CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
人気ブログランキング
accses counter
アクセス解析
MOBILE
qrcode
調子まずまず〜左膝相変わらず痛い〜予定を変えて出かける〜CD借りたり買ったり〜恒例ラジオ聴取〜どうぶつタワーバトル通信
0
    ということで、6時半に起きて飯だけ食って二度寝。8時本起床。調子はまずまずといったところか。左膝は相変わらず痛い。なかなか良くならん。
    とりあえず、昨日の日記を書きながらCD2枚聴く。1枚目は例のジャンゴ・ラインハルトProper箱から3枚目「Finesse」。うむ、安定して良い。ちなみにリンク先はamazonではありません。クリックすると良いことがあるかもよ?(ない場合もあり)。
    もう1枚はハウエルデヴァイン(ややこしいが個人名ではなくグループ名の模様)の『Modern Sounds of the Ancient Juju』。全然知らんグループで、タワレコのクリアランス290円(税込)の時に、Arhoolieレーベルだから、というだけの理由で買ったCDだが、これが予想外に良かった。結構オーソドックスなブルースなんだが、なかなかスピード感のある演奏でノれる。もう1枚CDが出ているようなんで、機会があれば買いたい。
    さて、今日は家で映像系の未視聴作品を消化する予定だったが、急遽予定を変更。出かけることにする。理由は、上原ひろみのアルバムで、作業所最寄り駅前TSUTAYAになかった3枚、TSUTAYAアプリで検索すると、梅田堂山町店にはあるみたいなんで、それを借りてしまえということで。
    そんな訳で、身支度して着替えて家を出る。8分ばかりバスを待って最寄り駅へ着き、駅ナカ喫茶店で昼飯。焼きチーズカレーを食べたが、ご飯が俺の頼んだのでラスイチだったらしく、次に来た客のご飯もののメニューは「ご飯を切らしていますので」という理由で断っていた。ラッキー!
    電車に乗って、梅田へ。TSUTAYA...へ行く前に寄り道。前回梅田来た時、店主不在で入れなかったMusic Innへ。今度は入れた。しかし、例によって高価い。ブルースの棚で、何か(何だったか忘れた)が800円であって、買ってもいいかな?とは思ったが、ディスクユニオンで800円出せば、もっと幸せになれる気がしたので手を出さず。結局何も買わずに店を出る。
    それから目的のTSUTAYA梅田堂山町店へ。まずは、B1Fへ降りて、Angelaの新作を探すも、Angelaの棚にも新作棚にも見つけられず。まあ、あったとしても高価いし、2泊3日とかだから、旧作になるのを待とう、ということで諦める。
    1階へ上がって、チャラン・ポ・ランタンの新作を探すと、おお!旧作なりたての棚にあった!これは儲けもの。ということで借りる。『ミラージュ・コラージュ』(Avex Entertainment AVCD-93751)。
    それから上原ひろみの棚へ。目的の3枚はちゃんとあった。『ブレイン』(Telarc/ユニバーサル・ミュージック UCCT-1090)、『MOVIE』(Telarc/ユニバーサル・ミュージック UCCT-1240)、『スパイラル』(Telarc/ユニバーサル・ミュージック UCCT-1145)。それと、予定外の矢野顕子×上原ひろみ『Get Together -Live In Tokyo-』(Telarc/ユニバーサル・ミュージック UCCT-1233)があったのでこれも。計5枚を借りる。
    ちょっと疲れてきたので、喫茶店寄って休憩&今借りたものの検品。チャラン・ポ・ランタンの新作(と言いつつTSUTAYAでは既に旧作扱い)は、半分くらいの曲は、ラジオ番組『チャラン・ポ・ランタンPresentsスットコドッコイラジオ劇場』で聴いた事ある曲だな。新鮮味には欠けるかもしれん。
    上原ひろみのは、『ブレイン』はライヴ盤。2003年12月9日〜11日に、テネシー州、フランクリン、サウンド・キッチン”ビッグ・ボーイ”で録音された8曲と、同12月1日に、大阪ブルーノートにて録音された1曲(国内盤のボーナス・トラック)を収録したもの。『MOVIE』は、正確には、「上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクトfeat.アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス」名義。矢野顕子とのコラボ盤はこれもライヴ盤で、2011年9月9日、昭和女子大学人見記念講堂でのライヴを収録したもの。
    休憩終わって、ここまで来たら寄らん訳にはいかんと言うことでディスクユニオンへ。ざっと見て回るが、欲しいものが大量にあって...という事態にはならなんだ。結局買ったのは、3枚組70年代ソウルのコンピ盤『Soul Hits Of The 70’s』(Sony Music Entertainment A3K 61026)。650円の20%オフ。3枚組と言いながら、計40曲しか収録されていないので、2枚組でもいけたんじゃね?という話だが、まあ安かったので良しとしよう。
    それと、クイーン・アイダ&アル・ラポネの『Back On The Bayou』(GNP Crescendo Record GNPD 2265)。これも650円の20%オフ。の2枚(正確には4枚)だけ。まあ、1000円ちょっとだし、これくらいはよかろう。
    また疲れてきたので、休憩&今買ったものの検品。3枚組ソウルのコンピ盤は、とりあえずかき集めた、と言う感じの選曲。できれば、同じアーティストの曲を2曲入れないで、他のアーティストの曲にして欲しかったが。あと、amazonのユーザーレビューを見ると、「音質が悪い」と書いてる人が2人ばかりいた。一応Sony Musicというちゃんとしたレーベルから出てるんだけどそうなのかな?
    クイーン・アイダ&アル・ラポネのは、いつ頃の録音か書いてないが、ジャケ写から見て割合最近のものと思える。このGNP Crescendo Recordからは、クイーン・アイダ関連のCDが6枚ほど出ているようなので、それも欲しい。
    その後、久しぶりにタワレコNU茶屋町店へ。ざっと見て回る。ブルース棚に、シスター・ロゼッタ・サープがジャケになってるMembranの10枚組箱があったので、シスター・ロゼッタ・サープの10枚組箱が?!と思ったが、実際には、いろんなブルースウーマンのアルバムを集めたコンピ箱だった。しかし、なぜシスター・ロゼッタ・サープをジャケに使うかねえ...。
    結局、タワレコNU茶屋町店では何も買わず。おとなしく帰路に就く。最寄り駅まで着いたら、次のバスまで18分。う〜ん、スーパー寄ってると乗り逃がす時間だなあ。どうせ買うものはミネラルウォーターと晩飯だけだし〜、ということでバスを待って途中コンビニに寄って帰宅...する途中から恒例のラジオ聴取タイム。なんだかんだで25時まで。
    途中、どうぶつタワーバトルをやったら、この前のバージョンアップで大幅に内容が変わってた。どう変わったかというと、
    ・動物名が左上隅に表示されるようになった。
    ・ランダムで、地面のスペースが今までのものより半分強くらいの小ささになる。
    ・ランダムで、今までのどうぶつとまったく違う新しいどうぶつのコマになる。ただし新旧混在はしない。
    全体的に難易度が高くなった感じ。特に地面が小さくなるのは、地味に辛い。ちなみに現在のレートは2097,1257勝1253敗です。
    さて、明日こそは映像関係の消化を目指すぞ。とりあえずは『シン・ゴジラ』の特典映像だな。
    | 日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
    調子まずまず〜左膝ややマシか〜CPAP装置ぶっ壊れる→会社へ電話〜なんとか出勤(30分遅刻)〜作業は左膝に来る〜昨日フライングしたCD大量に借りる〜また眠気が...
    0
      ということで、7時に起きて、飯だけ食って二度寝。8時半本起床。調子はまずまず。左膝もいくらかマシになったように思える。
      なんか、CPAP装置のマスク(鼻に当てるところ)をいじっていたら、どうしてそうなったか、よく覚えていないんだが、プラスティック製の基礎パーツから、ウレタン製のクッションの役割するパーツとその上に被せるシリコンゴム製のパーツが外れてしまった。
      なんとか元に戻そうとしたが、どっち向きに入れるかも良く判らない。悪戦苦闘していたら、ウレタン製パーツに亀裂が入って、それがどんどん大きくなり、ついには使い物にならない状態にまでなってしまったorz。
      仕方ないので、9時になるのを待って、CPAP装置のメンテナンス担当の会社(名刺を置いといて良かった!)へ電話して、これこれこうで、と報告したら、新しいパーツを送ります、とのこと。有り難い。とりあえず一安心。
      それから、昨日の日記を書く。ヘルパーさんが来ているので、CD聴取はナシ。途中でお届け物が来る。ヤフオク!で落札した文庫本2冊。『中井英夫全集[4] 蒼白者の行進』(創元ライブラリ)、『中井英夫全集[6] ケンタウロスの嘆き』(創元ライブラリ)。例によって、何時読むねんという話だが。
      ヘルパーさんが帰っても、まだ日記が少し書き残っている。中途半端なんで、先に日記だけ完成させて投稿。
      それから昼飯を食って、さて出かける準備...というところで例によってやる気が出ない。ちょっとベッドに横になって休憩。このまま休んでしまおうか、とも考えたが、昨日レンタル屋にCD借りに行ったものの、クーポン券の有効期限をフライングしてて結局借りれなかったもの。今日はなんとか借りておきたい。
      ということでなんとかかんとか起きて身支度して着替えて家を出る。作業所のある駅に着いたら、13時10分だった。5分遅れ。今から行っても、25分間ぼーっとしてるか、タダ働きするかだ。どちらも嫌だったので、駅ナカ休憩室でコーヒー飲みつつ、本を読む。良い時刻になったので、駅を出て作業所へ。13時30分着。35分から作業に入る。作業は、機械部品の検品。それ自体はどうってことない作業だが、立ち仕事になるので、左膝に来る。30分、なんとか我慢して作業していたが、ちょっと耐え難くなってきたので、休み時間に申し出て、作業を変えてもらう。
      新しい作業は、検品済みの部品(さっきまでのとは違う奴)、を2個イチで小袋に入れて、5段ずつトレイに並べる作業。座ってやれるので楽だ。それを15時15分まで。
      それから、昨日に引き続き、作業所駅前のTSUTAYAへ。まずは『バーフバリ2 王の凱旋』のBlu-rayを見るが、またしても貸出中orz。う〜ん、しばらくはTSUTAYA通いせにゃならんのか...。
      それから、昨日借りるはずだったCD計10枚を探すと、全品揃っていたので借りる。10枚借りても1080円ですよ安いね。
      借りたのは、まずアデルの今までリリースされた3作、『19(デラックス・エディション)』(XL Recordings XLCD313XJ)、『21』(XL Recordings XLCD 520)、『25』(XL Recordings XLCD740j)。『19(デラックス・エディション)』は2枚組で、ボーナス・ディスクには、ロサンゼルス、ホテル・カフェでのアコースティックライブの模様が9曲と、ボーナス・トラックとして、ザ・ラカンターズの曲のカバー、さらにエンハンスドCD仕様で、北米でのツアーの様子を収めた短編ドキュメンタリも収録されている。
      残り7枚は、全て上原ひろみ。『アナザー・マインド』(Telarc/ユニバーサル・ミュージック CD-83558)、『タイム・コントロール』(Telac/ユニバーサル・ミュージック UCCT-1181)、『ビヨンド・スタンダード』(Telarc/ユニバーサル・ミュージック UCCT-1197)、『プレイス・トゥ・ビー』(Telarc/ユニバーサル・ミュージック UCCT-1218)、『ヴォイス』(Telarc/ユニバーサル・ミュージック UCCT-1227)、『ALIVE』(Telarc/ユニバーサル・ミュージック UCCT-1244)、『SPARK』(Telarc/ユニバーサル・ミュージック UCCD-1167)。以上7枚。これで出てるCD全部かと思ったら、まだ3枚ばかりある様子。更には、チック・コリアとの共演作や、DVDも出てる模様。
      帰路はまたバス読書。『昭和史 1926-1945』、172頁まで読み進める。思ったより読みやすくて、さくさく進む。
      最寄り駅着いて、スーパーで買い物して、バス停へ向かったら、昨日より1分だけ早い時刻。昨日はあと30秒というところで乗り遅れたバスに無事乗れました。
      帰宅後、夕食食って、さっそく、アデル『Adele - 19 (2CD Deluxe Edition)』を聴く。なかなか良いけど、期待したほどでもないかなあ。声は良い声してる。まあ、繰り返し聴いてる内に良くなっていきそうな予感。
      つづけざまに上原ひろみ『Another Mind』を聴こうとしたら、なぜか外付けDVDドライヴが認識しない。CDの記録面を見てみても、キズもないのだが...。相性の問題か?と思って、Blu-rayプレイヤーで再生してみたら何事もなく再生される。
      もう一回CDをよく見てみたら、レーベル面に貼ってあるシールが、半分剥がれかけていて、立った状態になっている。こいつがDVDドライヴの何処かに干渉しているのであるまいか?と思ったので、そのシールを剥がし取ってから再生したら、普通に認識して再生できた。良かった。
      音の方だが、うん、これは良いね。凄い緊張感あふれるインプロビゼーション風な演奏で、プログレ好きの人が聴いても受けるんじゃないでしょうか。
      そこまで聴き終えたら、またも眠くなってきたが、なんとか頑張って、昨日の夜のラジオ番組2本をタイムフリーで聴取。それから久しぶりにCPAP装置なしで就寝。
      さて、明日は明後日は一日家でごろごろしながらも映像関係を観る予定。『シン・ゴジラ』も『この世界の片隅に』も、特典映像付きデラックス版を入手したのに、未だに観れていないから、なんとかせねばならん。
      | 日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
      なんとか回復〜膝の調子は依然悪い〜日記書きながらCD聴く〜出勤〜Blu-ray返却&CD借りようとするもフライング〜ニコ生観る〜激しい眠気〜そのまま就寝
      0
        ということで、6時半に起きて飯だけ食って二度寝。8時本起床。調子はどうにか回復。なんとか出勤出来るかな?しかし、左膝の調子は相変わらず悪く、痛い。階段の昇り降りが結構大変なレベル。
        聴いたのは、チャック・ジャクソンの『Good Things』。やや泥臭い感じのソウル。なかなか良い。時間が余ったので、もう1枚聴く。この前買ったミュージカル音楽集12枚組『THE MAGIC OF THE MUSICALS CD12枚セット』の3枚目。3枚目のは、『上流社会(原題”High Society』と『Young At Heart(日本未公開)』の2作品より。いずれも映画のサントラ。前者には、ビング・クロスビー、グレース・ケリー、フランク・シナトラ、ルイ・アームストロングといったメンツが、後者には、ドリス・デイ、フランク・シナトラといったメンツが登場。さすがに安定している。ドリス・デイの声が好き。10枚組箱、買ったきり放置状態だが、聴いてみるかなあ。
        時間が来たので、身支度して着替えて家を出る。12時40分作業所着。先週金曜日以来の出勤だ。作業は、検品済の部品を2個まとめてビニールの小袋に入れて、折り畳んで、5枚重ねにしてトレイに並べる簡単な作業。特にどうという事なし。
        15時15分、予定通りの時間に終わる。それから作業所最寄り駅前のTSUTAYAへ。まずは、『バーフバリ 伝説の誕生』を返却。2階へ上がって、昨日からレンタル開始されていた『バーフバリ2 王の凱旋』を借りようとするもBlu-rayは全て貸出中。DVDは在庫あったけど、どうせ観るならやはりBlu-rayで観たい。
        仕方ないので『バーフバリ〜』は諦めて、旧作CD全品100円(税抜)均一というのをやっていたので、CDを借りることにする。何にしようかなあ、と迷った挙句、アデルの『19』、『21』、『25』の3作、それと最近気になっているジャズ系ピアニスト、上原ひろみのCDが7枚あったので、計10枚を借りようと。ということでそのままレジに行って、クーポン見せると、「それ、明日からです」と言われる。見ると確かに「2月23日(金)〜2月25日(日)』と書いてあるorz。
        結局何も借りずにTSUTAYAを後にして、おとなしく最寄り駅までバスで帰る。バス読書は『昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)』を引き続き。第2章読み終える。最寄り駅着いて、スーパーへ寄って買い物していたら、後30秒というところでバスに乗り遅れたorz。次のバスまで30分弱。しかし今の膝の状態では重い荷物(2リットルのミネラルウォーターとか買っちまった)を下げて歩くのは無理。おとなしく、どうぶつタワーバトルやりながら待つ。
        ようやく来たバスに乗って、帰宅。先日申し込んだPCリサイクル用の、送り状が来ていた。付属の説明書を読むと、重さ30Kg以内、縦+横+高さの合計が1m70cmまで、という制限が書いてある。重さの方は大丈夫だと、思うけど、、縦+横+高さの合計はどうかな?ということで、メジャーを引っ張り出してきて測る。1m40cmだった。なんとかクリア。
        後は郵便局へ電話して、集荷を申し込むだけ。電話してみたら、明日の午後以降になります、と言われたので、明後日土曜の午前中で依頼する。
        それから、夕食食って、適当にネット見て、毎月1回ある、元声優現プロデューサー&声優&元AKB現...はなんだろう?よく知らんという組み合わせによるニコ生放送を観る。最後の方、15分くらいで、異様な眠気に襲われた。
        なんとか観終えて、ベッドに倒れ込むと同時に寝入ってしまう。起きたら25時だった。そのまま眠薬だけ服んで就寝。
        あしたもなんとか就寝したい。そんでもって今日借りれなかったCDを借りるぞ!
        | 日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
        やはり不調〜左膝も痛い〜昼過ぎまで寝る〜外付けDVDドライヴ(故障品)返送〜USBメモリ届く〜インストール用USBメモリ作成に手こずる〜整形外科通院〜『バーフバリ 伝説の誕生』ようやく観る
        0
          ということで、7時に起きて、飯だけ食って二度寝。8時半本起床。調子はまだ良くない。左膝の痛みも一向に治まる気配なし。今日こそは整形外科行っておかねば...。
          とりあえず、昼過ぎまで寝る。13時半まで寝たら、ちょっと回復してきた。今から作業所行っても、後半1時間に間に合うかどうか、というところ。結局、出勤は諦めて、とりあえず食料調達がてら、この前代替え機が送られてきた外付けDVDドライヴ(故障品)を返送しに行く。DVDドライヴを入れるのに適当なサイズの箱がないなあ、と思っていたのだが、新しいDVDドライヴを送ってきた箱にそのまま入れ替えて送り返せばいいだけの話しだった。
          帰宅すると、amazonから16GBのUSBメモリが届いていた。Transcend USBメモリ 16GB USB3.1 & USB 3.0 スライド式 ブラック (無期限保証) TS16GJF790KPEという奴だ。さっそく、インストール用USBメモリの作成に再チャレンジ。OSX High Sierraのダウンロードは前回チャレンジ時に済ませてあったので、インストール用USBメモリ作成アプリ、DiscMeker X 7 for High Sierra.appというのを起動して、トライしてみたが、前回同様エラーが出て異常終了してしまう(´・ω・`)。8GBというサイズのせいでエラーになるのかと思っていたが、どうもそうではない様子。
          他にやり方はないのか?とぐぐってみたが、いずれもターミナルから、コマンドを打ち込む、というやり方で、UNIXのコマンドの知識皆無な俺には敷居が高い。恐る恐る試してみたが、やはりエラーになる。
          結局、Apple公式のサイトのやりかたそのままでやって、なんとか出来た。USBメモリのボリューム名を、予め例として挙げられてある名前と同じにしておき、後はWebページ上のコマンドをコピーして、ターミナルにペースト、RETURNキー押下でなんとか成功した。
          のは良かったが、無事出来たUSBメモリの中を見ると、5.28GBしか使ってない!なんだ、8GBメモリで充分だったじゃん、わざわざ16GBメモリ買うことなかった...orz。
          とりあえずiMacをシャットダウン、OPTIONキー押しながら電源入れて、起動用ディスクの選択画面を出して、USBメモリから、インストール/ディスクユーティリティが起動することを確認。やれやれ。
          その後は、昨日の日記書きながら、CD1枚聴く。聴いたのはこの前買ったジャンゴ・ラインハルトの4枚組Proper箱『Swing De Paris』から、2枚目「Minor Swing」。1枚目は、さすがに録音が古すぎて、ジャンゴのギターも、なかなか堪能するというところまでいかなかったんだが、この2枚目ではいくぶん音質が向上して、繊細なそのプレイを楽しめた。この勢いで聴いていこう。
          そうこうしているうちに5時を回ったので、整形外科へ。う〜ん、この時間帯は患者が多い。もう少し遅い時間に来ればよかったか...。仕方ないので、おとなしく順番を待つ。
          45分くらい待って、ようやく順番が回ってきたものの、ざっと症状を聞いて、ではまたお薬出しておきますね〜、の一言。20秒くらいで診察終わる。この薬で本当に治るのかなあ、最近自宅リハビリをついサボってしまいがちなんで、それをきちんと行うようにせねば...。
          帰宅して、夕食。その後、明日返却日の『バーフバリ 伝説の誕生』をようやく観る。これは凄いわ。道理でみんなが「バーフバリ!バーフバリ!」言う訳だわ。インド映画をまともに観るのは初めてだが、たしかにこれはハリウッド製映画とまともに張り合うだけの力があると感じた。しかし、これはあくまでPart1.これから、というところで終わってしまう。うう、続きが早く見たい。そろそろレンタル開始してる筈だが...と思ってTSUTAYAアプリで検索してみると、作業所最寄りの駅前店では在庫状況が「×:2月23日返却予定」になっていた。今日はどのみち返却しにいくので、一応当たってみよう。早めに返却してくれんかのう>今借りてる奴。
          それから、CDをもう1枚聴こう、ということで、何枚か試してみたが、どうも聴く気になれんCDばっかりだった。結局TVでオリンピックを少し見てから就寝。さて、明日はなんとか出勤したい。Blu-rayも返却しておかんとあかんし。
          | 日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
          調子は下降気味→急降下〜結局仕事休んで一日寝る
          0
            ということで、6時に起きて飯だけ食って二度寝。8時本起床。調子はあまり良くない。あと、左膝も相変わらず痛いです。
            とりあえず、昨日の日記を書く。結構長くなってしまって、ヘルパーさんが帰ってしまってもまだ書き終わらない。とりあえず、日記を完成させて、投稿。その後昼飯食う。
            食い終わって、さて、出かける支度をせねばならんのだが、どうにもやる気が出ない。調子が急降下して、なんかHPがどんどん減っていく感じ。
            仕方ないので、出勤は諦めて寝る。そしたらどうにも起きられなくなった。結局晩飯も食わずに翌朝まで寝てた。整形外科も行けず。『バーフバリ』も観れずorz。
            明日はなんとか回復するかなあ。
            | 日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
            好調なれどもまだ左膝痛い〜長い日記書く(中途まで)〜耳鼻咽喉科通院〜整形外科行けず〜長い日記書く(承前)〜『バーフバリ〜』またも観れず
            0
              ということで、7時に起きて、とりあえずエアコンの電源入れて、部屋が暖まるまでまたベッドに潜り込む→そのまま寝入る( ˘ω˘)スヤァ。結局8時に起きる。二度寝はなし。
              調子は引き続き好調だ。しかし、左の膝はまだ痛い。今日は耳鼻咽喉科通院だが、CPAP装置一式を持っていかないといけないので、それを入れたリュックが激しく重い。なんとか送迎バスを使って、歩かずに済ませてしまいたいところだ。
              とりあえず、昨日の日記を書く。しかし、CD注文の、価格がどうのこうの言ってるところを書くのに、また価格を調べなおして、計算し直して、という作業が加わり、非常に時間がかかる。結局最後まで書ききれずに出かける時間が来てしまったので、身支度して、着替えて家を出る。割りと暖かい。
              結局、サム・クック箱買うかどうか、明日決めよう、と日記に書いたけど、止める気なし!コレダカラ、ビンボウナママナンダゾ...
              おっと、日記書いてる間にCD1枚聴いた。この前990円(税抜)で買った『THE MAGIC OF THE MUSICALS CD12枚セット』の2枚目。この2枚目には『略奪された七人の花嫁』から7曲と『回転木馬』からの10曲を収録。共に、映画版のキャストと同じ人が歌っているので、映画のサントラからのものと思われる。
              ということで、無事最寄り駅までのバスに乗れ、電車に乗って病院の最寄り駅へ着いたら、予定より1本早い電車に乗ったので、送迎バスの出る時刻まで15分くらいある。駅そばの花壇の外側のベンチみたいになっているところに座って休憩。
              送迎バスの来る5分前に送迎バス乗り場に移動して、無事送迎バスに乗れた。病院着いたら15時ちょっと前、診察は15時30分で予約してあるのだが、次の送迎バスは16時着なんで仕方ない。
              話変わって、この病院には来月24日にも腎臓内科の検診で来るのだが、先日その予約票を探したら、どこにもない!普段は、腎臓内科検診の際に貰った薬のビニール袋の中に入れるようにしているのだが、そこにない。どこかへ落ちたのか、と思って薬のビニール袋を置いている段ボール箱の中を漁ると、どこへ行ったか行方不明だったモンティ・パイソンのDVD箱2種(TV版と劇場版の2つ)とレッド・ツェッペリンのでかい4枚組箱その他が発掘された。こんな身近にあったとは...。
              閑話休題。そんな風に捜索してみても、結局見つからなかったので、この機会に腎臓内科へ行って、再発行してもらえるか聞いてみようと。腎臓内科へ行ってみると、この時間は診察がないのか、受付には誰もいない。一応、部屋には明かりが灯っているので、誰かは居る模様。おそるおそるドアをノックして、開けてみると、看護師さんが2名ばかりいた。事情を話して、なんとか予約票を再発行してもらう。やれやれ。
              それから耳鼻咽喉科へ。現在時刻は15時過ぎ。送迎バスの終便は16時15分発なので、
              なんとかそれまでに診察終わって欲しい。まあ、診察と言っても簡単なもので、前回15分遅れで来た時も、ぎりぎり送迎バス終便に乗れたので、大丈夫とは思うが。
              結局、呼ばれたのは予約時刻を過ぎた15時40分くらい。まずはCPAP装置の管理会社の人と話す。ちょっと高リーク(空気がある一定数以上漏れると起こるワーニング)が多いけど、まあこの程度なら大丈夫だろうと言われる。
              次は主治医の先生の診察だが、別の患者さんと話しているようで、10分くらい待たされる。やっと登場したと思ったら、結果の画面をちら、と見て、「大丈夫ですね。このまま行きましょう」と一言で終わる。診察時間10秒くらいw。
              それから、次回の予約を取る。ちょうど1ヶ月後の、3月19日15時30分で。そんでもって会計をすっと終わらせて、結局全て終わったのは、16時すぎ。送迎バスには余裕で間に合った。ちょっと喉が渇いたので、売店で飲み物買って、座って休憩していたら、早くも送迎バスが来た。発車まではちょっと時間があるが、早めに送迎バスに乗る。時間どおりに発車。
              電車に乗って、最寄り駅まで戻る。途中で駅ナカパン屋でちょっと早かったけど夕食。食べ終わって、ゆっくり休みながら、今日から読み始めた、半藤一利の『昭和史 1926-1945』を読む。第1章終わるまで。
              そんな訳で余裕ぶっこいていた訳だが、最寄り駅まで戻って、買い物して、バスに乗ろうとしたら、バス停まで向かっている途中で、バスが出てしまったorz。次のバスは30分後orz。
              歩いて帰るには、今の膝の状況は辛かった(荷物も重いし)ので、仕方無しにバス停のベンチに座って、次のバスを待つ。ようやく来たバスに乗って、帰宅したら、19時20分くらいだった。整形外科の診療は19時半まで。なんとか滑り込みで行けなくはないが(場所は自宅のすぐ近く)、あまり際際に駆け込むのも嫌だったので、諦めて明日に回した。
              帰宅したら、ヤフオク!で落札した文庫本が届いていた。室生犀星の『蜜のあわれ/われはうたえどもやぶれかぶれ』(講談社文芸文庫)。講談社文芸文庫はあまりにも高価すぎて、ブックオフでもなかなか手が出ない。今回はかなり安く出品されていたので、なんとか落札できた。
              それから、日記の続きを書く。結構時間がかかった。それから、日曜夜のラジオ番組3本と、20時からのWebラジオを聴いていたら、23時半になってしまった。『バーフバリ〜』は2時間半くらいあるので、ちょっとその時間から観るのは無理。結局これも明日に回すorz。
              代わりに、CD1枚聴く。聴いたのは、メンフィス・ウィリー・B.の『Hard Working Man Blues』。鄙びた感じがなんとも良いカントリー・ブルース。寝る時に聴くのにちょうど良い感じ。
              ということで、聴き終わって、ちょっとTwitterをチェックしてから就寝。
              さて、明日こそ整形外科行って、『バーフバリ〜』を観るぞ!
              | 日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
              調子好調を継続〜左膝痛い〜注文取消して注文し直し(しかも3倍)〜やっと荷物届く〜いきなり初期不良?〜OSインストールUSBメモリを作ろうとするも...
              0
                ということで、7時に起きて飯だけ食って二度寝。8時半本起床。調子は引き続き良い。しかし、金、土、とおもいっきり歩いたので(金曜は10000歩、土曜は9700歩)、左膝の調子が悪化。結構痛い。
                さて、今日は先日ぶっ壊れた外付けDVDドライヴの代替品が届く予定だが、何時に来るか判らないので、ヘッドホンで音楽を聴く訳にも行かず、『バーフバリ〜』も観れず。
                とりあえず、昨日の日記を書いて投稿。それから、昨日amazonへ注文した、ジャンゴ・ラインハルトの10枚組箱。念のためと思ってHMV覗いてみたら、あっ!1080円で売ってるやん!amazonより約1000円も安い!!
                これはちょっと差額が大きすぎる、と思ってamazonへの注文はキャンセルして、HMVで再注文しようとしたが、2500円以上でないと送料がかかる。なんか、他に注文したいものがあるかなあ、と思って欲しいものリストを見てみたが、今ひとつこれだ!というものがない。
                そこでジャンゴ・ラインハルト箱と同じ「Milestone of a legends」というシリーズを検索してみた。そしたら、ケイジャン&ザディコの10枚組箱が見つかった。しかし値段は2528円とちと高め。amazonだと2273円と300円弱安い。しかしHMVだと、3点以上お買上げなら25%引きが適用されるので、もう1点なにか買えば2178円とamazonより安くなる。
                もう1点、なにか安いものを...ということでまた「Milestone of a legends」で検索してみると、サム・クックの10枚組箱が見つかった。値段は25%引きなら、1936円。う〜ん、その3点、全部欲しいんですけど...。
                と悩んだ挙句、amazonへの注文はキャンセルし、HMVに3点とも注文しちまったorz。後悔はしていない、反省はしている。計30枚、毎度のことながら何時聴くねんという話ですが。まあ、お取寄せの商品があったので、まだ「処理中」だからキャンセルは可能だけどな。
                そのうち、昼前になったが、まだお届け物は来ない。配送状況を見ると「配達中」になってるから、今日中には来ると思うんだが...。
                とその内に昼を大分過ぎてしまったが、まだお届け物は来ない。仕方ないので、コンビニまで食料調達に行く。こういう場合、かなり高い確率でその間に届けられたりするんだが、今回はそれはなかった。昼飯食って、昼寝する訳にもいかないので(ドアホンがダイニングキッチンにあるので寝ているとまず起きない)、さっき注文したケイジャン&ザディコ箱とサム・クック箱の中身を調べる(だから順番が逆だってーの)。ケイジャン&ザディコ箱は、知った名前はクリフトン・シェニエくらいだが、その他のメンツもそれなりに有名な人が多いみたい。まあ、Membranだから古い音源ばかりだけどな。
                サム・クック箱は、手持ちの音源とダブるのが多そうで、ちょっとどうしようかな?と思う。でも、CD2枚くらいの値段で買えるから、CD3枚分以上のダブりなしがあればお得だ。それくらいはあるんじゃないかな?
                そういや、amazon価格をチェックしていなかった、ということでamazonで見てみると、あっ、1525円で売ってるじゃん!なら、HMVはジャンゴ・ラインハルト箱とケイジャン&ザディコ箱の2つにして、サム・クック箱はamazonで買おうか?と思ったが、それだとHMVの方が、25%割引が効かなくなる上、amazonは2000円以上でないと送料350円がかかるので、実質1875円になる。それで改めて計算してみると、合計額は殆ど変わらない。まあ、amazonプライムお試しにすれば送料は無料にできるが、それでも350円くらいの差。
                何より、HMVはキャンセルしても、キャンセル処理が終わるまで1週間くらいかかる。面倒臭い。のでこのまま行くことにする。
                まあ、本当にサム・クック箱要るの?という感じが無きにしも非ず、なのは否めないが。...とりあえず一晩寝て頭を覚ましてからもう一度考えよう。
                ということで、一段落して、17時になったが、まだお届け物は来ない。仕方無しに晩飯食って、食後の薬を服もうとした時にようやく到着。ASUS製の外付けDVDドライヴ、SDRW-08D2S-U LITE
                早速、iMacに繋いでみる。システム情報で「USB」のところを見ると、ちゃんと認識されてた。それから、まず音楽CDを入れて、iTunesで聴いてみる。問題なく聴けた。
                他の動作も確認しておこうと思って、押し入れの中から、CD-RやらDVD-Rやらを取り出してきて、とりあえず、未使用のDVD-Rを入れてみた...が、一向にマウントされない。おいおい、マジかよと思って、CD-RやらビデオDVDやらを入れてみたが同じ。ついには、さっきちゃんと認識して再生もされた音楽CDまで認識しなくなってしもうたorz。
                いきなり初期不良かよ...と思ったが、取説のトラブルシューティングのところに「パソコンの電源切って再立ち上げ」というのが書いてあったので、半信半疑ながらも、その通りにしてみた。そしたら音楽CDちゃんと認識して再生も出来た!
                次にビデオDVDの再生を試してみると、再生前に「リージョンコードの設定をどうしますか?」と聞かれた。日本のリージョンコードは「2」だが、この外付けDVDドライヴの初期値は「1」になっていたようだ。さすが台湾製。ということで、「2」に変更して無事再生出来ることを確認。
                そんでもって、空きのCD-Rをそれぞれ音楽CD、データCDの設定で焼いてみたが、ちょっと速度が遅かったものの(取説を読んでも何倍速とか書いてない。ASUSの製品ページを見ると、DVD-R8倍速、CD-R24倍速、となっていた。DVD-Rはともかく、CD-Rの24倍速というのはちょっとそこまでの速度が出ていないような気がするが...)無事焼けた。DVD-Rにデータを放りこんで焼くのもOK。ビデオDVDを作ろのは...面倒臭いので止め。まあ、ここまでテストしてOKなら良いだろ。
                それから、旧iMacも初期化したことだし、それのOSインストール用に作ったUSBメモリも不要になったので、今度はHigh Sierra用のインストールUSBメモリに変えようと思ったが、ググってみると「8GB以上のUSBメモリが必要」とある。今あるUSBメモリは、一応「8GB」と謳って売ってたものだが、例によって実際の容量は7.4GBしかない。
                とりあえずダメ元でやってみたが、やはり途中でエラーになって失敗。やっぱり実質8GB以上でないとダメという事か...。ということで、amazonで、適当なのを見繕う。容量16GBで、キャップ式のはキャップを失くす可能性が大きいのでキャップのないスライド式で、一応ノーブランド品は避けて、と絞り込んでいくと、あまり選択の余地はない。結局、これにした。さっきamazonの注文をキャンセルしたので、クーポン券300円分が戻ってきていて、300円安く買えた。さて、うまくいくかしらん。
                おっと、書くのを忘れていたが、無事CDが聴けるようになったので、CD聴く。聴いたのは、ジーン・クラーク&ザ・ファイヤーバードの2枚組ライヴ盤『Live At The Rocking House Saloon, Hartford Connecitcut, January 13th 1985』(タイトルなげーよ)。2枚組で2時間15分くらいあるフルライヴ。ジーン・クラークは、結構淡々と歌っていて、あまり「ジーン・クラーク節」を発揮していないが、これはこれで渋い。音質は、やや歪みがあるものの、まあまあ良好なサウンドボード録音。CD裏ジャケの説明を読むと、ラジオ番組用に録音されたものの由。
                それと、『秘書綺譚』も読了。やっぱりブラックウッドは面白い。さて、次は何を読もうか?
                ということで、何か色々とあった日で、日記も長くなってしまったが、結局『バーフバリ〜』を観れなんだ。明日はなんとか観たい。そして明日は耳鼻科通院日。前回はバスの時刻を30分間違えて、15分ばかり遅刻してしまったので、今度は間違えないようにしないと。後、整形外科も行っておかないともう薬がない。
                | 日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
                依然として好調〜amazonから返事来る〜ゴッホ展 巡りゆく日本の夢@京都国立近代美術館〜足痛い〜ブックオフ巡りするも...〜帰宅後つい注文
                0
                  と言う訳で、7時に起きて飯だけ食って二度寝...しようとしたが、またも眠れない。8時に諦めて起きる。
                  メールチェックしたら、昨日amazonに問合せた件の返事が帰ってきてた。「ほんまやったら交換には応じられへんとこやけど、今回は特別に応じたるわ。ついでに300円クーポンもやるわ」という内容だった。amazon太っ腹!しかし、「今回は特別」というのは何故なのかな?いつもamazonで買ってるから?それとも同じような不具合が頻発してるから?
                  交換なので不具合のあった商品は返送しないといけないのが面倒くさい。とりあえず交換品が来て、不具合なく動くかどうか確認してからだな。
                  それから、昨日の日記を書く。結構時間がかかってしまって、家を出るのが遅くなった。しかも眼鏡を忘れて2,3分歩いたところでそれに気づいて家へ取りに戻ったので、予定していたバスに乗り遅れてしまう。次のバスまで25分。歩くか?と思ったが、昨日から左膝の調子が良くない(確認したら昨日10000歩以上歩いてた。やはり10000歩を超えるとキツい)ので、おとなしくバスを待つ。
                  ようやく来たバスに乗って、最寄り駅へ。久しぶりに駅ナカ喫茶店で昼食。それから電車に乗って京都へ向かう。往路中は、読書に専念。『秘書綺譚〜』187頁まで読み進む。あと少し!
                  結局現地に着いたら、14時だった。京都国立近代美術館前には、入場待ちの列と、チケット購入待ちの列が出来ている。まあ、人気はあるだろうと思ったが、予想通り。幸い障害者手帳を持っていればフリーパスなんで、チケット購入に並ぶ必要はない。
                  10分くらい待って、ようやく入館、と思ったら入館後も展示会場への入り待ち列があった。結局計20分待ちくらいで会場へ。ここも絵の前にびっしり列ができてる。まあ、最初の一部屋くらいで、その後は比較的空いているだろうと思ったが、最後まで結構混んだ。
                  この分だと2時間半はかかるか、と思ったが、実際には2時間くらいで鑑賞終了。今回の展示会は、「巡りゆく日本の夢」というサブタイトルが味噌で、ゴッホが影響を受けた浮世絵とか、逆にゴッホに影響を受けた日本の画家の絵とか、書簡とか、本とかが多くて...ようするに肝心のゴッホの画が少ない!全展示点数181点のうち、ゴッホの絵は45点と、4割位。これは、『ゴッホと日本展』という名前にしたほうが良かったのでは?
                  そろそろ本格的に痛みだした足をひきづりつつ、京阪三条まで戻る。足痛いし、さっさと帰ろうか?とも思ったが、やはり誘惑には勝てずブックオフへ。まずは文庫・新書の棚を。中井英夫全集の持ってないのが3冊ばかりあったが、全部1000円以上する!手が出ねえ。
                  結局、108円均一棚で、光瀬龍の『火星兵団を撃滅せよ』(徳間文庫)を見つける。これ、持ってたかなあ、持ってなかったかなあと想い出そうとしたが判らない。一時期、探してたのは覚えているのだが、その後入手したかどうかが定かでない。音言画ログと流々浪々日記を検索してみるもヒットしない。まあ、108円だし、ということで購入。文庫・新書はこの1冊のみ。
                  それから、下へ降りて、DVD・Blu-ray・CDを漁る。しかしここも大したものがない。結局、500円均一棚から、『Rodgers & Hammerstein: Songbook For Orchestra』(Telac CD-80278)というのを見つけて、買うかどうか迷ったんだが、それしかなかったので購入。ロジャース&ハマーステイン二世のミュージカル音楽を、組曲形式でオーケストラアレンジしたもの。指揮はエリック・カンゼル、演奏はシンシナティ・ポップ・オーケストラ。
                  それから、ブーティーズへ。在庫は前回来た時とあまり変わらない感じ。欲しいものはあるが、高価すぎて買えぬ。サン・ラの2枚組ライヴ盤とか、欲しかったんだけど...。
                  腹が減ってきたので、近くの松屋で夕食。それから、いよいよ足が痛くなってきた(膝だけでなく足首も痛い)ので、河原町OPAのブックオフへ行くかどうか迷ったんだが、結局誘惑に負けて寄る。まずは9階のタワレコへ。クリアランスワゴン...などはない。ジャンゴ・ラインハルトの棚で、良さげな3枚組を見つけたが、1690円(税抜)とちょっと高価い。多分、他の通販サイトの方が安いだろう、ということでスルー。
                  それから、1階下のブックオフへ。一通り見てみたが、殆ど欲しいものがない。唯一、エラ・フィッツジェラルドの10枚組Membran盤があったが、1550円とMembranにしてはちと高価い。エラ・フィッツジェラルドはProperの4枚組箱を持ってるので、ダブりまくるだろうし。迷った挙句、止める。ということで、結局何も買わず。こんなことなら、さっさと帰った方が良かった。まあ、金使わずに済んだのは良いけど。
                  それから阪急河原町まで行って電車に乗る。発車2分前で座れないか?と思ったが、なんとか空いている席を見つけて座る。やれやれ。復路は読書する気力なし。
                  最寄り駅着いたら、またしてもバスが出たところorz。次のバス(終バスだ)まで25分。しかし、今の足の調子では、家まで歩くのはキツい。結局、終バスに乗ることにして、異様に喉が乾いていたので、近くの自販機まで行く。そしたら、全品50円!という自販機があった。聞いたことないメーカーのものばかりだったけど。スポーツドリンクを購入して、バス停まで戻って、ベンチに座って、ほぼ一気飲み。人心地ついた。
                  今日は結構寒い。その中で25分待つのはしんどかった。読書しようとしたが、暗くて無理。結局どうぶつタワーバトルをやって過ごす。今日は調子悪い。大分レートを下げてしまった。
                  ようやく来たバスに乗って、帰宅。買ったものの検品。光瀬龍の『火星兵団を撃滅せよ』はペラペラとめくってみても、解説読んでみても全く覚えていない。やはり持っていなかったのか?
                  『Rodgers & Hammerstein: Songbook For Orchestra』は、「オクラホマ!」、「回転木馬」、「ステート・フェア」、「南太平洋」、「王様と私」、『シンデレラ』から「ワルツ」、「フロワー・ドラム・ソング」、「サウンド・オブ・ミュージック」の8曲。まあ、曲と言っても、それぞれの歌を組曲形式に編曲してあるので、殆どの曲は10分超えだが。
                  ということで、今日は散財せずに済んだわけだが、やはりちょっと要求が不満状態。とりあえずタワレコ河原町OPA店で見かけたジャンゴ・ラインハルトの3枚組をネットで探す。タイトルをしっかり覚えていなかったので、苦労したが、なんとか見つけた。でも1600円以上とあまり安くないなあ。ジャンゴ・ラインハルトと言えば、Membranから10枚組箱が出ているはずだから、そちらも探してみると、これを見つけた。多分、Membranからの10枚組箱としては新しいシリーズで、この新しいシリーズは、ちゃんとアルバム単位で収録されているので良い。さらに、カスタマーレビューを見てみると、1950〜1960年代に出たLPの寄せ集めらしい。それならこの前買ったProper4枚組箱とはほぼ重複なさそうだ(あっちは1930〜1940年代がメイン)。2000円超える値で、Membranとしては高価かったけど、貰ったばかりの300円クーポン使って、1700円超にできたのでそれで注文。
                  土曜恒例のラジオ聴取を25時まで聴いて、就寝。さて、明日はどこへもでかけないよ。金ないし、例の外付けDVDドライヴの代替え品が届く予定なんで。それとこの前借りた『バーフバリ 伝説の誕生』も観ておきたい。
                  | 日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  旧iMac初期化終わる〜調子良し〜出勤〜一日早かった〜精神科通院〜またCD買ってしまふ〜色々と
                  0
                    ということで、7時に起きる。昨日放ったらかしで寝た旧iMacの初期化は無事終わっていた。飯だけ食って二度寝...と思ったが眠れない。8時に諦めて起きる。調子は引き続き良い。
                    まず旧iMacを再び箱の中へ戻す...前にリサイクルに出すには、リサイクルシール上に書いてある番号とシリアルNo.が必要だ。シリアルNo.は箱に貼ったシールに記載されているけど、りサイクルシール上の番号は、本体に貼ってあるリサイクルシールを見ないと判らないので、それをメモっておく。その後箱の中へ戻す。
                    それからヘルパーさんが作業している内に昨日の日記書いて投稿。ヘルパーさんが帰った後、昼飯食って、嫌にならないうちに身支度して着替えて家を出る。今日は比較的暖かい。そろそろ春が近づいているのかな。
                    作業所着は12時25分。今日の作業は、小さい箱を折りたたまれている状態から立てる作業。いつもやっている小箱とは別の箱。特に難しくはない。それを15時15分まで。
                    なにか、TSUTAYAアプリに通知が来ていたのを見ると、昨日『バーフバリ〜』を借りた店からの、準新作DVD、Blu-ray100円クーポンだった。後一日待てば108円(税込)で借りれたのに...orz。
                    その後は、精神科通院のため梅田へ出る。精神科へ行く前にちょっと回り道して、カーニバルレコード第3ビル店へ。前回来た時、ザディコもののコンピ盤があって、その時は買わなかったんだけど、あまりきちっと見なかったので、再度確認しておこうと。
                    行ってみると、当然のことながらまだ売れてなかった。中身の方は、俺の知ってる名前あり、知らない名前ありで良さげだ。値段の方も890円(税抜)とカーニバルレコードとしては破格の安値(他の中古CD屋なら普通の値段だが)。迷ったけど、とりあえず見送る。
                    それから精神科へ。患者数は多い。順番を訊いてみると4番目とのこと。しかし、今日は話の短い患者ばかりだったので、案外早く順番が回ってきた。ここ2週間調子が悪かったことを話すと、浮かない顔をされる。調子が悪い時期が続くなら何か手を打たないといけないが、打つ手が無い、とのこと。とりあえずは様子見、ということになる。あと、寝る前に服んでいる眠薬、少し前からラボナを省いてフルニトラゼパムだけ服んでいるが、特に眠れなかったことはない、ということで、今回からラボナの処方は止めることになった。
                    薬局で薬を貰って終了。その後、いつもの狭苦しい喫茶店で休憩した後、Disc J.J.へ。この前来た時、ちょっと気になっていた2点のうち、マルタ・アルゲリッチのショパン曲集5枚?組は見事に売れてた。
                    もう1つ気になっていた、ドン・コヴェイのトリビュート盤、こちらはまだあった。値段も950円とまあまあ安い。迷ったけど、参加してるメンツが今ひとつだったので、とりあえず保留ということで他の棚を見る。そしたらエタ・ジェイムスの棚にまだ持ってないCDがあった。『Queen Of Soul with bonus tracks』(Ace Records CDKEND 377)。850円。オリジナル・アルバムになんとボーナス・トラック13曲追加。本編よりボーナス・トラックのほうが曲数多い!やっぱり買うならこっちだな、ということで購入。ドン・コヴェイのトリビュート盤はまた今度。
                    その後タワレコマルビル店へ。70%オフクリアランスワゴンは特に補充されてない模様。それからジャズのコーナーへ行く。この前買った、ミュージカル名曲集12枚組は、俺が買った時点で2箱あったが、残り1箱はまだ売れてなかった。その後、ジャンゴ・ラインハルトの棚を覗く。前回来た時は、「J」の棚を探していて、置いてないのかよ!と思ったが、言うまでもなく「J」じゃなく「D」でした。何枚かあったが、良さげなのはなかったのでタワレコを後にする。
                    一応ディスクユニオンへも寄っていくか、ということで向かったのだが、途中しんどくなってきたので、喫茶店で休憩&今買ったものの検品。『Queen Of Soul with bonus tracks』は、1964年にArgoレーベルから出たLP全10曲にボーナストラック13曲を追加収録したもの。ボーナストラックの内訳は、Argoレーベルから出たシングル曲で、アルバムに未収録の曲が8曲、録音当時お蔵入りで、後からコンピ盤CDに収録されたものが4曲。Cadetレーベルへの録音1曲。
                    それから、ディスクユニオンへ行く前にTSUTAYAへ。チャラン・ポ・ランタンの新作とangelaの新作があるかどうか確認に。チャラン・ポ・ランタンのは貸出中だった。angelaのはあったけど、新作は高価いからなあ...。全品半額クーポンが配布されるまで待つか...。
                    それからディスクユニオンへ。まずロック/ポップスの新着棚を漁るもこれといったものなし。次にブルース棚、ソウル棚の順で漁る。ソウル棚で、ザディコものの2枚組コンピ盤を発見。面白そうだったけど、20%割引対象だが、割り引いても1500円以上する。2枚組で1500円は高いなあ、ということで諦める。
                    結局買ったのは、ジャズ棚のジャンゴ・ラインハルトの棚で見つけた『Django with His American Friends』(DRG Records DRG 8493)。という3枚組。10%割引で1035円(税込)。この前買ったProperの4枚組箱は、『Swing De Paris』というタイトル通り、パリでの録音が殆どだが、こちらはタイトルからしてアメリカでの録音だろうから、ダブらないだろうと言うことで。
                    もう1箇所、久しぶりにMusic Innへ行ってみようと思ったが、ドアに「すぐ戻ります」という紙が貼られて、鍵かかってた。2分程待ってみたが、戻ってくる様子がないので、諦めて帰る。
                    最寄り駅まで着いたら、バスが出たところだった。Music Innへ寄らなければ、間に合ってたかも知れないorz。次のバスは25分後。歩いて帰ろうか、とも思ったが、なんか異様にしんどくて、とりあえず座りたい気分だったので、幸い空いてたバス停のベンチに座って休憩。15分くらい座ってたら、なんとかしんどいのは治ったが、今からだと歩くよりバス乗った方が早い。それならバスで帰るか、ということで10分バスを待って帰宅。
                    夕食食って、メールチェックしたら、昨日Asusに問い合わせた返事が帰ってきていた。DVDドライヴのハードウェアが原因だろうと、書いてある。ただし、返品交換は、販売店の方でお願いします、との事。でも買ったのamazonだしなあ、それに買ってから1年以上経ってるから、返品・交換に応じてくれるか...。とりあえず、amazonのサポート関連を探して、メールでの問合せ窓口を見つけたので、メール送っておく。
                    それから、旧iMacをリサイクルに出す申請をネットで行う。折り返し、エコゆうパック伝票が送られてくるので、それを箱に貼って、郵便局に集荷を依頼する、という手順だ。
                    それから、ディスクユニオンで買ったジャンゴ・ラインハルトの3枚組を検品。全47曲収録。うち20曲は初めてCD化されたもの、という謳い文句がジャケットに書いてある。詳細なディスコグラフィーが付いてるが、録音場所が書いてない。ブックレットのライナーノーツを読んでみると、全てアメリカでの録音ではなく、アメリカのジャズ・ミュージシャンが来仏した際に、一緒に録音した曲もあるみたい。なのでひょっとするとProper箱と重複しているかも知れん。あと、ソロ曲もあるが、リズムギターとして参加した曲もある模様。
                    そんなこんなしていたら、24時になってしまったので、おとなしく就寝。さて明日は京都国立近代美術館へゴッホ展を観に行く予定。帰りにブックオフとか...寄ってしまうだろうなあ。
                    | 日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    調子やや回復〜いきなり外付けDVDドライヴ壊れる〜出勤〜Blu-ray借りて帰る〜旧iMacを引っ張り出してテスト〜ついでに初期化(継続中)
                    0
                      ということで、6時半に起きて飯だけ食って二度寝。8時本起床。調子はやや回復。しかし、昨日からのくしゃみ+鼻水は止まらない。う〜ん、風邪にしてはしんどくないし、熱もないし。花粉症...はないはずなんだけど、突然花粉症デビューするということもあるからなあ。
                      とりあえず、鼻炎の薬を買ってこなくてはどうしようもない。ということで、最低でも最寄り駅前までは出なくてはならん。
                      とりあえず、CDでも聴いて日記書こうとして、CDを外付けDVDドライヴに入れたが、いつまで経ってもマウントされない。「?」と思って、システムレポート見ると、外付けDVDドライヴが認識されてない模様。一応、モーターの回転音はしているので、電源だけは生きてるみたいだが。
                      実は昨日も、CD再生中にいきなり再生が止まってしまう、という現象が2,3回起きてて、その時はUSBケーブルを刺し直したら直ったんだが、今回はいくら刺し直ししてみても直らん。試しにシャットダウン→再起動をやってみたが同じだ。USBケーブルの断線かなあ。それならすぐ直りそうだが...。
                      やっぱり、Asusなんかから買うからだなあ...。とりあえず、サポート窓口に電話してみたが、全然繋がらん。諦めてメール送ってみる。
                      そうこうしている内に出かける時間が迫ってきた。駅前まで出るだけで済ますか、作業所まで行って作業するか、どちらか迷ったけど、どっちみち駅前までは出なくてはならん、ということで、最寄り駅前まで、バスはちょうどいい時間のがなかったので歩きで出る。
                      とりあえずドラックストア寄って、コルゲンの鼻炎用ジェルカプセル、というのを購入。これはよく効く。ただし眠くなる副作用もあり。それから飯食って今買った鼻炎用の薬を服んで、さて、と思ったが、思ったほどしんどくはなかったし、13時に間に合いそうだったので、出勤。12時45分、作業所着。
                      作業は、チラシの中に別のチラシ2種類を挟み込んでいく作業。単調だが、それゆえについ間違いしがちだ。一通り終わったら、検品。案の定、挟み込むチラシが同じのが2枚入っていたり、2種類のチラシの順序が逆だったりというのが見つかる。やはり検品は必要だな。
                      検品終わった分は、50枚づつ束ねる。まだ全ての作業が終わった訳ではないが、とりあえずロットの終わりで切りが良いので、チラシ作業はいったん終わって、まだ10分強時間があったので、取説というかラベルというか、小さい紙を2つ折にしていく作業。それを15時15分まで。
                      その後はまっすぐ帰らず、作業所最寄りの駅前のTSUTAYAへ。『バーフバリ 伝説の誕生』を借りに。予め、スマホのアプリで「在庫あり」を確認していたので。しかし、到着して探してみても一向に見つからない。諦めて、店員さんに聞くと、すぐ持ってきた。見ると旧作でなく準新作だった!てっきり旧作だと思いこんでそっちの棚しか探していなかったのだ。
                      『バーフバリ〜』はこの前の三連休で、塚口サンサン劇場で上映していたのだけど、主に経済的理由(^^;から観に行けなかった。いずれリバイバル上映してくれそうなんで、その際は必ず!
                      バスに乗って帰路に就く。バス読書は、アルジャーノン・ブラックウッドの『秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集』の続きを。182ページ、ほぼ半分まで読んだ。
                      スーパーで買物して帰宅。
                      薬服んだせいで、くしゃみと鼻水は止まったが、今ひとつ鼻がすっきりしない。片一方の鼻は常に詰まっている状態。やはり風邪なのかな〜?
                      メールチェックしたら、Asusuから返事のメールが早くも来ていた。なになに、まずUSBケーブルは1本で電源が確保できない時は二股になっているもう1本を挿すようになっているから、二股刺しをやってみろとある。それはもうやった。ダメだった。
                      もう1つは、別のパソコンがあれば、そちらに接続してみて、同じ動作かどうか確認して見ろとある。一応、旧iMacまだ置いてある。梱包済なんでまたひっぱり出してくるの面倒だが...でもどうせ内蔵HDDの初期化をせねばならんし、いい機会だから初期化もやってしまおう。
                      ということで、旧iMacを箱から引っ張り出して、こたつの上に設置。LANケーブルも一応接続して、立ち上げる。早速外付けDVDドライヴを接続してみたが、やっぱりダメだ。モーターは回るものの、コンピュータに認識されない。ということで、その旨を書いて返信しておく。
                      それから、旧iMacにインストールされてるMicrosoft Office2011をアンインストールしておく。そのままにしておくと、ライセンスが死んだ状態になってしまうので。やり方がよく判らなかったので、ググると、アンイストール用のアプリがあるようなので、それをインストールして、説明のまま実行すると、なんとかアンインストールできた。
                      それから、内蔵HDDの初期化だ。ということで、こういうこともあろうかとUSBメモリにインストール用環境を作ってあったので、それを差して、オプションキーを押しながら電源オン。起動ディスクの一覧が表示されるので、USBメモリを選択して起動。DVD-ROMから起動するよりは速いけど、けっこう時間がかかるなあ。起動が終わったら、ディスクユーティリティを選択して、ディスクの初期化を行う。と言っても、普通に初期化しただけではデータがそのまま残っているので、「安全な初期化」を選ぶ。「安全な初期化」にも最弱、弱、強、最強の4レベルあって、とりあえず「最強」を指定してみたんだが、遅々として進まない。2時間かかっても、まだプログレスバーの1/10も進んでない。
                      これは2日がかりになってしまう、ということで諦めて、今度は「弱」を選んでみた。それでもランダム値を書き込んでから再度ゼロクリアをしてくれるみたいなんで、それで問題ないだろう、ということで。
                      処理開始してみると、「最強」よりは速いが、それでも一晩はかかりそうだ。放っとくことにして、風呂入って就寝。
                      さて、明日起きたら初期化終わってるかなあ。明日もなんとか出勤して、その後は精神科通院しておかねば。
                      | 日記 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      | 1/345PAGES | >>