CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
人気ブログランキング
accses counter
アクセス解析
MOBILE
qrcode
<< だるい起き抜け〜膝の調子やや悪〜どうにか出勤〜仕事は結構ハード〜ついついCD&本注文orz〜HDDお掃除 | main | 膝の調子やや悪〜CD売り払い〜CD1枚だけ買う〜TSUTAYAでCD大量レンタル >>
金曜は大事を取って休む〜新しいヘルパーさん〜CD届く〜今日は腎臓内科通院〜精神科通院〜CD1枚だけ買う〜本は2冊買う〜またCD注文orz
0
    ということで、金曜は8時前に起床。二度寝はなし。今日から、金曜のヘルパーさんは新しい人が来ることになっている。9時前に、上司の人と一緒にやってきた。料理のリクエストは、まあ、和食の基本と言えばこれでしょう、ということで料理の腕を確認する意味で肉じゃが(正確には豚じゃが)にする。その肉じゃがは、前のと言うか、火曜日のヘルパーさんの作った奴より美味しかった。まあ、料理の面では期待して良さそうだ。
    さて、そんなこんなでヘルパーさんが帰ってから昼飯食って、それからどうしようか?と考える。メンタル面も、左膝の調子も悪くない。十分出勤可能だ。でも今週は月曜から休んでいないので、結構疲れが溜まっているような気がする。明日は腎臓内科通院で予約も入れてあるので休めないし。
    ということで、熟慮の末、今日は休養日にすることにした。とりあえず寝ようと思って、音楽(アンビエント系)聴きながら、30分横になっていたが、眠れない。仕方ないので、起き出して、このところ考えていた、音ログのリニューアルをすることにした。
    色関係とか、色々触ってみたかったが、も、面倒くさいので、タイトルだけ変える。新しいタイトルは、「音言画ログ」。中身に付いては、改名のお知らせの記事を書いたので、そっちを参照してくれい。
    それから、改名のお知らせだけでは寂しいので、このところ考えていたネタを元にして、記事を1つ書いて投稿。その前に考えていた、改名後一発目にしようと思っていたネタはまだ頭の中で熟成出来ていないので後回し。
    で、記事をどうにかこうにか書いた訳だが、内容の方はともかく、見せ方で結構苦労した。htmlのタグをググりながらの作業。またtableタグを段組みに使ってしまったorz。
    そんなことをしている内にいつの間にか夕方に。ちょっとミネラルウォーターとか切れてたので、コンビニまで行く。帰りにポストを見ると、ヤフオク!で落札したCDが届いていた。ザ・ステイプル・シンガーズの『Great Day』(Milestone MCD-47028-2)
    という奴。Riversideレーベルから出された3枚のアルバム(『Hammer And Nails』、『This Land』、『This Little Light』)を2in1ならぬ3in1にして、なお未発表曲を2曲収録したという超お買い得盤だ。よく3枚も入ったものだと思うが、それでもCDの収録時間は78分。おそらく、元のLPが短い奴ばっかりだったのだろう。10インチ盤という奴かも知れない。
    さて、今日は通院×2の日。6時起きだ。起きられるか心配だったが、とりあえずiPhoneのアラームで起こされて、ベッドに腰掛けた状態までは行ったものの、そこで10分ばかり前後不覚状態に。まあ、10分で済んだんで、なんとか遅刻はせずに、身支度して着替えて家を出る(検査のため朝食は抜き)。
    病院着いたら、まだ8時20分だった。もう既に内科の受付は開いていたので、診察券と予約票を渡して、クリアファイルを貰う。それから採血・採尿・血圧測定して、腎臓内科の窓口へ。9時前だったが、こちらも既に開いていた。一言断って、朝飯を食いにいつもの喫茶店へ行こうと思ったが、なんか面倒くさかったので、院内の売店でサンドイッチと缶コーヒーを買って、休憩スペースで食べる。
    さて、今日は何時間待たされるのかなあと思いながら腎臓内科まで戻ると、意外にも15分待ちくらいで呼ばれる。外へ飯食いに行って、のんびりしていたら間に合わなかったかも知れん。危ないところだった。
    で、診察というか検査の結果だが、そもそも腎臓内科へ通うきっかけになった、クレアチニンという奴の数値は、このところ下降気味だったのだが、今回はついに正常値に!あと尿酸の値も正常値だ。ただ、クレアチンキナーゼという奴の数値はまだ大分高い。これが正常値まで下がれば、あとは中性脂肪とγ-GTPだけなんだが。その中性脂肪の値も、徐々に下がってきている。う〜ん、そんなに食生活が改善されたとも思えんのだが...。まあ、良い方に向かっているので良しとしよう。
    そんなわけで、病院を出たのはまだ10時過ぎだった!今までの最早記録だ。薬局で薬を貰って、駅まで帰る途中で、道を間違えた。なんか、見覚えのないところへ来てしまった。しかし、Google map先生に助けてもらって、曲がるべき信号を曲がらずに直進しただけと判明。なんとか駅まで辿り着いた。それは良いが、左膝がまた痛みだした。やはり駅−病院の往復は負荷が高かったか...。次回からは、送迎バスの利用も考えよう。まあ、それまでに膝が治らなければ、だが。
    そんな訳で、梅田まで戻って、精神科着いたらまだ11時過ぎだった。診察順番を聞いてみると、4番めとのことだったので、一応診察ありにする。まあ、あんまり話しすることも無かったけど。ここ2週間は調子も良かったし。
    30分くらい待って、診察。しかし、この好調が続くかどうか、経過を見るしかない、という当然の結論で終わる。薬を貰って、終了。
    それから昼飯食う。いつものうどん屋さんで、肉味噌ジャージャーうどん(温)を。美味しゅうございました。
    さて、この後はどうするか、恒例の狭苦しい喫茶店で、休憩&iPhoneの充電しながら考える。とりあえず、タワーレコードマルビル店へ寄る。クリアランスワゴンがない今、余り行ってもどうということはないんだけどな〜、と思いながら雑誌&コミックコーナーを見るもこれと言ったものなし。続いてブルースのコーナーへ。何もな...おお!Real Gone Musicからブラインド・ボーイ・フラー盤が出ている!しかも「Volume 1」と書いてある。値段は1480円(税抜)とちと高い。他のコーナーにあるRaal Gone Music盤は、特別定価1000円(税抜)になっているのもあったが...。1000円なら買っていたところだが、なんとか思いとどまる。まあ、他店の方が安いかも知れんし、Volume 2が出てからでも良いし。
    それから、Disc J.J.第1ビル店へ。ブルースのコーナーに、平置きになっている、スモーキー・ベイブという人のCDがあった。ジャケットがいかにもなカントリー・ブルース風。手にとって見ると。Arhoolie盤だった。値段は950円。ちょっと、ググってみると、なかなか面白そう。ということで購入。『Way Back In The Country Blues』(Arhoolie CD 548)。
    隣の隣の喫茶店で、休憩&今買ったCDの検品。ジャケに「The Lost Dr. Oster Recordings」とある。ブックレットを見ると、オースター博士(そもそもこの人がスモーキー・ベイブを「発見」したらしい)によって録音されたものの、お蔵入りになっていた音源のCD化らしい。
    続いて、Disc J.J.第3ビル店。ここはなにも無し。続いて、カーニバルレコード第3ビル店。ここは色々と欲しいものはあれど、高くて買えない。フラストレーションが溜まる店。マリオン・ウィリアムズのCDが3枚ある(というか以前からあった)。1枚は2000円超える価格だが、もう2枚は1400円くらいだ。まあ、買って買えなくはない。1枚はなんかアナログ落としっぽかったので止めて、もう1枚を買おうか、真剣に悩んだ。しかし、amazonのマケプレに950円(送料込)のが1枚あるのを知ってたので、買うならまずそっちからだね、ということで止める。
    清風堂書店へ寄る。この前、地元の本屋で見て、買うかどうか悩んだ2冊、2冊とも600円強だったので買ってしまう。買ったのは、まず加藤陽子『とめられなかった戦争』(文春文庫)。この前まで読んでいた、『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』と同じような内容だが、終戦に始まって、満州事変まで歴史を遡りながら解説するというのが目新しい。
    もう1冊は、ロバート・D・エルドリッヂと言う人の『トモダチ作戦 気仙沼大島と米軍海兵隊の奇跡の“絆”』(集英社文庫)。これはまあ、単に面白そうだったからというだけの理由。
    とりあえず買い物はそれで終わったが、ちょっと見てみたい本があったので、紀伊國屋書店へ寄る。見たい本は何冊かあったが、そのうち1冊しか置いてなかった。ちょっと内容難しそうだし、値段も1000円くらいするし、まあ、ブックオフで探すことにする。
    そのまま店を出ようとしたら、なんかCD&DVD掘り出し市というのを出入り口付近でやってた。とりあえず見てみるが、カス盤ばかり。唯一、鷺巣詩郎のCDが1枚あったが、1000円する。これは堂山町のTSUTAYAにも確かあったと思ったので買わず。
    地下へ降りて、カツ丼屋さんで塩カツ丼を食べて帰宅。
    帰宅後、例のamazonのマケプレで売ってるマリオン・ウィリアムズ盤が気になったので、つい注文してしまった。ついでに、この前入手したブルース&ソウル・レコード誌のゴスペル特集号に載っていたCDを探してみる。殆どは廃盤入手不可か、マケプレにあっても何千円という値段が付いていて手が出なかったが、3枚ばかり、送料込み1000円以内で買えるものがあったので、つい注文してしまうorz。まだ3月は4日だというのに、この先が思いやられる。なんとか今後はセーブしなければ...。
    さて、明日は調子が良ければ、ディスクユニオンへ、CDを売り払いに行きたい。
    | 日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://freeflow.jugem.jp/trackback/2432
    トラックバック