1/9(火)〜1/11(木)の日記

  • 2018.01.11 Thursday
  • 23:59
また間が空いてしまったので、日別で書きます。

1/9(火) 風邪の具合は一進一退〜仕事休む〜めんどくさい電話
ということで、7時半に起きて飯だけ食って二度寝。ヘルパーさんの来たドアホンの音で目が覚めた。
風邪の具合は、昨日と大差なく、良くなっても、悪くなってもいない。どうも、ここ数年、こんな感じの風邪ばかりだ。まあ、熱が出るような風邪にならないだけマシですが。
出勤は、どうしようか迷った末、大事を取って、休む。昼飯食って、また寝る。結局夕方まで寝て、18時頃起きて夕食。
その後、兄より電話。実は年末からずっと母が入院してて、もう退院の許可は出ているのだが、退院前に今後のことを打合せたい、とのことで、それも平日の昼間に限る、とのことで、俺が行くことにして、病院側でスケジュール調整してもらって、日にちを決めてもらって、連絡する、ということだったのだが、何故かその電話が俺ではなく、兄の方へ行ったらしい。それで日程の調整がどうしてもつかないので、打合せと退院手続きの方は、兄が急遽仕事休んでやってくれることになったが、兄は昼過ぎには帰らないといけない。
退院したての母をそのまま放ったらかす訳にもいかないでの、その後の面倒は、俺が見ることになった。ということで、明日〜明後日にかけて急遽帰省することに。明日は耳鼻科(近い方)と整形外科へ行くはずだったんだが...、ま、仕方ないか。

1/10(水) 帰省往路〜打合せ途中から出席〜母退院〜実家に泊まる
ということで、実家に帰省すべく、朝7時前に起きる。身支度して、着替えて家を出る。結構寒い。厚手のコートを着てきて良かった。
途中、兄にLINEを送ったところ、返事が電話に来て、打合せが11時半からになった、とのこと。11時半過ぎには病院へ着けるので、急遽俺も打合せに(ちょっと遅れそうだが)参加することに。
予定通り、11時半過ぎに病院へ着くが、どこで打合せをやっているのか判らない。ナースステーションで聞こうにも、電話中の人が1人いるだけ。仕方ないので兄に電話した。すぐそこの部屋でやっていたので、途中から参加する。
とりあえず、30分くらい今後の体制等を打合せして終わった。母が昼食食ってる間に、兄と2人で食料品の買い出しに行く。終わって帰ってきて、兄は玄関前で車に乗って待っているので、俺が母の退院に付き添うことになったが、大半の荷物はもう午前中に運び出した、とのことだったが、まだ結構荷物がある。こりゃ、1人だったら2往復せんといかんところだった。
なんとか3人車に乗って、実家へ。昼飯まだだったので、買い物時に買ってきた弁当を兄と2人で食べる。
兄は、書類を2,3通だけ書いて、帰る。その後は、母と二人で、話ししたり(耳が遠くなっているので、会話するのも大変)して、15時半ごろ市の福祉関係の人(午前中の打合せにも出席してた)が来る。とりあえず、風呂へヘルパーさん付きで入浴可能かどうかの下見。まあ、なんとかなるだろう、とりあえず、今度の土曜日にテストしてみようということになった。兄も俺も、土曜は都合悪くて居れないがまあ問題ないだろう。
9時頃には就寝。CPAP装置は、重いので持って帰って来なかったが、1晩くらいなら良かろう。

1/11(木) 起床〜帰省復路〜返却〜帰宅〜届け物〜CD聴きながらネット関係2日分チェック
6時半ごろ起床。飯食って、二度寝しようとしたが、眠れないので本格的に起きる。
母の方は、だいぶん元気になったようで、足腰が悪いのだが、今日は割りと調子がいいと言って喜んでいた。これなら1人にしておいても大丈夫そうだ。
11時頃には、ヘルパーさんが来るとのことで、来たら一言挨拶しようと思って待っていたのだが、11時半になっても来ないので、電車の都合もあるので、実家を後にする。駅で昼飯食って、電車に乗って帰路に就く。この往路復路とも、白川静の『後期万葉論』を読んでいた。104頁まで進む。
さて、電車を降りて...といっても最寄り駅ではない。作業所のある駅。と言っても今から作業所行くわけではなく、この前ここのTSUTAYAで借りた『パラノーマン ブライス・ホローの謎』の返却予定日が今日だったので、その返却に。
それから最寄り駅まで戻って、いつもの本屋へ寄る。この前その存在を知って、ちょっと気になってた、新海誠原作、加納新太著の『君の名は。Another Side:Earthbound』(角川スニーカー文庫)を購入。映画では描かれなかったエピソードが描かれている、外伝的な作品。
それから、スーパーで買物して帰宅。飯を食っていたら、郵便局からずっしり重いお届け物が。この前ヤフオク!で落札した、ジェーン・ギャスケル『アトランの女王』1巻〜3巻のセット。また読むかどうか、判らないものを買ってしまったが、この小説、ずっと前から気になっていたんだよね。「ずっと前」と言っても、10年や15年ではない。奥付を見ると、最終巻が刊行されたのが1975年だが、多分その直後くらいから、なんとなく気にはなって、本屋で手にとって買おうかどうしようか迷ったあげく、止めるということの繰り返しで、そのうち絶版になってしまった。
その後は、古本屋でも殆ど見かけることはなく、たまに見ても3冊揃ってなかったり、と入手する機会がなかったのだが、ようやくヤフオク!で結構安い値段で出たので、落札した次第。
今在amazonを見てみると、1992年に改題されて復刊されていたようだが、見過ごしていた。今回入手したのは、オリジナルの方。
昨日までの日記を書こう、と思いながらも書く気になれず。大量に溜まったメールやらなにやらのチェックをしながら、CD1枚聴く。スピリチュアル・ベガーズの『サンライズ・トゥ・サンダウン』。うむ、いつものスピリチュアル・ベガーズだ。安心して聴ける。基本的には、ブラック・サバス、ディープ・パープルあたりのハードロックを基調にしているメタル、と呼ぶにはちょっと躊躇われる音なんだけど、ほのかにプログレテイストもあったりして、プログレメタル関係の人にもお薦めの1枚です。
ということで、今日も22時頃、早めに就寝。
明日はなんとか作業所行っておきたいなあ。あと水曜に行く予定だった耳鼻科(近い方)と整形外科も行っておきたい。

スポンサーサイト

  • 2018.07.18 Wednesday
  • 23:59
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    人気ブログランキング

    accses counter

    アクセス解析

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM