過半ぎだった。その時間帯に、いつもなら聴いている番組はタイムフリーで聴いているんで、途中からということにはならない。その30分番組だけはどうにかこうにか聴き終えるが、その時点で眠気がまたMAXだった。後続の番組は諦めて、そこで就寝。
さて、明日は、2日分の日記と、不登校の体験談を書かねばならぬ。多分その3つで、一日終わる予感。

調子良好〜謎プロジェクト第1回本番はさすがに緊張〜喫茶店で駄弁る〜またも派手に寝落ち

  • 2018.06.21 Thursday
  • 23:59
ということで7時起床。調子は良い。
さて、今日はいよいよ謎プロジェクト第1回本番。12時30分某所に集合、の予定なんでまだまだ時間がある。
とりあえず昨日の日記書きながら、CD1枚消化↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ユーリズミックスの『Greatest Hits』(RCA/BMG Records PD74856)。ユーリズミックス、「Sweet Dreams」、「Here Comes The Rain Again」といった初期の曲は大好きだったのだが、何故か最近までまとめて聴こう、という気にならなかった。このベスト盤も、なんかの時に(ブックオフだったっけ?)500円かそこらで買ったもの。しかも買ってから相当の期間、熟成させていた。いざ聴いてみると、やっぱりいい曲ばかり。なんで今まで聴かずに放置していたんだろう?という1枚。
まだ時間はたっぷりある。昨日寝落ちして、風呂入らずに寝てしまったので、風呂...はまだ風呂桶に水はったままなんで、今日もシャワーだけ。この風呂桶の水、いつまではった状態にしておくべきか?まあ、最低でも1週間は必要だろうなあ。
そんなこんなで時間が迫ってきたので、身支度して着替えてちょっと早かったけど、家を出る。集合場所へは集合時刻の1時間くらい前には着いてしまった。しかし、まだ昼飯を食わねばならぬ。
集合場所近所の喫茶店へ入って、サンドイッチとアイスコーヒーで軽めの昼食&時間調整。それから店を出て。集合時刻の15分前には集合場所についた。謎プロジェクトメンバー3人の内1人は、既に来ていた。挨拶をして、残り1人を待つ。やがて、残り1人も来た。後は、職員さんを待つだけ。
その職員さんも、集合時刻5分前くらいにでかい車で来る。謎プロジェクトの場所はかなり遠い。最初の案では電車+バスで移動する予定だったが、最終的には車で向かうことに。
道中色々と喋りながら、1時間弱くらいかかって、謎プロジェクト場所に着く。が、それから何をしたかは当然謎であるw。まあ、今回は第1回ということで、あまり大したことはしていない。それでもやはり緊張していたらしい。そんなに暑くもないのに、やたらと汗をかく。緊張すると汗をかくんだよな>自分。
2時間くらいかけて、無事?第1回は終了。また車に乗って、出発点へ戻る。そこで職員さんとは別れて、3人だけ残る。誰からともなく、お茶しよう、ということになって近所の喫茶店へ。また2時間くらい駄弁った。
ということで、来週...は謎プロジェクトお休みなんで、再来週またね、ということで解散。自分は最寄り駅戻って、スーパーで買い物して歩いて帰宅。
昨日、聴きかけて寝落ちしてしまったアルバム、iPodに入れて今日の駅までの往復できちんと聴いたので、ここで書いておく。聴いたのは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
スピリチュアル・ベガーズ『Demons』(Trooper Entertainment/Savage Messiah Music XNTE-00034)。う〜ん、今ひとつ地味だなあ。盛り上がりに欠けるというか...。まあ、繰り返して聴いていれば良くなってくるかも知れんが。国内盤ボーナストラックのライヴ6曲はなかなか熱くて良かった。
夕食食った後、洗濯物が貯まっている、ということで洗濯する。さすがに、ちょっと疲れを感じたので、ベッドで横になる。そのうち、洗濯機が洗濯終了音を鳴らしたので、ああ、干さなきゃ...と思いながらつい、ウトウト→熟睡zzZZZZ...寝落ちたorz。やっぱり、疲れが溜まっていたんだろうなあ。
起きたのは23時前。即就寝...と思いかけて、かろうじて洗濯物を干さねばならぬのに気がつく。超面倒くせえと思いながら、仕方ないので洗濯物干して、就寝。
さて、明日は出勤しておきたいな。なんだかんだで、今週1日しか出勤していない。まあ、月曜は地震だったし、今日は謎プロジェクトだったし、そういう意味では出勤可能なのは火水の2日だけだったわけだが。
あと、精神科も忘れずに行っておかねば。その後はディスクユニオン...なんか行かないぞ、行かないぞ、絶対に行かないぞ!

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

人気ブログランキング

accses counter

アクセス解析

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM