調子はまあまあ〜時間を持て余す〜早い目に出発〜耳鼻科通院〜梅田寄って本屋チェック〜また寝落ち

  • 2018.05.21 Monday
  • 23:59
ということで、今日は5時半とちょっと遅め(充分早いが)に起きて飯だけ食って二度寝。7時本起床。
さて、今日は耳鼻科通院だが、予約時刻は15時なんで、特に急ぐ必要もない。まずは日記書きながら、CD2枚聴く。1枚目は↓

 (画像クリックでamazonに飛びます)
おなじみMembranの10枚組箱、サム・クックの『Milestone Of A Soul Legends』(Intens Media 600287)の2枚目。この2枚目には、アルバム『Encore』(1958)の全曲12曲と、ボーナストラック4曲を収録。その内2,3曲目は、「The soul Starreas」という注記があるが実際にはSam Cooke名義での発表曲で、3曲目「Happy In Love」(1959)がシングルA面、2曲目「I Need You Now」がそのB面曲。
1曲目「Love Song from "houseboat"」は、シングル「Win Your Love For Me」(1958)のB面曲、4曲目「One Hour Ahead Of The posse」はシングル「There, I've Said It Again」(1959)のB面曲。
内容は勿論素晴らしい。が、やはり40分06秒という短さが物足りない。あと、ソウル・スターラーズの注記のある2曲はヒスノイズがかなりある。ひょっとすると盤起こし?(本編はクリアな音質で問題ない)。
それは40分で終わってしまって、まだ日記書き終わらなかったので、もう1枚聴く↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ジ・エレクトリック・フラッグの『A Long Time Comin'」(1968)。55分52秒という、LPには長すぎる収録時間なので、もしやと思って調べると、オリジナルアナログ盤は、1〜10曲目のみ。11曲目〜13曲目はCD化に際して追加収録されたボーナストラック。
ハウリン・ウルフの「Killing Floor」の荒々しいカバーで始まるが、全体にサイケというよりはブルース色が濃い。マイケル・ブルームフィールドのギターがガンガン鳴る鳴る。映画『Trip』のサントラとは、まるで別グループのようだ。ボーナストラック1曲目の「サニー」は妙にハマっていて和む。
さて、日記書き終えてもまだ9時半。出かけるには早すぎる。とりあえず先に身支度して着替えて、CPAP装置その他を大きい方のリュックに詰め込んで、いつでも出発できる体勢を整える。それでもまだ10時過ぎ。もう1枚くらいはCD聴けるが...、どうもその気になれなかったので、どうぶつタワーバトルやって、暇をつぶし、11時に家を出る。
今日は荷物が重いので、例外事項その1によりバスで駅まで。ところがそのバスが一向に来ない。5分遅れ位は日常茶飯事だが、10分過ぎてもまだ来ない。結局、次のバス時刻になってようやく来た。なんかアクシデントでもあって1本運休になったのだろうか?
さて、駅前着いて昼飯だが同時に時間潰しもせねばならんので食後もそのまま居座れる店、ということで検討した結果、駅前のマクドで昼飯。食後はこの前から読んでいる、佐佐木崇『日本の神話・伝説を読む―声から文字へ』を読み進める。
1時間くらい居たが、そろそろ腰を上げたくなってきた。まだ時間は1時間くらい早かったけど、もともと喫茶店とかに一人で長居できないタイプの人なので。まあ、途中で電車遅れるとかあるかも知れんし、なるべく現地に近い場所へ行っとこう、ということで電車に乗って、病院最寄り...ではないが、俺の乗った電車では最寄りの駅に着く。でもまだ小一時間ある。改札の横手にある喫茶店入って、またも時間潰し。
ようやく送迎バスが来る10分前になったので、その乗り場へ。予定よりかなり早くやってきた。ということでちょっと早い目に病院着いて、再診手続きを済ませ、耳鼻咽喉科へ到着したら、15時数分前だった。バッチリ!
診察券と予約票とCPAP装置を窓口へ出して待つ。結構待たされる。30分以上待って、ようやく診察...のまえにCPAP装置会社の人と話す。偶に高リークになっている箇所がないではないが許容範囲だ、問題ない、という話に。その後、主治医の先生が登場するが、パソコンの画面をちら、と見て「これで行きましょう」で終わり、所要時間3秒くらいだw。
それから看護師さんと、次回の予約を取る作業に入るが、ちょっとややこしい事になっている。この病院は腎臓内科でも通院してるのだが、そっちの方はいつも朝イチに行って検査受けてその結果が出るまで小一時間待ってようやく診察、という手順だったのだが、前回の診察の時に、「月1回耳鼻科のほうも行ってます」と言うと、「それならその時についでに検査を受けておいて下さい。それなら診察時に検査待ちの時間をなくせるから」ということになった。来月はその腎臓内科の診察がある月なんで、その辺の事情を話し、腎臓内科の診察日である23日よりも早く、ということで18日15時半に決まった。
それはいいが、18日に来て、検査する時にどうゆう手続きを取ったらいいのかわからなかったので、たまたま腎臓内科の受付に人が居たから、事情を話して聞いてみたら、検査用に予約を取って、その予約票をくれた。時間は9時〜16時の任意になっているので、好きな時間に来れば良い。
耳鼻科の予約が15時半、送迎バス到着が15時。まあ、検査するだけなら、30分あれば出来るだろう、ということで、15時に送迎バスで着いて、内科へ直行して検査受けて、終わったら耳鼻科行く、という風にスケジュールを立てた。
ちょっとのどが渇いていたので、送迎バス最終便が出るまで30分くらいあったから、売店でミルクティーのペットボトル買って飲みながら待つ。やがて送迎バスが帰ってきたので、さっそく乗り込んでまだ発車までは15分くらいあったので座って待つ。
時間通りに発車して、16時半過ぎには駅へ着いた。電車乗って、まっすぐに帰...らずに梅田まで出る。ちょっと大きい書店へ行きたかったので。理由は文藝別冊の最新号が諸星大二郎特集なんだが、1冊まるごと新しい内容ではなく以前出ていたものに約100頁追加された増補改訂版、ということで買う前にまず中身を見たかったのだ。
検索機で置いてある場所を確認して行ってみると、平積みになっていた。中を見てみるがどこが新しく追加された箇所なのか、今ひとつ判らん。まあ、買うにしても今でなくてもよかろう、すぐ品切れになるとも思えないし。ということで見送る。
横手にある古書店街を見てみたが、欲しいものはそれなりにあれど、高価くて手の出ないものばかり。ストレスが溜まるばかりの結果になった。行かなければ良かった。
適当に晩飯食ってから、再び電車に乗って最寄り駅まで戻って、今日は特にスーパー寄る予定もないのでバス停へ直行したが、バスは数分前に出た直後orz。
かといって重いCPAP装置入りのリュックを負って歩いて帰るのもしんどかったので、次のバスまで30分弱、本を読みながら待つ。やがてきたバスに乗って帰宅。ポストにヤフオク!で落札した芸文の来々週のコンサートのチケットが届いてた。芸文行くのも久しぶりだなあ。
本の方は、結局今日一日で158頁まで進んだ。あと100頁弱。
しばらく休憩した後、日曜夜のラジオを2本、今日配信のWebラジオを2本聴いたが、最後の番組の途中で寝落ち。起きたら22時半だった。
とりあえず風呂だけ入ろうと思って、お湯を張り始めたが、なんか急にしんどくなって、座っているのも辛い状況だったので、お湯張りを中断して、即就寝する。
さて、明日は出勤出来るかなあ。

調子はまあまあ〜駅前まで出かける〜また安CD沢山買ってしまう(ついでに本も)〜珍しくTV見る

  • 2018.05.20 Sunday
  • 23:59
まず最初に訂正を。昨日の日記の最後で、「明日は云々」と書いてある箇所、月曜日であるかのように書いているが、考えるまでもなく、「明日」は日曜日でした。お詫びして訂正します。
ということで、その日曜日はまた4時半に目が覚めるが、なんとか6時まで再度眠る。それから起きて、飯食って二度寝。7時半に起きる。
昨日の日記書きながら、CD2枚消化。聴いたのは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
古めのケイジャンの2枚組入門用コンピ盤『The Beginner's Guide To Cajan Music』(Primo PRMCD 6063)。1928年の、ジョセフ(ジョー)・ファルコンの「Lafayette」から1955年のクリフトン・シェニエの「All Night Long」までの40曲。一応編年体になっているのかな?Membranのケイジャン&ザディコ箱と、ダブり多し。まあ、それを言ったら、昨日聴いたサム・クック箱の1枚目なんて、ボーナストラック以外は全曲ダブリですからorz。
さて、そんなこんなで昼前になった。今日もコンビニ飯か?と思ったが、さすがに家に閉じこもっているのも嫌になってきたので、とりあえず駅前まで出ることにする。
簡単に身支度して、家を出る。薄手の長袖シャツを着てきたが、日陰ではちょっと寒く、日向ではちょっと暑い。まあ平均すればちょうど良かったか。
駅前まで着いて、まずは書くの忘れていたが、昨日なんとかゲットした芸文のコンサートのチケットをセブンイレブンで発券。3階ベランダ席の前の方。ピアノリサイタルなんで、ステージ中央が見えればそれで良い。結構ステージに近い席なんで、良い席だと思うけれども行って座ってみないとなんとも言えんな。
それから適当に飯食って、例の本屋へ。「例の」と言っても、もう1軒あった本屋がいつの間にか潰れていたので、これで本屋は1軒だけになってしまった訳だが。
そこでは、まず文庫本の珍しく新刊を買う。新刊と言っても、第3刷で、初版が出たのは2015年ですが。買ったのは麻耶雄嵩の『神様ゲーム』(講談社文庫)。なんか、店員超お薦めみたいな扱いをされていたので、530円(税抜)と安いし、買ってみた。
それからまた例の300円(税込)均一の新古品CDを漁る。と言っても、この前漁ったところで、追加もないみたいだけど。
先日は帰る間際に発見して、適当にしか見ていなかったワゴンをじっくり漁ると、ストーン・サワーという聞いたことのないバンドの『House Of Gold & Bones Part1』(Roodrunner Records 1686 176632)とその続編『House Of Gold & Bones Part2』(Roodrunner Records 1686 176256)が揃ってあった。う〜ん、こういう風に揃っていると、つい買いたくなるんだよなあ。でも全然知らんバンドだし...。
とりあえずググってみると、スリップノットのヴォーカルの人の別プロジェクトだと判った。て言っても、スリップノット自体、名前はしってるがどんな音かは全く知らん。公式サイトへ行くと、Spotify経由で試聴できた。ダークなヘヴィメタ、という感じか。まあ、300円ならいいか〜ということで買っちゃう。
こうなると、もう止まりません。前回見かけて気になってたマストドンの『Once More 'Round The Sun』(Reprise Records 2-543021)。前回見逃していた、ビリー・ジョー+ノラ(・ジョーンズ)の『Foreverly』(Reprise Records 2-540939)。そして迷った挙句、結局イエスの『Heaven & Earth』(Fronties Recoeds FR CD 651)も、よく考えたらクリス・スクワイアの遺作だと気がついて、それならと買っちゃう。
ということで、5枚+1冊のお買上げ。安いものばかりとは言え、こんなことしてちゃ駄目だなあ。ちょっと反省。
スーパー寄って、買い物してから帰宅。今買ったCDの検品。やはり日本語のオビが付いている。あと、ストーン・サワーのは、変形紙ジャケで、なにやら意味ありげな穴やら突起が出ている。Part 1とPart 2を組み合わせたら、なんか完成しそうな気がするんだが、いろいろやってみても上手くいかない。と思っていたら、公式の組立方法の動画がYoutubeにアップロードされていたので、それを見てようやく出来た。
なんだかんだで夕食の時間になったので、飯食う。それからCD1枚聴く↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ジャンゴ・ラインハルトのJSP箱第2弾『Postwar Recordings 1944 - 1953』(JSP Records JSP955)5枚組の3枚目。この3枚目には、1947年に行われた4つのセッションを計21曲収録。最初の3つは、ジャンゴ・ラインハルトとフランス・ホット・クラブ五重奏団名義での発表。だが、その中の2つは、ステファン・グラッペリが参加しておらず、代わりにユベール・ロスタンという人がクラリネットを吹いているが、これがなかなか良い。3つ目には、代わりにステファン・グラッペリ参加。そして4つ目のセッションは、レックス・スチュワート五重奏団名義での発表で、こちらにもユベール・ロスタンが参加していて、クラリネットではなくアルト・サックスを吹いている。バンマスのレックス・スチュワートはトランペット奏者なんで、その組み合わせがなかなか良い。
もちろんジャンゴのギターは随所でソロを取っているので堪能できる。が、戦前の録音に比べると、いわゆるスウィング・ジャズの枠からは脱しつつある感じで、ちょっと新鮮。
聴き終わって、さて本でも読むか、と思ったが、TV大阪でやっていた「池の水抜きます」シリーズが面白かったので、つい最後まで見ちゃう。
ちょっと早かったけど、風呂入って就寝。さて、明日こそは耳鼻科の通院日なんで、重いCPAP装置を持って行かねばならぬ。これが毎月と考えると、ちょっと面倒くさいなあ。どこか、近くの病院へ転院できないものだろうか?

やはり何も出来ない休日〜CDと本だけは消化

  • 2018.05.19 Saturday
  • 23:59
ということで、今日はやや遅く5時過ぎに目を覚ます。とりあえず起きて飯だけ食って二度寝。7時頃本起床。調子はまあまあ。
とりあえず昨日の日記を書きながら、CD1枚消化↓

 (画像クリックでamazonに飛びます)
おなじみMembranの10枚組箱、サム・クックの『Milestone Of A Soul Legends』(Intens Media 600287)の1枚目。1枚目には、Keenから出されたソロデビューアルバム『Songs By Sam Cooke』(1957)の全13曲と、ボーナストラック5曲が収録されている。そのうち、1,4,5曲目には「The Soul Starreas」の表記があるので、ソウル・スターラーズ在籍時の曲、2,3曲目には「Dale Cooke」の表記があるので、ソウル・スターラーズ脱退前後のソロデビューシングル(いろいろな事情により、変名で発表された)のAB面だろう。
中身の方は、これはもう素晴らしいの一言です。なんと言っても、1曲目があの超絶名曲「You Send Me」だし。「Tammy」や「Danny Bpy」等の名曲カバーも味わいあって良し。収録時間が45分41秒と短いのがちょっと物足りないが。
日記書き終えて、さて、もう1枚なにか聴くか〜、ということで未聴CDの山から取り出したのは、⇣

(画像クリックでamazonに飛びます)
ズート・シムズのアルバム4枚をCD2枚に収録したお得盤『Four Classic Albums』の1枚目。この1枚目には、『The Four Brothers....Together Again!』(1957)と『From A To Z』(1957)を収録。
中身の方は、まあ、特にこれと言った特徴のない、けれども面白みに欠ける訳ではない、スタンダードな名盤。
それを聴き終えたら、昼前だったので、コンビニへ食料調達へ。帰ってきて、昼飯食って、2時間ばかり昼寝。
起きたら14時半を過ぎていた。そういや、読みかけの本、あと少しで終わるな、と想い出して、一気に読了(と言っても数十頁だが)。読み終えたのは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
白川静の『文字逍遥』(平凡社ライブラリー)。漢字学者の著作だが、やや気楽な、「論」と言うよりは「随筆」に」近いもの。けれど、書いてある内容は深い。我々が普段何気なく使っている文字も、どのような起源で出来てきたものなのか、どのように変遷して現在に至るのか、ということが明確にされている。白川静の入門書としても良いのではないかと思う(まあ、本当の入門書は、松岡正剛氏の『白川静 漢字の世界観 』(平凡社新書)だと思うが)。
姉妹編の『文字遊心』(平凡社ライブラリー)も発注済み。
それから、先程のズート・シムズの『Four Classic Albums』の2枚目を聴く。この2枚目には、『Zoot』(1957)と、『Whooeeee』(1956)を収録。発表年が近いこともあって、割りと先の2枚と同じような感じ。熱く焼けるような激情も、踊りだしたくなるようなグルーヴもあまり無いが、これはこれで良し。Discogsの頁には、「Cool Jazz」と分類してあったけど、正にそういう感じ。
それから、音言画ログの次回記事の参考文献として買った、佐佐木崇『日本の神話・伝説を読む―声から文字へ』(岩波新書)を74頁まで読む。う〜ん、面白いけど、音言画ログの次回記事の参考文献にはあまりなりそうにないなあ。まあ、中身見ずに、タイトルだけで買ったのが悪いんだけども...。
そうこうしている内に恒例のラジオ聴取タイムが近づいてきたので、晩飯食う。そんでもって19時〜24時半まではひたすらラジオ聴きながら、どうぶつタワーバトルをやって過ごす。なんか、すごい時間の無駄をしているような気もしないが、まあ良かろう。ということで聴き終わって即就寝。
さて、明日は月イチ恒例の耳鼻科(遠い方)の診察日。また重いCPAP装置を持ち歩かねばならんので面倒だ。とりあえず遅刻しないように心がけよう。

調子徐々に悪化〜またも仕事休む〜寝てるだけの日〜本もCDも消化せず

  • 2018.05.18 Friday
  • 23:59
ということで、また4時半に眼を覚ます。が、なんとか寝なおして6時に起きて飯だけ食って二度寝。8時前に本起床。調子はあまり良くない。
それでもヘルパーさんが来てる間はまだましで、昨日の日記もなんとか書くが、ヘルパーさんが帰って昼飯食って、さて、というところでまたやる気が出ねえ。なんか毎回同じようだな、と思いつつも、仕方ないので、起きたら元気出ているかも知れん、と望みを託して再び寝る。14時頃起きたが、元気出るどころか、余計ひどくなっている。これはダメだ、ということで作業所行くのは諦めて、またも寝る。
次に眼を覚ましたのは、16時過ぎ。今頃になって、ちょっと元気出てくる。晩飯に、ヘルパーさんの作ってくれたおかずだけで足りないのと、食パンが切れそうだったので、コンビニでなく近所のスーパーへ。適当に見繕って買って帰宅。
1時間ばかりどうぶつタワーバトルやって、晩飯。その後は、木曜夜のラジオ番組を2本聴いた後、今度は金曜即ち今日放送のラジオ番組を30分ばかり遅れて追っかけ再生するが、途中で意識が途切れる。いつの間にか寝てたorz。
起きたら、22時半だった。ちょっと早かったけど、もう何をする気にもなれないので大人しく就寝。結局本もCDも消化できず、寝ただけの日だった。明日はもう少しなんとかしたい。

高調子継続〜出勤〜またも本屋へ寄るが...〜音言画ログの次回記事、書き始めるも難航

  • 2018.05.17 Thursday
  • 23:59
ということで、今日もまた4時に目が覚めてしまう。飯食って二度寝。6時半ごろ起きる。しかしこの早朝覚醒もすっかり習慣になってしまったなあ。次回通院日には、薬増量とか何らかの処置を施してもらわないと...。
調子の方は昨日に引き続き良好。とりあえず昨日の日記を書きながら、CD1枚聴く↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
リトル・ウォルターの2枚組シングル曲集『Boom Boom The Singles As & Bs 1952-1960』(Jasmine Records JASMCD 3015/6)
の1枚目。感想は2枚目聴いてから。
そうこうしている内に、時間が来たので身支度して着替えて家を出る。今日も暑い。駅まで出たらすでに汗だくだった。これからの季節は汗かきには受難の日々だ。
途中昼飯食って、作業所着は12時30分。今日の作業は、購入肉を入れる箱、通称肉箱の組立。最初の15分くらいは工作みたいで楽しいが、すぐに飽きる。それでもなんとか頑張って15時15分まで。
帰りはブックオフへ寄る...という誘惑を打ち切って、バスに乗って帰る。読書は、402頁まで行った。本編はすでに終えて、付録の講話に入っている。あと一息で読了!
最寄り駅まで行って、昨日に引き続き本屋へ寄る。昨日、CD買った後で、別の中古ワゴンがあるのに気がついたが、買ってしまった後なんでろくに見ずに帰ってしまった。それの再チェック。
見ると、殆どがレンタル落ちだったが、輸入盤新古品もすこしある。アリアナ・グランデにちょっと心が動く。それからマストドンという名前のバンドのCDが1枚だけあった。マストドン...どっかで聞いた名前だと思って、ぐぐってみたらCDじゃなくて、こちらがヒットした。そういや、しばらく前になんかで知って、登録もした...ような気がする。
改めてぐぐったら、ようやくバンドの方のマストドンに辿り着いた。ヘビメタ系バンドらしい。とりあえず家帰って、Youtubeでもチェックしてからだな。ということで買わず。
その後、昨日買った棚の方を見てみるが、特に動きはない。未だセドリには見つかっていないようだ。
結局何も買わずに本屋を後にする。本当の目的は、これを見るためだったのだが見当たらず。
まるごと新しいのだったら、問答無用で買うところだが、基本的に以前に出たものの増補改訂版だからなあ。一応、中を見てからにしたい。
ということで、スーパー寄って買い物して帰宅。晩飯食って、朝の続きで、リトル・ウォルターの2枚組シングル曲集『Boom Boom The Singles As & Bs 1952-1960』(Jasmine Records JASMCD 3015/6)
の2枚目を聴く。なんか、思ってた音とはちょっと違ってた。結構荒々しくて、力強い音。ハーモニカ奏者だが、歌の方もなかなか味があって悪くない。この手のシカゴブルースは聴かず嫌いしてるのが、結構あるからなあ。ちまちまと追いかけていくべきか。
それから、Youtubeでマストドンの動画をチェック。う〜ん、そんなにヘビメタしてる音ではない。まあ、悪くはないけど、今ひとつ心に響くものがないなあ。300円だったら、出してもいいような気もするけど...。
その後、いよいよ音言画ログの記事を書きかけるけど、すぐに詰まってしまう。やはりまだ構想を練る作業が足りんか。
ということで、23時を回ったのでおとなしく風呂入って就寝。あしたも出勤したい。

なんとか復調〜出勤〜思いがけぬ出費〜結局寝落ち

  • 2018.05.16 Wednesday
  • 23:59
ということで、3時半(!)に目を覚ますが、いくらなんでも早すぎるのでなんとか寝なおして、5時半に起きる。飯だけ食って二度寝。7時頃本起床。なんとか調子は元に戻った。ちょっとダルいけど、休むほどではない。
とりあえず昨日の日記を書きつつ、CD1枚消化↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ロニー・ジョンソン『Playing With The Strings』(JSP Records JSPCD 335)。1925年〜1932年の音源からまとめた編集盤で、さすがに音は悪い。でも中身は良い。自分名義で発表した曲も少しあるが、大半は他のバンドにセッションギタリストとして参加したもの。「他のバンド」はルイ・アームストロングやデューク・エリントンら有名なところから、聞いたこともないマイナーな(当時はどうだったか判らんが)、まで様々。当時から、売れっ子だったのがよく判る1枚。
日記を書き終えて、まだ大分時間はあったけど、今日はなんか電力会社が点検に来る。でも留守でもOK、ということだったので、あまり気にはしなかったけど、髭剃ってる最中とかに来られると面倒なんで、先に身支度を済ます。
それから音言画ログの次回記事の構想を練る。う〜む、今ひとつ考えが纏まらん。一応起承転結で章分けをしてみたが、そのまま書くと「起起転結」になってしまう。少し構成を変えて、また練り直す。そういや、参考文献として買った新書もまだ読んでないしなあ。もうしばらくかかりそうだ。
そのうち、いい時間になったので、電力会社の人はまだ来てないけど(9時半〜12時って書いてあったから、多分昼直前に来る)、放っといて着替えて家を出る。今日から半袖にしてみたが正解。半袖でも暑いくらいだ。
途中昼飯食って、作業所着は12時40分。今日の作業は、金属部品の検品と、それにゴム製パッキンを嵌める作業。この作業は、大概パッキンがキツすぎるか、ユルすぎるか、二択しかないんだが、今日はキツいほう。しかも原因はパッキン側というより金属部品そのものにあるようで、片っ端からパッキンを試してみるが、嵌まらん奴はどうしても嵌まらん。
結局15時15分までやって、5,6個嵌まらない奴が残ったが、見ないふりして作業終了。帰路はまたバス読書。370頁まで行った。残り90頁!
最寄り駅着いて、別に何か買うあてもなかったが、なんとなく店員に諸星大二郎ヲタがいる疑惑の本屋へ寄る。文庫・新書・コミックスの新刊棚だけチェックして、文庫新刊でちょっとおもしろそうのがあったが、だれの作だったか、タイトルがなんだったかも忘れた(日記を書いている今時点でそれらしき文言で検索かけてみたけど出てこん)。ちょっと迷ったが、また別の機会に。ということで、普段あまり行かない隅っこの方を見ると、「中古CD300円均一」とかいう棚が出来てた。
ほほう、どうせカス盤ばっかりだろ、とは思ったが一応チェックしに行く。棚2つ分あって、最初の棚は、Jポップばかりで大したものはなかったが、一番最後の方でイエスの新作?かちょっと前のかがあって、心惹かれたが、やはりジョン・アンダーソンのヴォーカルじゃないイエスではなあ、ということで見送る。
次の棚は、洋楽ばかりだった。これは期待できるかもと思って漁ると、ダフト・パンクの最近のがあった。これは確保。続いてドリームシアターのセルフタイトル盤が。ドリームシアター、まともに聴いたことないんだがなあ、と思いながらも2枚組らしかったので確保。更にサンタナの結構最近のがあった、これも確保。レディ・ガガの新しいのもあったが、これはブックオフの108円均一棚にありそうなんで回避。最後に、テデスキ・トラックス・バンドが見つかった。これは買い、ということで確保。
以上4枚確保して、ちょっと迷ったけどまあ300円(税込)だからということで、4枚とも買ってしまふorz。
結局買ったのは、ダフト・パンクの『Random Access Memory』(Columbia/Sony 88883716862)。2013年作。ドリームシアター『Dream・Theater』(Roadrunnes Records 1686176045)。2013年作。3枚目はサンタナ『Corazon』(Sony Music/RCA 88843-06922-2)。2014年作。最後はテデスキ・トラックス・バンド『Made Up Mind』(Sony Music Entertainment 88883 71162 2)。2013年作。以上4枚。
書店を出て、スーパーへ行く...途中に自販機のある休憩スペースがあるので、そこで今買ったものの検品(ドリームシアターの以外はシールドもしてなかったが)。ドリームシアターのは2枚組は2枚組だったけど、2枚目は5.1chMixのDVDオーディオだった。サラウンド環境のないウチにはあっても仕方ないな(´・ω・`)。サンタナのは、原点回帰ということで、メキシコなどのラテン系ミュージシャンを起用の由。かろうじて、グロリア・エステファンだけ名前知ってた。
4枚とも、日本語のオビが付いてたので、どこかの販売代理店か大きめのレコード屋(昔のワルツ堂みたいな)が輸入盤にオビだけ付けて売ってた類の奴だろう。店が潰れたか、不良在庫を放出したものと見える。
ということで、スーパー寄って晩飯その他を買って帰宅。ポストに、電力会社からの「点検結果のお知らせ」が入っていたが、それを見ると来たのが11時55分だ。案の定昼直前だw。
晩飯食って、なんとなくCD聴く気になれず、ラジオ番組も聴いちゃったし、やることないなあと思いながら、しばらくどうぶつタワーバトルをやって、ベッドに横になってたらいつの間にか寝てたw。
起きたら22時半。とりあえず風呂だけ入って、就寝。さて、明日はピアサポートの病院訪問の打ち合わせがあるハズだったんだが、都合の悪い人が出て、1週間延期になってしまったので、普通に作業所行って作業して帰りますよ。

体調まあまあだがどうにもやる気出ず〜結局仕事休む〜DVDやっと観る〜整形外科通院

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 23:59
ということで、また4時に目を覚ますが、なんとかもう一度寝て5時半に起きる。飯食って二度寝。7時半本起床。体調はまあまあ。
とりあえず昨日の日記を書きつつ、ヘルパーさん対応して、昼飯食って、さて、と思ったがどうにもやる気が出ぬ(ヘルパーさんの来る日はこのパターンが多いな)。12時頃まで頑張ってみたが駄目だった。諦めて仕事休む。
昼寝しようとしたが眠れないので、音言画ログの次回記事のネタを拾うべく、ネット上をさまよってみるが、あまりこれと言った情報がなかった。ちょっと、方向修正をする必要があるかも知れぬ。
それから昨日観ようとして5分で挫折したDVD、ようやく観る↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
上原ひろみソニックブルーム『ライブ・イン・コンサート』(ヤマハミュージックパブリッシング YMPDVD-2)。この前観たのはソロライヴだったが、こちらはピアノ&キーボード、フラット&フラットレスギター、ベース、ドラムの4人編成。どの人も超絶テクの持ち主で、1曲に1箇所くらいは見せ場がある。普通ライヴと言えば、それなりに静と動というか、アクセントがあると思うのだが、これは1時間45分、ノンストップでハイテンションな演奏が続く。体調の悪いときには観るのしんどいかも知れない。
観終わったら、16時だった。本当は昨日整形外科へ行くはずだったのが、すっかり忘れていた。今日薬を服もうとして、なくなっていたのでそれに気づいた次第。診察券を見ると、午後診は16時半からとなっている。とりあえず着替えて、16時半数分前に家を出る。病院へ到着したら16時半ちょうどだった。すでに開院していて、待合室もなんとか座れる程度に混んでいる。
そんな状況なんで、診察順もなかなか回ってこない。やっぱり、ちょっと早めに来るべきだったか、と思いながら本を読んで待つ。
30分位は待ったろうか。ようやく呼ばれて診察室に入るが、「どうですか〜」「10000歩くらい歩くと痛いです」「じゃあまた同じの出しときますね〜」で、10秒位で診察終了。
またしばらく待って、処方箋を貰う。薬局行って薬貰って、そのまま帰...らずにコンビニへ。ミネラルウォーターが切れていたので。またしてもおやつを買ってしまう。まあ、200kca以内のお菓子だがな。
帰って夕食。その後、日曜夜のラジオ番組を2本、月曜夜配信のWebラジオを1本聴く。その後、整形外科で読みかけて中途半端で終わっていた本を、章の終わりまで読む(と言っても数ページだが)。346頁まで進む。あと100頁弱!
そうこうしている内に23時を回ったので、しばらくTVを見た後、風呂入って就寝。さてあしたは出勤せねば。

寝たり起きたり、の一日〜参考文献届く〜DVD観ようとして挫折

  • 2018.05.14 Monday
  • 23:59
ということで、またしても4時半に起きる。朝飯食って二度寝して6時本起床。
体調はややしんどい感じ。結局ベッドに戻って三度寝。7時半に起きたらなんとか体調は戻っていた。
とりあえず、昨日の日記書きながら、CD1枚消化↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
デューク・エリントンの3枚組ベスト盤『The Real... Duke Ellington The Ultimate Duke Ellington Collection』(Columbia/Sony Muisc 88691960702)の2枚目。う〜む、耳に優しいというか快適な音だが今ひとつ印象が薄い感じ。とは言っても、それが音楽の持つ性質なのか、聴いている俺の方に問題あるのかはよく判らん。再聴が必要か。
日記書き終わって、CDも聴き終わって、さて、ということで何かしようか?と思ったが何をすればいいのか思いつかん。結局はベッドに戻ってまた寝直す。12時半ごろ起きる。
さて、また飯を調達にコンビニまで行くか?と思ったが、コンビニ飯もいい加減飽きた。それに、コンビニには売ってない野菜ジュースも切れていたので、近所のスーパーへ行くことに。あのスーパーの弁当・惣菜類はあまり美味しくないので普段は避けるんだが...。とりあえず行って適当に見繕って買って帰宅。
ポストにamazonのマケプレへ注文した新書が届いてた。佐佐木隆『日本の神話・伝説を読む―声から文字へ』(岩波新書)。音言画ログの次回記事の参考文献として買ったのだが、ぺらぺらめくってみた感じでは、参考文献になるかどうか微妙な感じ。まあ、通読してみないとなんとも言えんが...。
とりあえず昼飯。しかしスーパーで買ったサンドイッチは案の定あまり美味しくなかった(´・ω・`)。
飯食った後は、昼寝(また寝るのかよ)。14時前に起きて、そうだ先日落札した上原ひろみのDVDでも観るか〜と思って観始めたが、5分もしない内に眠たくなって、寝落ちしそうになったので、これはダメだ。と思って再生停止してまた寝る。
18時頃起きて、晩飯。晩飯用に買った弁当も案の定あまり美(略
さて何をしよう?と思ったが、何もする気にならん。音言画ログの次回記事について少し考えたが、どうもうまく考えが進展せん。結局、どうぶつタワーバトルやりながら20時ぐらいまでだらだら過ごして、いつの間にか寝てた。
23時半ごろ目を覚まして、結局本格的に寝る。ということで、寝たり起きたりの日だった。明日はなんとか作業所行ってまともに過ごしたい。

多少しんどいがなんとか回復〜お見舞いに行く〜バスで帰る

  • 2018.05.13 Sunday
  • 23:59
ということで、今日はなんとか5時半まで眠れた。例によって飯食って二度寝。7時に起きる。
体調は昨日ほど悪くはないが、結構しんどい。お見舞い行くかどうか迷う。幸い、家を出るのはいつもの帰省より後でいいんで(面会時間が13時からなんであまり早く行っても仕方ない)、パソコン見たり、またベッドで横になったりして回復を待つ。
そのうちどうやら家を出るだけの元気は出てきたので、身支度して着替えて、雨の中家を出る。例外事項その1を適用してバスにのっても良かったのだが、あいにくバスの谷間だったんで、相当待たないと乗れない。雨の中、バス停で突っ立って待つのも嫌だったんで、駅まで歩く。つい薄着をしてきたが、結構寒かった。もう少し厚手のシャツで良かったな...。
往路はこれということもなく終わる。地元の駅まで着いて、とりあえずは昼飯だ、ということで飯食う。食い終わったら13時だったが、時間ぴったりに行くというのも嫌だったので、待合室で缶コーヒー(暖かいの)飲みながらちょっと食後の休憩。
13時30分くらいに病院へ。母は幸い元気そうで顔色も良かった。あいかわらず足は痛いみたいだが。
あれこれと話をして、あんまり長い間居るのも間が持たないんで、適当な時刻に引き上げる。復路もこれといったこともなく終わる。往復で本を読んで298頁まで進む。後一息...というにはまだ残り多いが、終わりは見えてきた!
最寄り駅まで着いて、バス時刻を見ると、7,8分後には発車だった。雨はやや小降りになったといえ、まだ降っている。スーパーに買物しに行きたかったが、行ってるとバスに間に合わん。スーパーは諦めて大人しく例外事項その1を適用してバスで帰宅。
飯食ってから、昨日の日記を書きつつ、CD1枚消化。聴いたのはジーン・アリソン&ロスコー・シェルトン(共演ではなくその2人の曲が一緒に入っているだけ)の『You Can Make It If You Can』(Black Magic Records BM 9204)。ロスコー・シェルトン9曲とジーン・アリソン14曲入り。音の方は地味目のソウルというかリズム&ブルースというか。まあ、それなりに味わいはある盤だった。何故か日amazonには取扱がなかったので(米amazonにはあった。タイトルが『You Can Mae It You Can Try』になってたので探すの大変だったけど)、画像は貼れず。
そんなこんなで一日終わって就寝。さて、明日は作業所が事務日で作業ないので実質休み。どっか出かけたいところだが金もないし、比較的金のかからなさそうな美術館・博物館は基本的に平日月曜はお休みだ。家でゴロゴロしているか...。

超調子悪い〜見舞い順延して家で寝る〜午後からようやく回復〜ラジオ聴取に空いた穴

  • 2018.05.12 Saturday
  • 23:59
ということで、またしても4時半には目が覚めてしまう。まだ眠ろうと思って、なんとか眠ったが、それも1時間くらいで、6時前には起きる。飯食って、二度寝しようとしたが眠れない。
調子は...悪い。今日はメンタル面じゃなくてフィジカル面が。どこがどう、というのはないのだが、とにかくしんどい。今日は入院している母親のお見舞に行くつもりだったので、1時間くらい粘ってみたけど、やっぱり駄目。結局ベッドに戻って12時半ごろまで寝る。
起きたら、ちょっと元気出たけど、今から出かけるのは遅すぎる。お見舞いは明日に順延することにして、コンビニまで食料調達に。帰ってきて、昨日の日記を書きつつ、昨日聴きかけて止めたCDを聴く↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
おなじみMembranの10枚組箱『Cajun & Zydeco Milestones Of Legends』(Intense Media 600352)の10枚目。この箱もようやく最後まで来たか...。でもそのせいで、ほぼ同時期に買ったサム・クック箱まだ1枚も聴いておらん。次は集中して聴くようにしよう。さてこの10枚目には、クリフトン・シェニエを27曲収録。これもまたどっかからコピーしてきた奴か?と思ったら案の定Jasmineから出ている『Clifton Chenier's Rockin' Accordion』というCDと全く同内容。うぬーMembranめ〜。
ということで苦々しい思いで聴き始めたのだが、内容は良い。ちょっと荒い感じのする、それこそ「Rockin' Accordion」と言う名に相応しいロックなサウンドでかっこいい!。
他にもCD欲しいなあと思って、主要通販サイトを見て廻る。かなりの数のアルバムが出ているが、何故かみんな高価い。Dodaxとかでも、1000円以下のアルバムなんて殆ど無い。あっても、収録曲10曲とか、そんなコスパの悪いCDだ。う〜む、地道に中古レコ屋を探すしかないのか...。
調子に乗って、10枚組箱をもう1つ。今回は↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
おなじみMembranの10枚組箱『Ballroom Dancehall』(Membran 231880)の2枚目。この2枚目は、キャブ・キャロウェイ18曲。もちろん「Minnie The Moocher」も入ってます。ていうか、それぐらいしか知らんのだが。聴いてみると、なんか独特の「濃い」感がある。甘ったるいココアを飲んだ後のような。CD1枚通して聴くと、ちょっと胸焼けする感じだなあ。まあ、嫌いではないけど。
さて、CD2枚聴き終わって、日記も書き終わったので、晩飯食って、恒例のラジオ聴取タイムだが、今日はいつも聴いてる3時間番組が1時間に短縮版、ということで2時間余ってしまう。とりあえず普段はタイムフリーで聴いてる番組の順序を変えて、2時間穴を1時間半まで短縮したが、それ以上は無理だった。仕方ないので、空き時間中に風呂入る。
風呂からあがってきたら、なんか眠たくなって寝落ちしそうになったが、なんとか24時半まで聴き通す。終わったら、即就寝。
さて、明日はなんとか体調回復して、お見舞いにいけるといいなあ。

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

人気ブログランキング

accses counter

アクセス解析

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM