調子良好〜謎プロジェクト第1回本番はさすがに緊張〜喫茶店で駄弁る〜またも派手に寝落ち

  • 2018.06.21 Thursday
  • 23:59
ということで7時起床。調子は良い。
さて、今日はいよいよ謎プロジェクト第1回本番。12時30分某所に集合、の予定なんでまだまだ時間がある。
とりあえず昨日の日記書きながら、CD1枚消化↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ユーリズミックスの『Greatest Hits』(RCA/BMG Records PD74856)。ユーリズミックス、「Sweet Dreams」、「Here Comes The Rain Again」といった初期の曲は大好きだったのだが、何故か最近までまとめて聴こう、という気にならなかった。このベスト盤も、なんかの時に(ブックオフだったっけ?)500円かそこらで買ったもの。しかも買ってから相当の期間、熟成させていた。いざ聴いてみると、やっぱりいい曲ばかり。なんで今まで聴かずに放置していたんだろう?という1枚。
まだ時間はたっぷりある。昨日寝落ちして、風呂入らずに寝てしまったので、風呂...はまだ風呂桶に水はったままなんで、今日もシャワーだけ。この風呂桶の水、いつまではった状態にしておくべきか?まあ、最低でも1週間は必要だろうなあ。
そんなこんなで時間が迫ってきたので、身支度して着替えてちょっと早かったけど、家を出る。集合場所へは集合時刻の1時間くらい前には着いてしまった。しかし、まだ昼飯を食わねばならぬ。
集合場所近所の喫茶店へ入って、サンドイッチとアイスコーヒーで軽めの昼食&時間調整。それから店を出て。集合時刻の15分前には集合場所についた。謎プロジェクトメンバー3人の内1人は、既に来ていた。挨拶をして、残り1人を待つ。やがて、残り1人も来た。後は、職員さんを待つだけ。
その職員さんも、集合時刻5分前くらいにでかい車で来る。謎プロジェクトの場所はかなり遠い。最初の案では電車+バスで移動する予定だったが、最終的には車で向かうことに。
道中色々と喋りながら、1時間弱くらいかかって、謎プロジェクト場所に着く。が、それから何をしたかは当然謎であるw。まあ、今回は第1回ということで、あまり大したことはしていない。それでもやはり緊張していたらしい。そんなに暑くもないのに、やたらと汗をかく。緊張すると汗をかくんだよな>自分。
2時間くらいかけて、無事?第1回は終了。また車に乗って、出発点へ戻る。そこで職員さんとは別れて、3人だけ残る。誰からともなく、お茶しよう、ということになって近所の喫茶店へ。また2時間くらい駄弁った。
ということで、来週...は謎プロジェクトお休みなんで、再来週またね、ということで解散。自分は最寄り駅戻って、スーパーで買い物して歩いて帰宅。
昨日、聴きかけて寝落ちしてしまったアルバム、iPodに入れて今日の駅までの往復できちんと聴いたので、ここで書いておく。聴いたのは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
スピリチュアル・ベガーズ『Demons』(Trooper Entertainment/Savage Messiah Music XNTE-00034)。う〜ん、今ひとつ地味だなあ。盛り上がりに欠けるというか...。まあ、繰り返して聴いていれば良くなってくるかも知れんが。国内盤ボーナストラックのライヴ6曲はなかなか熱くて良かった。
夕食食った後、洗濯物が貯まっている、ということで洗濯する。さすがに、ちょっと疲れを感じたので、ベッドで横になる。そのうち、洗濯機が洗濯終了音を鳴らしたので、ああ、干さなきゃ...と思いながらつい、ウトウト→熟睡zzZZZZ...寝落ちたorz。やっぱり、疲れが溜まっていたんだろうなあ。
起きたのは23時前。即就寝...と思いかけて、かろうじて洗濯物を干さねばならぬのに気がつく。超面倒くせえと思いながら、仕方ないので洗濯物干して、就寝。
さて、明日は出勤しておきたいな。なんだかんだで、今週1日しか出勤していない。まあ、月曜は地震だったし、今日は謎プロジェクトだったし、そういう意味では出勤可能なのは火水の2日だけだったわけだが。
あと、精神科も忘れずに行っておかねば。その後はディスクユニオン...なんか行かないぞ、行かないぞ、絶対に行かないぞ!

調子良い〜CD3枚連続消化〜出勤〜なんとか最後まで〜キャンドゥでスマホ用外付けレンズ他買う〜帰宅後早速試してみるも...〜CD4枚目消化...の途中で寝落ち

  • 2018.06.20 Wednesday
  • 23:59
ということで、7時本起床。調子は良い。今日はモチベーションの低下もなさそうだ。
昨日の日記を書きながら、CD3枚連続消化。1枚目は↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
「Daughters Of Texas』(P-Vine Records PCD-2358)。上のジャケ写、俺が持ってるのとは微妙に違うんだが...。まあ、中身は同じようなんで貼っとく。
テキサス出身の女性ヴォーカリスト8人13曲の、ロイ・C・エイムズ音源からのコンピ盤。内容は、ルー・アン・バートン2曲、ケリー・リー&ザ・ブルー・デヴィルズ1曲、キャシー&ザ・キロワッツ2曲、ダイアン・コルビー2曲、ビッグ・マーサ2曲、ジャニス・ジョプリン2曲、ジャネット・ウィリアムズ1曲、ラヴェニア・ルイス1曲。
まあ、大半の人は、ジャニス・ジョプリンの2曲(初録音らしい)の2曲目当てで買うと思うが(俺もその1人だが)、確かにジャニス・ジョプリンの声だが、はっきり言ってイマイチ。特に収録曲2曲の内1曲は、『Janis』という2枚組に収録されている初期録音と同じモノ。なんで、実質1曲のために買ったことになるorz。
その他のメンバーも、どちらかと言うと地味めな曲が多く、あまりお薦めできないCDだった。
2枚目は↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
スウィング・ジャズ時代に活躍したバンドリーダー/ドラマー、チック・ウェッブの仏Classicsから出ている時系列順全曲集の1930年代後半盤『1935 - 1938』(Classics 517)。なかなかかっこいい音。さすがにドラマーだけあって、時々挿入されるドラム・ソロ部分は盛り上がる。もっと聴いてみたいが、単独CDは(活動期間が短かったこともあって)、あまり出ていない。同じく仏Classics盤がもう1枚出ている。あと2,3枚あるがどれも高価い。エラ・フィッツジェラルド絡みのは結構沢山出てるけど。
3枚目はガラッと変わって⇣

(画像クリックでamazonに飛びます)
モモーイこと、桃井はるこのアルバム『へんじがない、ただのしつれんのようだ』(Akihabara Love Records AKCA-1001)。桃井はるこは、ベスト盤を聴いたことはあるが、単独盤は初めて。さすがに面白い。ちょっとテクノ・ポップ調の曲あり、オーソドックスな恋愛ソングありで、なかなか多彩。ドラクエの名台詞(?)をもじった表題曲は結構好き。
ということで、CD3枚立て続けに聴いて、日記も書き終わったので、出かける支度をする。今日は、昨日のようなモチベーションの低下は感じない。やはり、調子が悪くなってくると、起こるみたいだ。WRAPノートの、「調子が悪くなってきている時のサイン」に追加しておこう。
家を出て、バス停まで行ったら発車時刻3分前だった。今日は雨だしいいか〜、ということでバスに乗ることにして待つ。6分遅れくらいで来たバスに乗って最寄り駅へ。途中昼飯食って、作業所着は12時30分くらい。雨のせいか、人が少ない。作業は、タオル絡み。前半は、畳んで熨斗紙巻いて袋に入れ済みのものを、セロテープ止めする作業。後半は、また別種のタオルの畳み作業。まあ、どうってことない作業なんだが、ちょっと疲れるな。ということで、15時15分まで。
帰りは、昨日書いたキャンドゥで売ってるスマホ用外付けレンズと三脚を求めて、一番近い、阪急塚口さんさんタウン1番館3階のキャンドゥへ。あまり大きな店でないんで、置いてあるかなあと思いつつ、携帯アクセサリのコーナーへ行くと、ありましたよ。広角/マクロレンズと、ネット上では言及されていなかった魚眼レンズも。そしてスマホ用三脚。当然3品揃いで購入。それでも324円(税込)!
とりあえず、開封を楽しみにしながらスーパー寄って食料品を買って、つい2リットルのミネラルウォーターまで買ってしまって、荷物が重い上に雨もまだ降っていたので、帰りもバスで。
帰宅して、飯食ったあと、さっそく買ってきた3品を開封(ていうか三脚は台紙に銀色のモールで3箇所止めてあっただけなんで、開封ですらない)。まずレンズの方の中身は、レンズ本体とレンズキャップと、持ち運び用の巾着袋まで付いてる。マクロ/広角レンズは、レンズが2つに別れていて、2つ一緒にセットすると広角、1つだけセットするとマクロ、という感じ。詳細はいずれ音言画ログのほうに書くけど、結論だけ言うと、「まあ、値段を考えるなら良いほう」、というところ。
一方の三脚、これは脚の上にスマホをセットする部分が着いており、スマホセット部と脚部の間に回転部分があって、スマホを180度以上動かせる。更に脚は伸ばすことも可能!とにかく、安定感があって、脚を伸ばしたときでもしっかり立つ。更にオールプラスチック製ではなく、重要な部品は金属製。うん。これは大当たりだわ。500円くらいなら出してもいい感じ。
そんな感じで戦利品を一通り見てみた後、もう1枚くらいCD聴こうか、と思ってCD棚を漁ると、なんか見慣れないCDが出てきた。見てみると、スピリチュアル・ベガーズの『Demons』(Trooper Entertainment/Savage Messiah Music XNTE-00034)というアルバム、あれ?こんなの買ったっけ?と思って、日記を検索してみると、今年の2月に買ってるやん!まだ半年も経っていない。それで忘れてしまうとは...orz。
まあ、いいや。ここで聴いてしまおう、と思って聴きかけるが、ちょっと横になりたいなあ、でも横になったら寝落ちしそうだしなあ...と迷ったが、結局ベッドの誘惑には勝てず横になって、そして案の定寝落ちorz。
起きたら23時を回っていた。眠剤だけ服んで即就寝。
さて、明日は謎プロジェクトの第1回本番。どういうことになるか...。

快い目覚め〜調子はイマイチ〜とりあえず出かけたものの...WRAPノート試行錯誤〜夜はグループLINEで盛り上がる〜物欲全開

  • 2018.06.19 Tuesday
  • 23:59
ということで、昨日の夜は寝落ちしたぐらいだから眠れるだろう、と思っていたら案の定、速攻で寝入って、朝までぐっすり寝ましたよ。でも、起きてみると、調子はイマイチ。
さて、7時に起きて、ヘルパーさんが来るまで2時間弱あるので、昨日の日記書きながら、CD1枚消化。聴いたのは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ジェリー=ロール・モートンの仏Classicsから出ていた時系列順全曲集のうちの1枚『1930 - 1939』(Classics 654)。正確には、1,2曲目がウィルトン・クロウリー・アンド・ヒズ・オーケストラ名義、3〜8曲目がジェリー=ロール・モートン・アンド・ヒズ・レッド・ペッパーズ名義、9〜12曲めおよび21,22曲目がソロ名義、13〜20曲目がジェリー=ロール・モートンズ・ニュー・オーリンズ・ジャズメン名義で発表されたもの。
いわゆるスウィング・ジャズ全盛期の録音で、これも典型的なスウィング・ジャズ。清々しい朝に聴くのに、ふさわしいCDだ。仏Classicsからは、これ以外に1920年代のCD5枚が出ているが、見つけるのは困難だろうな。amazonのマケプレでは恐ろしい値段が付いてるし。
さて、ヘルパーさんが来る時刻が迫ってきたので、CD聴くのはそこまでにして、日記書きを続行。しかし、いまさらながら昨日は冷静だったなあ、と思う。まあ、阪神淡路大震災を経験してるから、というのはあると思うけども。
などと書いていると、余震が来る。震度3弱、というところか。ちょっと怖かった。
やがてヘルパーさんが作業終えて、帰っていかれたので、日記も書き終えたし、昼飯食って、さて。というところでまたもや最近よくなるモチベーション低下現象が。どうにも作業所行く気にならん。
今日は銀行と郵便局も行っておきたいし、ここ3日ばかり便秘気味ていうか便秘なので(俺の場合滅多にないのだが)、便秘薬も買っておきたい。
とりあえず、作業所行くかどうかは保留にして、身支度して、着替えて、最寄り駅まで行くことには成功する。銀行行って、郵便局も行って。
この時点で、即電車で移動すれば作業所午後の分、後半1時間に間に合うところだったのだが、やはりどうしても行く気力が出ねえ。しばらく駅の改札前で立ったまま葛藤し続けたが(傍から見たら「あいつなにそんなとこに突っ立っているんだ?」状態だったと思うが)、やっぱりモチベーションを上げることが出来ず作業所行きは諦める。
とりあえずスーパーの薬売り場へ行って、便秘薬を探す。と言っても、便秘薬買うのは初めてなんで、どれがいいのか判らない。最近TVCMでよくやってる酸化マグネシウムのはあったけどちと高い。結局、ゼリア新薬工業の『新ウィズワン』というのが、食物繊維+生薬で体に優しそうだし、値段も割と安かったので購入。
それから本屋寄ってWRAP用のノート探す。この前買ったのは、ちと大きすぎて持ち歩きにくい。ということで、かなり小さめなサイズのを買ってみましたよ。スーパーのポイントが貯まっていたんで、実質ゼロ円。
ちょっと喫茶店寄って、アメリカンコーヒーMサイズと菓子パン(ダイエット中なのに...)で休憩&読書。と言ってもなかなか進まない。結局218頁までしか行かなかった。この本難しいわ。
ということで、しとしと雨の中家まで歩く。帰宅後、買ってきたWRAP用ノートに、古い方の内容を移し書きするが...、このノート、小さすぎて書きづらいorz。う〜む、以前買ったのと、今回買ったのの中間サイズくらいがベストか。ノートのサイズから試行錯誤するとは。さすがWRAP、奥が深い(違。
とりあえず夕食食って、食後に便秘薬も服んでみる。さて、効くかな?それから謎プロジェクトでやっているグループLINEで、現状のモチベーション低下を嘆いたら、いろいろとアドバイス貰った。有り難い。そのままなんか話が違うほうへ行って、気がついたらamazonでスマホ用外付けレンズを探してた。な、何を言っているのか分からねーと思うが(略
ボケはそのくらいにしておいて、スマホ用外付けレンズだが、検索してみると山のようにある。価格は990円から高いものでも3000円以内。意外と安いな。気になったのを、片っ端から「ほしいものリスト」に放り込んでいったら、最終的に12個になった。この中から選ぶのがまた大変だ(もうすっかり買う気になってる)。
さらにamazon以外で、検索かけてみたら、意外なものが見つかった。それはキャンドゥ(あの百均ショップのキャンドゥです)で売ってる、広角+マクロレンズのセット。当然108円! それに意外に高評価が付いてる。まあ、画質は価格それなりだと思うが、ブログのネタにでもなれば良いか、ということで明日以降ちょっと探してみよう。キャンドゥ、どこにあったかなあ。
そんなことをしているうちに、なんかお腹が痛い、とまではいかんで、違和感があると思ったら、お通じがありましたよ。服んで数時間で効くとは!便秘薬半端ねえな。
そうこうしているうちに23時を回ってしまったので、おとなしくシャワー浴びて(風呂桶は万一のときのためにまだ水はったままなので使えない)、就寝。
さて、明日は調子はどうかのう...。

調子まあまあ〜そして7時58分が...〜ひたすらTVとネットにかじりつく〜勇気を出してコンビニまで〜病院と調整〜昨日の日記書く〜こんな時でもCDは届く〜シャワー浴びようとしたら...〜こんな状況でも寝落ち

  • 2018.06.18 Monday
  • 23:59
ということで、7時本起床。調子はまあまあ。あさイチ恒例のコーヒーを飲もうとして、簡易ドリップ式のそれを切らしていることに改めて気付く。昨日の段階で気付いていて、夕方近所のスーパーへ調達しに行こうと思っていたのに、忘れていた。仕方無しに近所の自販機で缶入りブラックコーヒーを買ってきて飲む。
それも飲み終わって、さて、昨日の日記でも書こうかと思った7時58分、それは何の前触れもなくやってきた。縦揺れとも横揺れとも言えない、激しい震動。そしてそれを追いかけるように鳴る携帯の緊急地震速報。DKの方で、積み上げていたCDと本の山が崩れ落ちるのが見えた。何も考える暇こそない、5秒だったか10秒だったか定かでない震動がようやく静まって、しかし、自分は案外冷静だった。まずは出口確保ということで、CDと本の散乱しているDKを横切り、玄関のドアを開けて近所の様子を確認。すでに家の外に出て、立ち話しているおばちゃんを見て、いったんはドアを開放したままにする。
それから、最近頻繁にやり取りしている謎プロジェクトのグループLINEに書き込み、Twitterに書き込み、こんな時だが、ネットに依存している自分を改めて認識。
TVのチャンネルを一回しして、やはりNHKに落ち着く。震度は...5弱だった。そんなもんか。阪神淡路大震災の時は、もっと揺れた感覚があったが、あの時は震度6くらいだったか。
ようやく、事態を認識してきて、さて、まず何をするか考える。とりあえず母に連絡しようと思ったが、携帯は案の定繋がらない。固定電話でかけて、ようやく無事を伝える。
CDと本の散乱しているDK、今片付けてもまた余震で崩れるような気もしたが、玄関までの通路上に散乱しているので、とっさの時に通りづらい。とりあえず仮復旧する。本はともかく、CDは無事か?と思ったが、低い山(^^;が崩壊しただけなので、殆どは無事だった。唯一、CD棚の上に置いていた、ワルターのマーラー交響曲名演集が、5枚組を通常の2枚組の厚さの特殊ケースに入れたものなのだが、3つのパーツがばらばらになって、CDも散乱していた。なんとか元通りにする。
それから水とガスの供給を確認(ガスの方は不完全だったのだが)。なんとか落ち着いてきて、TVに向かう。時たま、ネットもチェックしながら。
今日は、某病院で睡眠時無呼吸症候群の月イチ検査の日だったのだが、当然ながらアクセス手段がことごとく運行停止。診察は15時30分からなのだが、この分では行くのは難しいかも知れぬ。
兄からLINE来る。地震発生時は高速を走行中で、まったく地震に気づかなかったとのこと。
9時半ごろだったと思うが、通っている作業所から安否確認の電話が来た。今日は作業所閉所とのこと。まあ、どっちみち通院で行けない日ではあったのだが。
10時半頃になって、今日の食料をどうしよう?と考える。コンビニは、下手すると既に商品売切れているかも知れない。冷凍食品は2日分くらいは備蓄があるものの、それにはなるだけ手を付けたくない。
様子を見て、コンビニまで出かけることにした。コンビニまでの道中は、特に変わった様子もない。公園では子供が遊んでるし(休校になったのか?)、建築現場では重機が動いて、みんな何事もなかったように作業してるし。
コンビニに着いたら、食料を買い占めよう...という人だかりはなく、いつもどおりの客足で、いつもどおりの商品が並んでいる。ただ、ミネラルウォーターのみ売り切れていたが、ここのコンビニではよくあることなんで、地震のせいかは判らぬ。
とりあえず今日一日の食料と、お茶の2リットルPETボトルと、冷凍食品2,3を買って帰宅。
早めに昼食を済ませ、TVの交通事情を見る。12時半になっても、一向に復旧する兆しが見られなかったので、今日の通院は無理だ、と諦める。病院へ電話して(相変わらず携帯は繋がらないので固定電話で)総合受付へは通じたものの、肝心の耳鼻科は通話中で繋がらなかった。「改めておかけ直してください、ただし昼休み終わってから」と釘を差される。
13時半くらいまで待って、改めて電話。今度は通じた。「今日は行けません」というと、じゃあ次の予約を取りましょう、という話になって、7月9日(月)に予約を入れてもらう。その後、電話を腎臓内科の方に回してもらって、今日耳鼻科のついでに受けるはずだった検査をどうしましょう?という話になって、それならもう次の土曜日に診察受ける前に検査してもらう、今までのやり方で行こう、ということになる。検査結果が出るまで、待つことになるが、せいぜい1時間くらいだし。別に良いや。
それから、ようやく少し落ち着いたので、昨日の日記を書いて投稿。早いめに夕食を済ます。またTVとネットにかじりついて、時間を過ごす。18時半過ぎに、届け物が来る。先日配達された時に(家に居たのに...おそらく爆睡中(^^;)不在扱いになっていたものの再配達だ。19時〜21時で指定したんだがな...。まあ、こんな状況だし、届いただけでもありがたいと言うべきか。
届いたのは、タワーレコードオンラインのクリアランスセールで買った国内盤2枚。1枚は、ボビー・マーチャンの『ゼアーズ・サムシング・オン・ユア・マインド』(Spheae Sound Records/P-Viine Records PCD-23793)。紙ジャケ。Fireレーベル音源からの18曲で、オリジナルアナログ盤にボーナストラック6曲を追加収録したもの。
2枚目は、1950年代の女性ブルース・シンガーの曲を集めたコンピ盤『ブルース・ディーヴァ1950’s』(Modern/Kent/P-Vine Records PCD-3062)。収録内容は、ヘレン・ヒュームズ4曲、リトル・エスター2曲、ゾラ・テイラー2曲、リンダ・ピーターズ2曲、ドリー・クーパー6曲、ドナ・ハイタワー8曲、計24曲収録。名前を聞いたことのあるの、最初の2人だけで、あとは全く知らない人ばかり。それはそれで楽しみ♪。
20時半くらいになって、ちょっと早いけど、風呂...は万一に備えて水がはってあるので、シャワーだけ浴びて済まそう、と思ったら、お湯が出ねえ...。そうだ!最近のガスメーター(最近でもないか)は地震あったら自動的にガス止めるんだったわ、と気付いて、一旦服着て、玄関から出てガスメーター見ると、果たして赤いランプが点滅している。
たまたま持っていたLED懐中電灯で、ガスメーターに取り付けてある解除方法を読み、解除ボタンを押して3分待って、ランプの点滅が消えたのを確認して、お湯が出るのを確認。やっとシャワー浴びる。
それから、昨日の深夜のラジオ番組2本、今日配信のWebラジオ2本を聴くが、Webラジオ2本めの途中で寝落ちしたorz。この状況で寝落ちするとは、俺も案外肝座ってんな、と思いながらもう一度聴き直し負えたら、23時を回っていた。眠剤服んで即就寝。
さて、明日は出勤できるかしらん。その前に電車が回復するかだな...。

調子はまあまあ〜3日分の日記を書く〜土曜の聴けなかったラジオを聴く〜やっぱり寝落ち

  • 2018.06.17 Sunday
  • 23:59
6時半本起床。調子はまあまあというところか。とりあえず、木金土と溜まった日記を書いていく。お供として、聴いたCDは計3枚。まず2枚は↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ザ・シュープリームスの2枚組ライヴ盤『At The Copa』(Motown/HIP-O-Select 0602527966854)。1枚目1曲目〜15曲目は、オリジナル・アナログ盤と同じ内容で、ステレオmix。。16曲目〜25曲目は、モノmix(一部の曲のみ収録)。2枚めは、「At The Copa Revisited: The Complete Show」と題されており、いつのライヴのものか判明しないが、約1時間あるノーカット版。全盛期の彼女らのライヴとあって悪い訳もなく満喫できる2枚。
もう1枚は先日聴いたドリーム・シアターのセルフタイトル盤2枚組の、「5.1ch Mix」と題された2枚目だが、再生してみると、CDではなくDVDでした。しかも映像なしの音声のみの。
そりゃ、DVDなら5.1chサラウンドも可能だわな。家では無理だけど...orz。
そのうち、昼飯時も近づいたので、日記書きは中断して食料調達にコンビニまで行く。帰ってきて、昼飯食った後、どうにか3日分の日記を書き終えて投稿する。
その後、1時間半ばかり昼寝。起きたら15時だった。それから土曜日聴き逃したラジオ番組3本をまとめて聴く。
終わったら、16時半だったので、ちょっと早いが晩飯にする。その後、適当にTV見たりネット見たりしている内にまた寝落ち。起きたら23時過ぎだった。もう何をする元気もなくそのまま就寝。
さて、明日は睡眠時無呼吸症候群の月イチ検査の日だが、どうなることか?

木曜:調子良い〜謎打合せ〜色々更新〜帰宅後日記書く(兼CD消化) 金曜:帰省往路はトラブル続き〜退院〜力尽きて寝る 土曜:色々あったがなんとか終了〜復路〜ラジオ聴取途中で力尽きて寝落ち

  • 2018.06.15 Friday
  • 23:59
ということで、木曜は6時起床。早くに出かけなければならないので二度寝はなし。調子は良い。身支度して、謎プロジェクト謎打合せのために出かける。
開始時刻10分前に施設に着いたら、残り2人はすでに来ていた。予定時刻5分前に打合せ開始。今日はなんか緩いノリで、勉強会というより、雑談プラスといった感じだった。
11時半までやったところで、いったん勉強会は終了して、いよいよ来週に迫った謎プロジェクト本番のためのIDカードおよび名刺作成。しかし、なんとかPC上での作成作業(Windows触るの何年かぶりなんで緊張したわ)は終わったものの、印刷する前に予定時刻はオーバー。後は来週までに職員さんがなんとかする、という事で終了。解散
その後は、先週同様、近くの喫茶店にてランチミーティング。雑談に終始してしまった前回の反省から、今回はまず勉強会の振り返りから初めてそれから雑談、という予定だったのだが、先に昼飯食うので、食べてる途中に振り返りはやりにくい。
それで食べながらなんとなく雑談が始まって、昼食終了後もそのまま雑談突入。前回を上回る、ほぼ2時間ほぼ雑談。まあ、ちょこっとWRAPの話とかはしたけど、謎プロジェクトそのものには関係ない。
振り返り+雑談を終えて、喫茶店を出る。1人とはその場で別れて、もう1人とは最寄り駅まで一緒に帰る。
そこで別れて、さていよいよ障害者手帳および障害者自立支援精神通院受給者票(長い)の更新へ。以前は市役所の支所へバスに乗っていかねばならなかったのだが、この最寄り駅に、各支所の機能を統合した施設が出来たので楽だ。
5分ばかり待って、更新手続きに入る。書類を3枚ばかり書かされて、印鑑も押しまくる。しかし我ながら汚い字だ。やっぱりペン習字受講すべきか...。
とりあえず30分くらいで、手続きは終わる。が、終わったのは手続きだけで、実際の更新は、市側でいろいろと処理して、ようやく実際の手帳の更新だ(と言っても有効期間書き換えるだけだが)。1ヶ月〜2ヶ月かかると言われる。まったくもうお役所仕事だな〜。窓口での対応とかは、結構フレンドリーな感じで、昔みたいな「やってやっている」とかはなくなったのだが、肝心の内部での処理は、まだ一向に改善されていない模様だ。
とにかく、なんとか手続きを終えて、あとはスーパー寄って買い物して帰宅。朝のうちには書けなかった昨日の日記を書きながら、CD3枚消化。
1枚目は↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
ドリーム・シアターの12作目にして、初めてのセルフタイトルアルバム。『Dream Theater』(Roadrunner Records 1686174045)。ドリームシアター、だいぶん前にミニアルバムを聴いたことがあるぐらいで、ほぼ初体験だったのだが...メタルだ!メタルですこれは。思った以上にメタルしてる。まあ、このアルバムがたまたまそうだった、という可能性もあるが。でも割と聴きやすい。あまりプログレ的...ではないな。まあ、ラストの、22分18秒ある組曲が、プログレと言えばプログレか。
ちなみに、実は2枚組なのだが、2枚目は「5.1Audio Mix」ということで、サラウンド環境のないウチにはあまり関係なし。それともサラウンド環境なしでも「疑似サラウンド」感のあるMixなんだろうか?一応、後で聴いてみよう。
2枚目↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
バックウィート・ザディコ『Taking It Home』(Islamd 7 90968-2)。うむ、ザディコザディコしておる。クリフトン・シェニエと比べると、やや明るくてポップな感じか。悪くはない。
3枚目↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
グラント・グリーンのおなじみReal Gone Jazzの4枚組『Seven Classic Albums』(Real Gone Jazz RGJCD358)の2枚目。この2枚目は、構成がややこしくて、1曲目は1枚目からの続きで、『Green Street』のラスト1曲、2〜7曲目が『Sunday Mornin'』の全曲、残り2曲が『Grantstand』の最初の2曲めとなっている。アルバム3つにまたがっている訳だ。
音の方は、1枚目と同じようなもので、まあ、マンネリっちゃあマンネリ。でもこういう音楽は、そこが良いのだ、...と思う。3枚目以降を聴いてみたらまた違った感想が出てくるかも知れない。
という事で、日記書き終わったらもう寝る時刻だったよ。今日に続き、明日も朝早いんで風呂入ってさっさと就寝。

翌金曜日は、しばらく入院していた母の退院の日。付き添いやらなにやかやで帰省せねばならぬ。6時にアラームで起きて、飯食って、身支度して、家を出る。
雨が降っているし、左膝に不穏な空気があるので、今日はバスで行くかと思ってバス停でバスを待つのだが、来ない。予定時刻から5分経っても、10分経っても来ない。
これ以上待つと、徒歩で行った場合予定している電車に乗れなくなる、というターニングポイントが来た。ここは確実性を重視することにして、バスは諦めて、駅まで歩く。途中で乗るはずだったバスに追い越されたけど、結構歩いた後だったので、バスを待って乗っていたの場合でも、5分くらい早く着くのが関の山だろう。
とりあえず予定の電車には間に合うな。と思ってホームへ行ったら、なにか不穏な気配で、アナウンスが流れている。聴いてみると、「ただいま非常ボタンを押す馬鹿がいましたのでが押されましたので、安全確認のため運行を停止しています」とのこと、うわあ、ここで遅れると、その後のスケジュールが大幅に狂ってしまう。どうしようか?と思っても、どうしようもなく運行再開を待つしかない。
結局、乗る予定だった電車の1つ前のが5分遅れでやってきたので、結果的には予定より5分早く移動できた。まあ、途中の乗り換え時間がその分伸びるだけだが。
なんとか電車に乗って、実家のある駅までの途中で降りる。今日は兄と一緒に行く予定なんで、ここからは車で移動だ。無事兄と合流して実家のある街へ。
病院へ行く前に、まずスーパー行って食料の買い出し、それからいったん実家へ行って、昼飯食って、ちょっとした用事を片付けた後、病院へ。
予定の数分前になんとか病院着く。そこから、当事者(母と兄と俺)、病院の看護師さん、訪問看護の人、ヘルパーさんの会社の人、デイサービスの会社の人等など、と決して広くない会議室にぎゅうぎゅうに人が集まって、退院後の対応を検討する会議。
小一時間ばかりやって、ようやくお開きとなり、やっとこさ、母(と大量の荷物)を連れて実家へ。やれやれ、ですわ。
とりあえず、明日も仕事だという兄はそのまま引き上げて、母と二人で、なにやら話をし、買っておいた食料で夕食を済ませるが、食べ終わった頃から急速に眠くなってきた。それからしばらく横になって眠ってしまい、結局20時半頃に本格的に就寝。色々と疲れが溜まっていたのかなあ...。

翌土曜日は、6時頃起きる。母、元気だが足の痛みを訴える。病院にいるときにはなんでもなかったのに、今朝からいきなり、とのこと。う〜ん、どうしようか迷う。ていうか、迷ってもどうしようもないんだけど。
とりあえず、昼前には引き上げようと思っていたのだが、この状況ではそういうわけにもいかないので、帰る時間は遅らす。最悪、もう一晩泊まるという事態にもなるかも知れぬ。
結局、15時頃になって、ちょっと落ち着いたようなので、それから実家を後にして帰路に就く。往路は読書できなかったので、復路は読書するが、うまく集中できない。気がつくと、ページの最初から、また読み直していたりして。なんとか、198頁まで、第1章は読み終える。1/3強というところか。まだ先は長いのう...。
そんな感じで、どうにかこうにか帰宅。
飯食いながら、土曜恒例のラジオ聴取に入る。とりあえず、最初の3時間番組と、次の30分番組はなんとか持ちこたえたもの。その次の30分番組の途中で寝落ちるorz。
起きたら24時過ぎていた。ラジオ聴取の最後の番組をやっているところだったが、中途半端に聴く気にもなれんかったので、そのまま就寝。
さて、明日はゆっくり休息するよ。3日分溜まった日記も書いとかんといかんし。明後日は月1恒例の耳鼻科通院日だ。また重いCPAP装置を背負っていかねばならぬ。

調子悪化〜仕事休む〜とりあえず梅田へ〜安CDばかり買う〜寝落ちず

  • 2018.06.13 Wednesday
  • 23:59
ということで、7時半本起床。調子は...あまり良くない。う〜ん、どうしようか考えたけど(考えるだけの余裕はあった)、明日も明後日もイベントがあって、どちらも休めないので、今日は無理せず休むことにした、ていうかそのはずだった。
そんなかんなでとりあえず寝る。起きたら13時半で、だいぶん元気になっていた。今から作業所行く気にはなれんけど、ちょっと梅田へは出てみたい。障害者自立支援の精神通院補助の受給者証を更新せねばならんのだが、原本は精神科に預けてあるので、取りに行かねばならぬ。最初は次回通院日でいいか〜、と思ったんだが、やっぱりなるべく早く、障害者手帳と同時に更新しておきたい。
ということでそれを取りに梅田へ行く。が、大事な事を忘れていたのに、家を出てから気がつく。精神科の診察時間、普通の平日は、10時〜13時、1時間の休憩を挟んで、14時〜18時なのだが、水曜だけは変則で、12時〜15時 2時間休憩を挟んで、17時〜20時となっている。
つい、いつものつもりで、15時くらいに着けばいいか〜、と思って家を出たのだが、今日は水曜日。15時〜17時は休憩だ。そして、精神科到着予測時間は15時前後。間に合うか?
結果的には、あと一歩のところで間に合わなんだ。梅田へ着いた時点で14時55分。精神科へは走っても5分では行けぬ。ぐぬぬ。
おとなしく諦めて、精神科は休憩明けの17時に行くことにして、ちょっとタワレコへ寄る。レコード・コレクターズ誌の最新号を買うのと、それから前回行った時見つけた、10CCの3枚組ベスト盤890円(税抜)のことが頭から離れん(^^;。
10CCと言えば最大のヒット曲「I'm Not In Love」くらいしか知らなかったのだが、なんとなく気になって、youtubeで色々聴いてみたら、なかなかええやん。890円(税抜)くらいなら、出してもいいか〜という気になった。あとは、残っているかどうかだ。無くなっていそうな気はひしひしとするが。
あと、この3枚組、今ひとつどういう内容なのかはっきりしない。ベスト盤の名前は、調べてみて『Ì'm Not In Love The Essential』という名前だと判ったのだが、『Ì'm Not In Love The Essential Collction』という紛らわしい名前の、そっちは2枚組のベスト盤も出ていて、ググってもそっちの2枚組の方しか出てこんorz。
まあ、大は小を兼ねるとも言うし、枚数の多いほうが良かろう。なんと言っても3枚組のほうが2枚組より安いのだ!
と言う訳で、タワレコ着いて、前回来た時あった箱を見ると...残ってた!それどころか、棚の方の10CCのところを見たら、そっちにも3枚くらいあった。なんか拍子抜けしてしまったが、まあせっかくここまで来たんだから、ということでレココレ最新号と一緒に購入。そういや、レココレ誌の第1特集は「ディスコ・インフェルノ」だったが、1つ置いて横に積んであったギター・マガジン誌の表紙にはでかでかと「ディスコ天国」の文字が...。何でも今年は映画『サタデー・ナイト・フィーバー』の日本公開40周年記念ということで、ディスコ関連が熱いみたいだが、一方が「天国」でもう一方は「地獄」て...。
それから、クラシック/ジャズのほうへ行ってみる。ジャズ目当てで行ったのだが、クラシックの新譜/特集棚にはワーナーの廉価箱のさらに値下げされたのがあって、その中で、パーヴォ・ベルグルンド指揮、ヘルシンキ交響楽団演奏のシベリウス全集5枚組990円(税抜)というのに目を奪われた。隣にはロストロポーヴィチのチャイコ全6枚組1080円(税抜)というのもあったが、ロストロポーヴィチはあまり好きでないのでそっちはどうでもいい。だが、ベルグルンドのシベ全990円(税抜)はちょっと無視できないよなあ。見たところ1枚しかないし...(ひょっとしたら棚下在庫があるかも知れんが)。
もう、ジャズは半分どうでも良くなってきて、そういや俺シベ全って持ってたっけ?と改めて思って、流々浪々日記と音言画ログを検索してみたら、ロジェベンのとか、コンヴィチュニーやらペッカ=サラステやらマゼール箱の中に入っているものやら色々持ってるやんけ!しかし、幸か不幸かベルグルンドのは持ってなかった。ということで迷った挙げ句買ってしまふ。税抜とは言え、1000円切ってる値段には敵わなかった。
まだ17時には間がある。それでついDisc J.J,へ寄ってしまう。なにもねえよなあ、と思いながらジャズの棚を見ていたら、「ギター」の部にグラント・グリーンのアルバムが1枚あった。価格は650円(税込)と安い。この前買ったReal Gone Jazzの4枚目に入っていたかどうかは覚えていない。しかし、どうやらCD化に際してボーナストラックが入っているらしいので、その分はダブらんだろう。値段的にはボーナストラックだけ、と考えても妥当な値段だ。ということでこれも購入。
ようやく、17時になったので、精神科行って、これこれこうで、と説明して、受給者証を貰う。これで更新手続きに必要なものは全て揃ったはずだ。明日にでも更新に行ってこよう。
ということで、帰路に就...こうと思ったが、なんかカレーが食べたくなったので、第3ビルのカレー屋へ行ってふわとろオムカレーというのを食べる。結構美味しかった。それから喫茶店行って、休憩&買ったものの検品。まずは10CCの3枚組ベスト『Ì'm Not In Love The Essential』(Spectrum Music SPECESS003)。全53曲収録。何曲かはライヴ音源の模様。
次にシベ全。パーヴォ・ベルグルンド指揮、ヘルシンキ交響楽団演奏『Sibelius Symphonies 1−7・Tone Poems』(Parlophone Records/Waener Music 0190295869151)。シベリウスの交響曲第1番〜第7番と、「交響詩『大洋の女神』」、「 交響詩『フィンランディア』」、「 交響詩『タピオラ』」、「 カンタータ『故郷』」「 火の起源」、クレルヴォ交響曲、を収録。
最後にグラント・グリーン『Idle Moments』(Blue Note CDP 7 84154 2)。1963年11月4日及び11日に録音されたもの。CD化に際して、オリジナル盤に収録されている2曲の別バージョンを追加収録。
ということで、帰路に就く。まっすぐ帰宅。今日は寝落ちしてしまうこともなく、月曜配信のWebラジオを聴いてから、CD1枚消化↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
フランス人ヴァイオリニスト、ディディエ・ロックウッド『Storyboard』(Dreyfus Jazz/Sony Music FDM 36582-2)。思ったほどジャズしてないが、かと言ってロックでもない、ジャズ・ロック。でも違うなあ。ジャズとロックの間にある音のようだ。
ということでシャワー浴びて就寝。ざて、明日はまた某所で謎プロジェクトの謎打合せがあるよ。結構朝早いんで、頑張って起きなくちゃ。

調子良い〜出勤〜作業はやや不毛〜散髪〜整形外科通院〜またも寝落ち

  • 2018.06.12 Tuesday
  • 23:59
ということで、7時本起床。調子は引き続き良い。本日はヘルパーさん来る日なので、消化CDは1枚のみ。消化したのは↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
トゥーサント・マッコール『ナッシング・テイクス・ザ・プレイス・オブ・ユー』(Ronn/P-Vine PCD-20245)。1960年代末から活躍したソウルシンガー/オルガニスト、トゥーサント・マッコールの編集盤。Ronnレーベルへの録音24曲を収録。オルガン弾き語り、というちょっと珍しいスタイルで、インスト曲も何曲かある。やや地味な感じがするが、なかなか味わい深い曲が多い。日本ではあまり知られていない(俺も買った時は全然知らない人で、単に勘によって買ってみたら当たりだった訳)のが残念。
そんなこんなでヘルパーさんが帰ると同時に昨日の日記も書き終えたので、とりあえず日記推敲して投稿してから昼飯。
嫌にならないうちに身支度して家を出る。今日は結構涼しい。駅まで歩いても、殆ど汗はかかなかった。
作業所着はちょっと遅めの12時45分。電車を一本逃していたら危ないところだった。作業は、金属製部品の検品と袋詰。実は既に1回検品済みで、一部は袋にも入っているのだが、検品項目に漏れがあり、全品再検品、かつ袋に入っている分も袋の折り方が逆なので、折り直す必要がある、という今までの作業工数がすべて無駄になる、やや不毛な作業。
まず袋に入っている分の再検品と折り直しをする。何点か、不良品が見つかったので、それは」2個イチで袋に入っているのをバラして、良品のみ残す。一応それが終わったら、袋にまだ入っていないものの再検品と袋詰の作業に入るが、ものが、トレイ4個分×5段くらいあるので、今日中にはとうてい終わらんorz。
再検品のみ全部先にするか?とも思ったが、それだと、再検品済のものとまだのものの区分けがややこしいので、とりあえず再検品して、良品がトレイ1個分貯まったら袋詰する、という手順で作業を進める。
結局15時15分までやって、袋詰終わったのが、2トレイ×5段、再検品終わって袋詰まだなのが、1/2トレイくらい、全く未着手のが3トレイ×5段分くらい残った。まだまだ山のようにあるよ...。
とりあえず帰路に就く。恒例のバス読書は、170頁までと進まぬ。
最寄り駅着いて、だいぶん髪の毛が長くなって鬱陶しかったので散髪する。スッキリした。
帰宅して、さてどうしようか考える。どうしようか?というのは、整形外科へ行くかどうかだ。本来の通院日は金曜なのだが、金曜は用事があって行けない。木曜は病院定休日。ということで、今日か明日かどちらかに行かないとならないのだが、いろいろ考えた末、今日行っておくことにした。
30分くらい休憩した後、整形外科へ。患者は少なかったのですぐ呼ばれた。日によって波はあるが、痛い時は結構痛い、と訴えると、じゃあまだ薬は続けましょう、ということで前回同様の処方を出してもらう。薬局行って、薬もらって、帰宅。
晩飯食ってから、日曜夜のラジオ番組2本を聴こうとしたが、1本めの途中で寝落ちるorz。起きたのは23時頃。
このまま寝ようか、とも思ったが、それも嫌なので、もう1本の方を聴く。そちらはなんとか最後まで聴き終わったが。そこからどの時点でかはわからないが、寝る支度をする前にまた寝落ちたらしい。翌朝5時頃目が覚めたら、部屋の灯りつけっぱなし、CPAP装置未装着状態で寝てた。
これだけ寝落ちが続くということは、やはり最近睡眠が充分とれていないような気がする。早朝に覚醒してしまうのが関係しているのかなあ。とりあえず次の精神科通院待に主治医に相談してみよう。
さて、明日は、ちょっとどういう動きをするか、起きてみないと判らぬ。

調子良い〜CD4枚消化〜出勤〜作業は面倒くさい〜またも寝落ち

  • 2018.06.11 Monday
  • 23:59
ということで、7時半本起床。調子は良い。
本日消化したCDはまたも4枚。毎日このくらいのペースで行きたいなあ。
1枚目は↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
イエスの、2014年発表のアルバム『Heaven & Earth』(Frontiers Records FR CD 651)。この時点でのイエスのメンバーは、アラン・ホワイト、クリス・スクワイア(遺作!R.I.P....)、ジェフ・ダウンズ、ジョン・ディヴィソン、スティーヴ・ハウの5人体制。ジョン・アンダーソンのいないイエスなんて...と思ったのだが、新ヴォーカリストのジョン・ディヴィソン、かなりジョン・アンダーソンに声が似ている!ジョン・アンダーソンの兄弟、と言ってもいいくらいのレベル。でも楽曲は正直今ひとつ。あのイエス独特の突き抜けたような感覚がないんだよなあ。全体的にこじんまりとした曲が多くて(こじんまりとした≠短い)。
2枚目↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
声優・歌手のPileの1st『PILE』(Colourful Records VICL-64554)。「チャンネルとじぱいふぃん」というニコ生放送で存在を知って、カラオケ企画の時、この人歌上手いなあ、と思ったので買ってみた。楽曲はなかなか格好良い。歌も上手い。でも声質が今ひとつ好みでない。残念。
3枚目↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
クリストフ・ルセ『W.E. Bach・12 Polonaises - Sonata』(EMI/Virgin 7243 61295 2 8)。たまにはクラシックもの、それもピアノものを聴きたいと思ったが、時間の都合で、ピアノではなくチェンバロものになってしまった。J.S.バッハの長男、W.F.バッハのチェンバロ作品集。「12のポロネーズ F12」と「クラヴサンのためのソナタ F5」を収録。なかなか良いけど、父親の作品に比べると、地味で小ぶりという印象は免れない。まあ、比較する相手が悪すぎるんだが...。
4枚目↓

 (画像クリックでamazonに飛びます)
おなじみMembranの10枚組箱、サム・クックの『Milestone Of A Soul Legend』(Intens Media 600287)の5枚目。5枚目には、『Cooke's Tour』(1960)の全曲と、ボーナストラック3曲を収録。『Cooke's Tour』は、世界各地(日本含む)の都市をテーマにしているポピュラー曲のみを歌った企画盤。「Far Away Places」で始まり、「The House I Live In」で終わる、という心憎い設定。名盤ですね。
ボーナストラックは、「I Belong To Your Heart」がシングル「You Understand Me」(1960)のB面曲。
「Deep River」、この曲については、Keen時代の録音らしい。シングル曲やB面曲ではないようだが、どのアルバムに収録されているのか、良く判らない。こちらのサイトに拠れば、『I Thank God』という、Original Blind Boys、Gospel Harmonettesというゴスペルグループの歌とのコンピレーションに収録されているらしい。
「I Fall In Love Every Day」は、RCA時代のシングル曲(1960年発表)。
中身の方は、悪いはずもなく。ただ、ノイズ除去のやりすぎか、ややキンキンした音質で、音の方はイマイチ。
さて、3枚目を聴き終えた時点で、時間が来たので身支度して着替えて家を出る。雨が降っているので、どうしようか?と迷ったが、ちょうどバスが来る時刻だったので、結局バスに乗ってしまう。まあ、たまにはいいか。
途中昼飯を食って、作業所着は12時40分。今日の作業は、プラスティック製プラグ(コンクリートに釘を打つ時に使うもの)をカップに入れていく、というただそれだけの作業だが、乱雑に入れたんでは、入り切らない。縦方向に揃えて入れる必要がある。さらに上部がやや細く、下部がやや太くなっているので、同じ向きで入れてしまうとこれまた入り切らないんで、適宜に上下方向をバラして入れる必要もある。めんどくさい作業。それを15時15分まで。
帰路はまたいつものバスで読書。167頁まで。1/3弱、というところか。例の本屋でちょっと新刊のチェックしてから、スーパーで買い物して帰宅。今度はちゃんと歩いて。はいいんだけど、帰宅後左膝がかなり痛む。う〜ん、ダイエットするためには歩かねばならないんだが、体重が重すぎるため、歩くと今度は左膝に負担が。負のループに陥っている。左膝に気を使いつつ、歩かねばならんか...。
帰宅後、夕食食って、ちょっと横になってたら、また寝落ちorz。最近、寝落ちが多いなあ。睡眠が足りていないのか。例の4時5時に目が覚めてしまう問題と関係があるのか...。
起きたのは23時過ぎ。なんか、風呂沸かして入りたい気分だったので、沸かして風呂入る。風呂上がりに、久しぶりに『月曜から夜ふかし』を最後まで見てから就寝。
さて、明日は出勤できるかなあ。このところヘルパーさんが来る日は欠勤することが多いんだが。

CD4枚消化〜ブレラン2049は観れず〜CD届いてた〜健康診断と障害者手帳更新とペン習字〜WRAPノート更新するも...

  • 2018.06.10 Sunday
  • 23:59
ということで7時半本起床(面倒くさいので今日から本起床の時刻のみ記す)。調子はまあまあ。
さて今日はCDを計4枚消化。もう時系列的に書くのは面倒くさいしややこしいので、ここで一気にまとめて書くよ!
1枚目↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
コールマン・ホーキンスのおなじみReal Gone Jazzの4枚組『Seven Classic Albums』(Real Gone Jazz RGJCD457)の2枚目。この2枚目は構成がややこしくて、1枚目からの続きで、『The Hawk Flies High』(1957)の最後の1曲と、『Coleman Hawkins Encounters Ben Webster』(1957)の全曲と、『The Genius Of Coleman Hawkins』(1957)の1〜9曲目、を収録。音の方は、一般的な「ジャズ」。俺が「ジャズ」と聞いて、真っ先に想像しそうな音。まあ、あまり意表を付かれるような意外性はないけど、充実してる。そういう意味で、3枚のアルバムをまたがって収録してる訳だが、特に違和感は感じなかった。
2枚目↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
パンテラのヴォーカリスト、フィル・アンセルモによる別プロジェクト、ダウンの2ndアルバム『II: A Bustle In Your Hedgerow』(East West Japan AMYC-10007)。音の方は、パンテラに比べると、かなりバラエティに富んでいる。パンテラが「直球主体のピッチャー」だとすると、こちらは「変化球が持ち味のピッチャー」という感じだ。まあ、パンテラと同じ事をするなら、わざわざ別プロジェクトにする必要性もない訳で、それは当然のことなんだけど、違いがあるとは言え「ピッチャー」である点では一致してる。つまりあくまで「メタル」なのだ。まあ、大雑把に言うなら、パンテラよりも「遅く」て「重い」。ブラック・サバスを思わせるような曲もある。
3枚目↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
アート・ブレイキーのこれまたおなじみReal Gone Jazzの4枚組『Eight Classic Albums』(RGJCD303)の1枚目。この1枚目には、『Holiday For Skins Volume 1
』(1958)と、『Roots And Herbs』(1961)のそれぞれ全曲を収録。『Holiday For Skins』は、もともとVolume 1とVolume 2が同時に発売されたらしいが、このReal Gone Jazz盤では、Volume 2は2枚目と、CDを分けて収録されている。CDの収録時間の都合だろうか?
1曲めの出だしを聴いてちょっと驚いた。完璧にアフリカ辺りの民族音楽だったから。CD間違えたのかと思たよ。まあそれは出だしだけで、途中から「ジャズ」の範疇には入ってくるんだけど、リズム主体の曲で(リーダーがドラマーだから)、アフリカの音楽の影響を強く受けている。調べたことに依ると、バンドにはアート自身も含めて、12人(!)もの打楽器奏者がクレジットされている。そりゃ、リズム主体になるわな。名門Blue Noteから出されたものだが、よくこんな実験的なアルバムが発表されたものだ。
続く『Roots And Herbs』は正確にはアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャー名義で発表されたもの。こちらの方も、かなり実験的な作りとなっている。一説によると、録音時期はもっと早かったものの、いろいろとゴタゴタがあったのだろう、発表されたのは数年後だったと言う。
まあ、先のコールマン・ホーキンスのと比べると、同じ「ジャズ」と言っていいのかさえ疑問に感じる。ジャズの世界はまだまだ奥深い。
さて4枚目はこれまたジャズ↓

(画像クリックでamazonに飛びます)
おなじみReal Gone Jazzの、これは4枚組でなく10枚組のボックスセット、ジミー・スミス『Eighteen Classic Albums』(Real Gone Jazz RCJCD316)(ちなみに4枚組盤も出ているが、この10枚組盤のCD1〜CD4と同内容。先に4枚組盤を買わなくてよかった...)。その1枚目。この1枚目には、『A New Sound....A New Star... Volume 1』(1956)と『The Sounds Of Jimmy Smith』(1957)のそれぞれ全曲を収録。『A New Sound....A New Star...』は、これまたVolume 1とVolume 2が別CDに収録されている。が、もともとVolume 1とVolume 2として発売されたものらしいが、同時だったのかどうかは良く判らない。とりあえず、このボックスセット上は、どちらも同じ「1956」となっている。
音の方は、もうコテコテのオルガン・ジャズ。こういうの大好き!ソウルを通り越して、ファンクの影響を強く受けている、と見た。長尺の曲が多いので、曲によっては「プログレ・ジャズ・ロック」と言いたいような曲もあり。
以上4枚を消化した。が、今日観ようと思っていた『ブレードランナー2049』の特典ディスクはイマイチ気分が乗らなかったので観ず。
ヤフオク!からメール来る。「先日発送された商品が届いたらさっさと受取連絡せいや、オラァ(意訳)」という内容だが、まだ来とらんわ!まあ、昨日の帰宅後はポストチェックしてないので、ポスト内には来てるかも知れんけどな。ていうか多分そのパターン。
食料調達にコンビニへ出かけて、帰宅時にポストをチェックすると、案の定ヤフオク!で落札したCDが届いていた。シュガー・パイ・デサント『Use What You Got 』(Chess/Cedar CD RED 33)。シュガー・パイ・デサントのChess時代のベスト盤21曲収録。1曲め、「In The Basement」はエタ・ジェイムズ(の従姉妹にあたるらしい)とのデュエット。
それ以外にも、3通の郵便物が入っていた。
まず1通目は、年1回の健康診断とがん診断のお知らせ。毎回、面倒で健診受けるのサボっているのだが(一応腎臓内科で血液検査と尿検査は定期的に受けてるし)、通常のはともかく、がん検診はそろそろ年貢の納め時かなあ。しかし、胃がんの内視鏡検査って、受診できる医療施設が限られてる。通常の健診とは別にやらんといかんようだし。ああ、('A`)マンドクセ。
2通目は、障害者手帳更新のお知らせ。8月末で障害者手帳の有効期限が切れるので、さっさと更新しに来いや( ゚Д゚)ゴルァ (意訳)というもの。前回(2年前)は更新するのをすっかり忘れていて、後からエライ面倒なことになったので、今回は忘れないように更新しに行かねば。ていうか、前回、こんな通知来たっけ?来てたらまず忘れることはないと思うんだが...。ま、いいや。
3通目は、美子ちゃんでお馴染み日ペンのボールペン習字講座の資料。なんで、そんなもんが届いたかというと、自分で請求したからなのだが(^^;。最近某方面で、ボールペン習字でも習おうかなあ、という発言をしてしまって、言い出した以上、最低限資料の請求くらいはしてみるか、と思って。
で、届いた資料だが、あまり詳細なものではない。お申込みの案内が1枚、12ページのパンフレットが1冊、講師インタビューが1冊、日ペンの美子ちゃんのマンガが1枚(笑)、受講者の体験談1枚。それなりに数はあるものの、具体的にどう習うのか、イマイチはっきりとせん。テキストのサンプルくらいは付いてくるかと思ったのだが...まあ、無料だから仕方ないか。
しかし、習うというところへ行くまでのハードルは高い。なんと言っても、月2000円(初回のみ3284円)×15回だからなあ(一括で払えばやや安いが今の俺の経済状態では無理)。途中で止めたら、代金のみは支払わねばならんという馬鹿げた状態になる。まあ、CD2枚買うの諦めたら浮く金額なのだが。それとhuluもNetflixも結局解約しちゃったので、その分約2000円浮く計算にはなる。
はて、どうしたもんか?と思いながら、だいぶん前に作って(ていうか作りかけて)、放置状態だったWRAPのノートを引っ張り出してきて、増補改訂するが、改めて思ったが、俺の字、殺人的に汚い!やっぱりボールペン習字受けるべきか、とちょっとモチベーションが上がる。
しかし、資料の内容がイマイチだったので、2大ペン習字学習の片割れ、ユーキャンにも資料請求してみた。届いたら、資料を見比べてみよう。とりあえず。
というところで、22時半になったので、ちょっと早いが、風呂入って就寝。さて、明日は出勤できるかな?

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

人気ブログランキング

accses counter

アクセス解析

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM